気が付けばメイクがベットリ!マスクにメイクがつかない方法って?

気が付けばメイクがベットリ!マスクにメイクがつかない方法って?

マスクが生活に様式として定着するようになってからメイクに悩みが増えた人もいるでしょう。 今までのメイクをしていたらマスクにメイクがベットリついてしまった…なんて人も多いはずです。 マスクにメイクがつかないようにするにはどうすればいいのでしょうか?
マスクが生活に様式として定着するようになってからメイクに悩みが増えた人もいるでしょう。
今までのメイクをしていたらマスクにメイクがベットリついてしまった…なんて人も多いはずです。
マスクにメイクがつかないようにするにはどうすればいいのでしょうか?

マスクにメイクがつく理由は?


思っていたよりもマスクにメイクがついていておどろいたなんて人は多いでしょう。
どうしてマスクにメイクがつくのでしょうか。

摩擦

肌にマスクが触れて擦れればメイクも摩擦によって落ちてしまいます。
マスクを使うときにはサイズも必ずチェックしましょう。
ほほとほほ骨をすっぽりマスクが覆って、ゴムが食い込まないのが適切なサイズです。
大きすぎるサイズのマスクも密着しないため動いて摩擦が起こります。
マスクひもを調整するなど自分に合うサイズのマスクを探しましょう。

湿度の変化

マスクの中は湿度がこもりやすく、メイクも水蒸気によって崩れやすくなります。
一方でマスクをはずしたときには急に蒸発して湿度が下がるため乾燥しやすくなるでしょう。
多湿も乾燥もメイク崩れの原因になります。
またニキビや肌荒れを引き起こすこともあるでしょう。

皮脂や油分

暑い季節は特に肌が分泌する皮脂や汗でメイクが崩れやすくなります。
皮脂でメイクがドロドロに崩れれば、マスクについてしまうこともあるでしょう。
また肌荒れや乾燥が原因で皮脂分泌が促進されることもあるので注意してください。

マスクにつかないメイクテクニック


マスクを長持ちさせるためにもできるだけメイクは付けたくない人が多いでしょう。
マスクにメイクがつかないようにするにはどうすればよいのでしょうか。

マスクの内側にコットンやガーゼをはさむ

マスクの内側につく汚れが気になる場合は、化粧用コットンやガーゼなどをマスクに重ねて使う方法があります。
化粧用コットンの場合は薄く裂いてからマスクに割いた面をつけて並べましょう。
コットンやガーゼであれば化粧直しの時に取り替えることもできます。
清潔にマスクを使いたいという人もぜひ試してみてください。

ファンデーションはやめて化粧下地にする

ファンデーションがついて気になるのであれば、ファンデーションを使わずに化粧下地だけにしてみましょう。
気になるシミやくずれやすいTゾーンだけコンシーラーやコントロールカラーでカバーするようにします。
ファンデーションを付けない分よれにくく、メイク崩れも目立ちにくくなります。

メイクの仕上げにはメイクキープミストを使う

メイクの仕上げに使うメイクキープミストは、化粧崩れを防いでマスクへの付着も減らしてくれます。
いつものメイクの上からまんべんなくシュッと吹きかけるだけでメイクをキープしてくれるので、化粧直しの時にも便利です。

リップはティントタイプに

うるおい重視のリップやグロスは油分や水分が多く、マスクにベットリとついてしまうことがあります。
マスクのときは色が移りにくいティントタイプのリップがおすすめ。
唇の水分に反応して発色するため、しっかりとついて落ちにくいのが特徴です。

また固めのテクスチャーのリップを選ぶようにしても良いでしょう。
口紅を塗りたいときには塗った後に一度ティッシュオフしてもう一度塗り、さらにティッシュで押さえておくとマスクにつきにくくなります。
最後にパウダーで押さえても良いでしょう。

マスクにつかないメイクでいつもキレイに


マスクにメイクがついているということは顔のメイクが落ちているということでもあります。
メイク直しの手間を減らすためにもマスクにつかないメイクを試してみましょう。
すぐにお試しできるテクニックばかりなので、今日からでもチャレンジしてみてください。

TOP