マスクメイクでよれる原因とよれないコツとは?

マスクメイクでよれる原因とよれないコツとは?

マスクを着用するとメイクがよれてしまうことがあります。 せっかくばっちりメイクを仕上げてもよれてしまっては意味がありません。 今回は何が原因でよれるのか、よれないためにはどうすればいいのかについて見ていきましょう。
マスクを着用するとメイクがよれてしまうことがあります。
せっかくばっちりメイクを仕上げてもよれてしまっては意味がありません。

今回は何が原因でよれるのか、よれないためにはどうすればいいのかについて見ていきましょう。

マスクでメイクがよれる時とは?


マスクでメイクがよれる時とはどんな時なのでしょうか。
対策をするためにも、まずは原因を知らないといけません。

こちらでは、マスクでメイクがよれる原因について見ていきましょう。

蒸れによってよれる

マスクをしている時は、口の周囲が熱く感じるのではないでしょうか。

マスク内は暑さで蒸れているため、汗をかきやすい状態となっています。
それだけではなく、メイクの脂浮きも起こすため、それが原因でメイクがよれてしまうのです。

暑さが原因となっているので、しっかりと対策することも難しいでしょう。
適度に汗を拭うなどの対策を心掛けてください。

摩擦によってよれる

マスクをしたまま話すと、どうしてもマスクで肌が擦れてしまいます。
擦れてしまうと、そのたびにメイクが崩れてしまうのです。

一気にメイク崩れを起こすわけではありませんが、擦れるたびに少しずつファンデーションなどが落ちていきます。
気づいた時には、マスクで覆われていない部分と覆われている部分で大きな違いが出てくるのです。

乾燥によってよれる

マスク内が蒸れてしまう、と先述しましたがマスクを取った時に一気に蒸れが解放されます。
涼しさなどを感じるので蒸れが解決したと思うかもしれません。

しかし、これは熱を放出したことで水分も一気になくなってしまったことを意味します。
乾燥を促進させるだけではなく、皮脂の分泌も促してしまいます。
そのため、メイクの脂浮きの原因に繋がるのです。

メイクがよれないために、もっとも気を付けなければいけないことが乾燥と言ってもいいでしょう。

マスクでメイクがよれないコツとは?


マスクをしていてもメイクがよれないコツがいくつかあります。

こちらでは、どうすればメイクがよれないのかについて見ていきましょう。
どれも難しいことではなく、ちょっとした手間を加えるだけでメイク崩れなどを防ぐことができます。

保湿を重視する

マスクをつけていると、どうしても乾燥しがちになります。
そのため、コスメ用品などは保湿を重視して選ぶようにしてください。

ファンデーションなども保湿成分がたっぷりと含まれているものがあります。
保湿効果が高いものとそうではないものを使うことで、メイクの仕上がりに大きな差が出てくるのです。

メイクを肌に密着させる

メイクがよれないコツとして、ファンデーションなどを薄塗りにすることをおすすめします。

薄塗りにすることでしっかりとメイクを肌に密着させることができます。
マットタイプのものであれば、わざわざ厚塗りにしなくても薄塗りで通常状態くらいまで演出することができるのです。

濡れスポンジを活用する

ファンデーションを塗れスポンジを使って薄く塗っていくことでメイクのよれを防ぐことができます。

水分が含まれていることで伸びがよく、適度なツヤのある仕上がりになるのも特徴的です。
メイクがよれないためにあえて水を含んで伸ばす方法もおすすめです。

こすりつけるように塗るのではなく、パッティングするように軽く叩いて馴染ませましょう。

よれる原因とよれないコツを知って対策しよう


よれる原因を知ることで、どうすればよれないようにメイクができるのか見えてきます。
むしろ、原因を知っておかないと対応できないと言っても過言ではありません。

ちょっとした手間をかけるだけでメイクがよれることを防げるので、面倒臭がらずに手間をかける習慣をつけましょう。

TOP