一重を活かしたメイクのコツとは?メイクポイントを解説

一重を活かしたメイクのコツとは?メイクポイントを解説

一重のまぶたはメイクがしにくく、まぶたが腫れぼったく見えてしまいがちです。一重まぶたメイクに悩んだことがある方は、多いのではないでしょうか?しかし、一重まぶたが多い韓国では、一重まぶたを活かしたかわいいメイクが流行しています。一重まぶたは、メイク映えしやすいまぶたなので、似合うメイク方法やコツを見つけてさまざまな雰囲気を作り出すことができるでしょう。

一重のメイクのコツ

一重のまぶたはメイクがしにくく、まぶたが腫れぼったく見えてしまいがちです。一重まぶたメイクに悩んだことがある方は、多いのではないでしょうか?

しかし、一重まぶたが多い韓国では、一重まぶたを活かしたかわいいメイクが流行しています。一重まぶたは、メイク映えしやすいまぶたなので、似合うメイク方法やコツを見つけてさまざまな雰囲気を作り出すことができるでしょう。

アイシャドウのポイント

一重まぶたは、とにかく腫れぼったく見えてしまうので、アイシャドウでまぶたに立体感を作り出してあげることが重要です。目が小さく見えてしまいがちだからといって、濃い目のメイクにすると、よりきつい印象になってしまうので注意しましょう。

韓国女子の間では、ブラウンのナチュラルメイクが流行です。明るめのブラウンを使ってグラデーションを作り、奥行き感を出すことで自然な立体感と透明感が作れるでしょう。

アイシャドウを塗るコツ

アイシャドウを塗るコツは、アイホール全体にアイシャドウを塗ってしまうと、全体的に立体感のない印象になってしまいます。

上まぶたに沿って、まぶたを開けた時に少し見えるくらいのアイシャドウを乗せていきましょう。まぶたのキワに濃い色をのせ、徐々に薄いグラデーションを作ることで綺麗なグラデーションを作ることができます。

また、一重まぶたは目尻にしっかりアイシャドウをのせることで、華やかな印象へ変化します。目尻であれば、まぶたで隠れることがないので、濃い目の色をのせることでデカ目効果があるでしょう。下まぶたの目尻も濃くすると目を囲んだ囲みメイクができるので、自然とデカ目になることができます。

涙袋を作ってあげる

アイシャドウだけでなく、涙袋を作ってあげることで目の縦幅が大きくなり、デカ目効果になるコツです。涙袋を作る場合は、クリームタイプのアイシャドウを使うことで立体感が生まれます。

ラメが入ったアイシャドウを涙袋に使うことでも、自然な涙袋を作ることができるでしょう。一重まぶたのアイシャドウは、ラメがないマットなものを選びましょう。ラメ入りのものを選んでしまうと、腫れた印象になってしまう可能性があります。華やかさを目指すなら、涙袋やリップなどでラメを取り入れましょう。

アイラインのポイント

一重まぶたは、目を大きく見せたいと思ってアイラインを太く引いてしまうと、まぶたがより重たい印象になってしまいます。まつ毛を埋める程度の細いアイラインか、目尻にだけ引いたアイラインがメイクのコツです。

アイラインをまつ毛の隙間に埋める程度の細さにすることでセクシーな目元になり、まつ毛の量が多く見えるようになります。目尻のアイラインだけでは、目力が足りないと感じる方におすすめです。描き終わった後、濃過ぎてしまった場合はアイシャドウでぼかすことで、自然とデカ目効果があります。

また、目尻にアイラインを引く場合は黒目の終わり部分から目尻を越すぐらい少し長めに引くことがポイントです。目の形を活かすように、目の形に沿って書きましょう。

アイラインが書きにくいときは、まぶたを少し持ち上げてあげることでより綺麗に描くことができます。アイラインはリキッドライナータイプを使うと、後からアイシャドウでぼかしやすくなります。

また、アイラインの色はブラックよりもブラウンをチョイスすることで、派手になり過ぎず優しい印象を与えてくれるでしょう。

マスカラのポイント

一重まぶたの重要なポイントは、マスカラメイクです。

マスカラでメイクの印象が変化するので、一重まぶたはまつげをしっかり強調したメイクを意識することが大切です。マスカラをつける前に、まつげがカールするように意識してビューラーを使いましょう。ビューラーを強くにぎり、根元からあげてしまうと直角なまつげになってしまい、マスカラをつけたときに不自然になってしまいます。

ビューラーを上手に使って、まつ毛の毛先から真ん中、根元と順に分けることがコツです。綺麗なカールができると下向きまつげも上に向くでしょう。

まとめると...

しかしビューラーを上手に使えても、時間が経つと徐々にまつげが下がってきてしまいます。

特に一重まぶたは、まつ毛が下がりやすいためビューラーをした後のマスカラ下地が大切です。マスカラ下地を使うことで綺麗にカールがキープできる他にも、メイク崩れ防止効果やマスカラが綺麗にまつ毛と密着してくれる効果が期待できます。

長時間メイクをする場合にもマスカラ下地がおすすめです。一重まぶたには、マスカラをたっぷり使いましょう。マスカラの種類には、ロングタイプやボリュームタイプの2種類がありますが、一重まぶたには両方のタイプを使うことがコツです。

まずは、ロングタイプのマスカラでまつ毛の長さを出し、その後にボリュームタイプのマスカラを重ねてデカ目効果を目指しましょう。下まつげは中央から目尻にかけて、濃い目に塗ることで印象を変えることができます。

目頭に塗ってしまうと、もともと毛が薄いので不自然な印象になってしまいます。最後は、コームですぐにとかすことで、ダマやムラを落とすことでまつ毛を繊細な印象にすることができるでしょう。
TOP