もう「カワイイ」だけじゃ物足りないの。20代からの”大人び”メイク

もう「カワイイ」だけじゃ物足りないの。20代からの”大人び”メイク

20代になると、大人の女性の魅力がグンと高まってきますよね。前半から後半まで大きな成長が見られる年代でもあり、メイクの仕方も見直すきっかけになる時期です。かわいいだけのメイクを目指してきた人も、20代向けの大人メイクをマスターして素敵な女性に変身してみませんか?

20代に大人メイクが必要な理由は?

20代といえば、前半はまだ社会人になったばかりで大人メイクの必要性を感じないかもしれません。後半になってくると30代を目前に大人女子の自覚が増してきますが、20代ならではのメイクを楽しむためにも全体を通してメイクの必要性を再認識しておきましょう☆

20代から肌水分が減少し始める

肌のつやとうるおいは、メイクの仕上がりを左右します。どんなに優秀なファンデーションを使っていても、内側に水分が足りなければ輝くようなつやは出てこないもの。

必要なのは、スキンケアで水分を十分にプラスすることと保湿力のあるファンデーションを使うこと。パウダータイプのファンデを使っているなら、リキッドにするなどの工夫も効果的です。

シミ・そばかす、毛穴の目立ちが気になってくる

20代に入ると、シミやそばかすが目立ちやすくなります。10代の頃より毛穴が気になってきたなんて人もいるかもしれませんね。

コンプレックスや肌トラブルをカバーするために、メイクは便利。テクニックを活かせば、気になるところを隠しながらのナチュラルメイクも実現できます。

かわいいだけだと子ども扱いされる

20代は、大人女子の魅力が出てき始める年代です。せっかく20代ならではの魅力をアピールできるときなのに、かわいいだけのメイクを続けているのはもったいない!子ども扱いされて、男性ウケもイマイチなんてことになってしまうかもしれません。

どんなメイクが20代向き?

20代ならではのメイクをするとして、どんなメイクが20代向きなんだろう?と悩んでいる人もいるでしょう。おすすめは、ナチュラル感をベースにして若さをアピールするスタイル。押さえておきたいポイントについて、紹介します。

ナチュラルすぎやポイント目立ちすぎは違和感

ナチュラルメイクは男性からの注目の的♡といっても、メイクしなさすぎのナチュラルはマイナスです。ベースは自然な感じのメイクにしても、目元は存在感を強調したいポイントです。

ただし、盛り過ぎのアイメイクはNG。マスカラは、濃くするより細いままで長くするのが今風のメイクです。

かわいいは少し残しておく

20代は、大人メイクの仲間入りをした段階。20代前半なら、フレッシュさやピュアな感じを全面に出して透明感をアピールしましょう。

何歳の人にも効果が通用する透明感ですが、メイクで演出するならBBクリームを使うのが便利。薄づきベースで、つや肌になれます。

男性ウケは大いにするべし

20代の女性には、他の年代にはない新鮮な魅力があります。今しかできないメイクで、男性ウケを狙うのはおすすめ。モテメイクも堂々としやすい年代ですから、積極的に活用してください。

男性目線からすると、あまりにも地味なメイクをしている女性は目につきにくいもの。いい意味で男性の目につきやすいモテメイクを楽しめば、20代らしいメイクを満喫できますよ。

20代向け大人メイクで押さえておきたいポイント

20代向けの大人メイクで押さえておきたいポイントは、カラーや個々の魅力などにもあります。一般的に人気のあるメイク方法を試しても自分には似合わない…と悩んでいる方は、長所と短所を活かしたメイク方法をすることも大切です。

トレンドカラーを取り入れ時流に乗ったメイク

かわいらしい雰囲気になりたくて、いつもピンク系になってしまうなんてことはありませんか?ピンクは20代の女性に自然になじむのですが、もう少し大人感を出すにはトレンドカラーを取り入れるのがおすすめです。

アイシャドウなどに流行りのカラーを少し入れてみると、おしゃれ感がアップ。ただし、リップにくすんだ色を選ぶと、男性ウケしなくなるので気を付けましょう。

長所・短所を使い分ける

コンプレックスのある部分は、何とかして隠したいですよね。顔の中で悩んでいるパーツは、しっかり隠すのも大人メイクの秘訣。逆に、自信のあるパーツは強調されるメイクをしましょう。

強調するといっても、やりすぎないようにすることは大切。気に入っているパーツをもっと好きになれるようにメイクすると、さりげないアピールができます。

リップはしっかりめの色で

唇は、男性からの注目度が高いパーツです。他のパーツは控えめにしても、リップはしっかりめのカラーでメイクしましょう。

ドギツイ色はおすすめできませんが、発色の良いピンクやうるおいを感じられるグロスでの仕上げなどは効果大です。暗めのカラーで大人感をアピールしようとするのは、20代向きメイクとはいえません。

20代ならではのフレッシュな大人メイクを楽しもう

20代の魅力は、子どもと大人の中間的なあいまいさにもあります。まだフレッシュさが残る年代ですから、もっと年を重ねてからはなかなかできなくなるメイクを楽しみましょう。もちろん、男性ウケを狙った大人メイクもどんどんチャレンジしてくださいね。
TOP