忙しいママは知っておきたい時短メイクのコツ

忙しいママは知っておきたい時短メイクのコツ

子どもやパパの食事の支度や弁当づくりなど、朝は何時に起きても時間がない忙しいママ。 自分の身支度に時間をかけられない場合も多いでしょう。 そんな忙しいママに時短メイクのテクニックとコツを紹介します。
子どもやパパの食事の支度や弁当づくりなど、朝は何時に起きても時間がない忙しいママ。自分の身支度に時間をかけられない場合も多いでしょう。そんな忙しいママに時短メイクのテクニックとコツを紹介します。

ママの時短メイクはアイテム選びにも注意


時短メイクに役立つファンデーションやアイテムなどはいろいろありますが、中でも安全性が高く、少しでも手間が省けるものを選ぶことが大切です。アイテム選びの注意点を知っておきましょう。

手が汚れないもの

手が汚れないアイテムを選ぶことは大切です。手に付けるタイプのファンデーションなどは、メイク後手を洗わなければなりません。

手のシワにファンデーションが入ってしまい、なかなか落ちないことも。その手で家事をすれば、触ったものが汚れてしまうでしょう。洗う手間を省くためにも、手が汚れないアイテムを選ぶことです。

子どもにも安全!肌への負担が少ないもの

肌への負担が少なければ、肌荒れをしなくてすむほか、子どもの肌にも安全です。特に赤ちゃんなど肌が弱い場合もあります。ファンデーションを塗った顔で子どもに頬ずりをしたりすることもあるでしょう。そのせいで子どもの肌に負担をかけないためにも、肌にやさしいものをえらびましょう。

手順が少なくてすむアイテムをそろえる

時短メイクでは手順が少ないアイテムを使うのが基本です。どのようなアイテムが便利か紹介しましょう。
BBクリーム
BBクリームは化粧下地の役割も担うほか、日焼け止め効果も期待できるBBクリームもあります。これ1本でベースメイクが仕上がります。

CCクリーム
スキンケアや日焼け止め、ファンデーションが一体となったCCクリーム。BBクリームほどのカバー力はありませんが、ナチュラルな仕上がりになります。肌のムラを均一にしてくれるアイテムです。
肌のトーンを上げてくれるので、くすみがちな肌にもおすすめです。保湿成分など美肌成分が配合されているものが多いので、肌荒れしている人は使ってみるとよいでしょう。

クッションファンデ
化粧下地や日焼け止め、さらに美容成分も配合されたものもあります。ツヤが簡単に出せるものが多いので、乾燥ぎみの肌におすすめ。パフを使うので手も汚れません。

簡単に仕上がるので、テクニックもいりません。メイク初心者でもキレイに仕上がるでしょう。

クリームチーク
指になじませ、頬にポンポンと乗せるだけで色づくクリームチークは、ムラになりにくく失敗しにくいのがメリット。リップとしても使えるので、そのまま指で唇をなぞれば口紅を塗る手間が省けます。

リップライナー
唇の輪郭を簡単に取れるのがリップライナーです。ササッと描いて、唇を合わせてなじませれば口紅を塗る必要もありません。

ママの時短メイクで抑えたいポイント


時短メイクはポイントを抑えることで、手抜きに見えず手順も省略できるものです。時短メイクでは次のポイントを抑えましょう。

眉毛をしっかり描く

眉毛をしっかり描くことで、手抜きにメイクに見えなくなります。眉尻など足りたい部分を描きだすだけで仕上がるように、普段から眉毛を整えておきましょう。

その際、毛を抜くのはもちろんあまり剃り過ぎたり、カットしすぎたりすると描くときに時間がかかってしまうので注意しましょう。

チークとリップで血色をよくする

顔色が悪いと不健康に見えるほか、手抜きメイクに見えてしまうことも。チークとリップだけでも血色がよくなり、メイクをしている顔になります。チークとリップの両方に使えるアイテムを利用するのもおすすめです。

目元を健康的に

ベースメイクでは特に目の下をカバーすることがポイント。時間がないときには目元にしっかりファンデーションを塗る、くまができている際にはコンシーラーでカバーするなど、目元をメイクするだけでも健康的な顔に仕上がります。

手抜きにならない時短メイクのポイントを抑えていつもキレイなママでいよう


忙しくてメイクに時間をかけられないママは、時短メイクに便利なアイテムを選び、ポイントを抑えてメイクをするとよいでしょう。肌に負担をかけないものを選ぶと、自分だけでなく子どもへの配慮にもなります。

TOP
無題ドキュメント