夏のひどい化粧崩れの原因とは?化粧崩れさせないテクニックも伝授

夏のひどい化粧崩れの原因とは?化粧崩れさせないテクニックも伝授

夏はどれだけ丁寧に化粧をしても、直ぐに化粧崩れをおこしてしまいがち。 何度も化粧崩れを直したり、化粧崩れがヨレてどうにもならないことも。 そこで今回は、夏のひどい化粧崩れの原因と、化粧崩れしない方法をお教えします!

夏のひどい化粧崩れの原因は?

夏は気温があがり湿度が低下するので、お肌の皮脂バランスが非常に崩れやすいです。
自分ではどうにもならない汗や、どんどん出てくる皮脂はコントロールできなくなります。
ここでは、夏のひどい化粧崩れの原因は何なのか?お話ししていきます。

大量の汗

夏のひどい化粧崩れの原因には、大量にかく汗が考えられます。
拭いても次から次へと出てきて、特に室内よりも外出している最中の方が辛いですよね。

汗はハンカチを持ち歩いてこまめに拭くしかないですが、拭きとることで化粧崩れにも。
せっかく化粧をしても、汗は粉ものの化粧品を流すので、悪循環になってしまいます。

皮脂の過剰分泌

夏のひどい化粧崩れの原因には、皮脂の過剰分泌も考えられます。
お肌の水分が奪われることを守ろうと、毛穴から皮脂を分泌させる働きが原因です。

室内の冷房によっておこる乾燥から守ろうとすることでも、皮脂はどんどん出てきます。
朝おこなった化粧の油分が浮いてきて、テカリが原因でひどい化粧崩れがおきることも。

寒暖差による乾燥

夏のひどい化粧崩れの原因には、エアコンによる屋内と屋外の気温の温度差もあります。
自宅や店内や職場では、常にエアコンの冷房が効いていて快適な温度ですよね♪

ですが、外へ出た途端にたちまち温度が急上昇するため、寒暖差で乾燥がおこります。
お肌に乾燥を感じると、化粧のヨレやシワやほうれい線が目立って化粧崩れが起きます。

夏のひどい化粧崩れを回避する方法は?

夏は汗や皮脂のコントロールが難しいからと、化粧ノリの良さを諦めてはいけません。
こまめなスキンケアと、普段の化粧品に対する考えを夏仕様に変えればOKなんです!
ここでは、夏のひどい化粧崩れを回避する方法についてお話ししていきます。

油分控えめのスキンケア

季節問わずですが夏も朝起きてからクレンジングで、しっかり皮脂や汚れを除去します!
夏のスキンケアは油分を控えめにすることがポイントで、化粧水後は乳液か美容液のみにしましょう。

スキンケアの浸透に5分置いたら、UVカットできる化粧下地をベースに化粧していきます。
夏の下地はUVカット以外に、皮脂を抑える効果のあるものがおすすめです。

ファンデーションの種類を変える

夏のひどい化粧崩れは、ファンデーションが原因のこともあるので見直してみましょう!
パウダーは粉なので汗をかくと流れるタイプ、リキッドは水分性で、クリームは油分多めです。

生理前はお肌が敏感になって乾燥気味になったり、睡眠不足や疲れは皮脂が多くでます。
人によって日によってコンディションに合わせたファンデーション選びが重要です。

乾燥ケアの徹底

夏のひどい化粧崩れを回避するためには、乾燥しないようなケアが大切です。
夏の気温による乾燥、激しい紫外線による乾燥、エアコンによる乾燥などがあります。

乾燥を放置しているとシワや毛穴が目立ってくるし、乾燥から肌を守ろうと皮脂が出ます。
汗や皮脂のバランスの良い状態を保つためにも、たっぷりうるおわせるケアが重要です!

夏のひどい化粧崩れは季節に合わせた化粧法で乗り切ろう!

夏のひどい化粧崩れの原因と、化粧崩れを回避する方法についてお教えしました。
夏は汗と皮脂のバランスが悪くなることが原因で、ひどい化粧崩れがおきます。
エアコンによる寒暖差で乾燥し、皮脂が過剰分泌を引き起こして化粧崩れすることも。

乾燥ケアや化粧品の見直しで、夏のひどい化粧崩れを回避することができますよ。
TOP
無題ドキュメント