ブルベ肌のくまを目立たなくするメイクのコツ

ブルベ肌のくまを目立たなくするメイクのコツ

くまができると疲れた印象や老け顔になりがちです。 顔色が悪く見えがちなブルベ肌の人は特に意識してくまを解消したいもの。 ブルベ肌に適したくまを目立たなくするメイクの方法を紹介します。
くまができると疲れた印象や老け顔になりがちです。顔色が悪く見えがちなブルベ肌の人は特に意識してくまを解消したいもの。

ブルベ肌に適したくまを目立たなくするメイクの方法を紹介します。

くまにも種類がある


一言でくまと言っても種類があります。

青くま、黒くま、茶くまの3種類があり、それぞれ原因が異なるので対策も違ってきます。自分は何くまなのかを把握するためにも、くまの種類や特徴を知っておきましょう。

青くま

血行が悪くなり血液がよどむと、その状態が皮膚を通して透けて見えることがあります。これが青くまです。目の周りの皮膚は薄いので、血管の色が浮きやすいのです。

特に色の白い人やまぶたの皮膚が薄い人は透けやすいので、くまが目立ってしまうもの。青くまはイエベの人に多いと言われています。

黒くま

下まぶたの皮膚が前に突出すると目元に陰ができます。その陰がくまのように見えるため黒くまと言われています。

加齢とともにまぶたの皮膚が下がり、皮膚が脂肪を支えられなくなるのが大きな原因です。メイクでは隠せないことが多く、ファンデーションなどを塗ると余計に目立ってしまうことがあります。

茶くま

シミなどの色素沈着によるものが茶くまです。アイメイクやクレンジング、目をこするなどの刺激によって角質が厚くなり、くすんでしまうことが原因です。

色素沈着なので血行をよくしてもすぐに消えるくまではありません。皮膚が薄く、刺激に弱いブルベの人に多く見られると言われています。

ブルベのくま解消メイク


朝起きて鏡を見たらくまができていた、という場合でも慌てずメイクで隠しましょう。ファンデーションで隠そうとすると厚塗りになってしまうので、コンシーラーがおすすめ。ブルベ肌に適したコンシーラーを使ったメイクを紹介します。

ピンク系とオレンジ系のコンシーラーを使う

ブルベ肌におすすめなのがピンク系のコンシーラーです。ブルー系のコンシーラーだと白浮きしてしまうので、少し赤みのある温かい色を選びます。どうしてもくまが目立ってしまう場合は、オレンジ色のコンシーラーを塗ってみましょう。

ただしオレンジ系はブルベの肌には合わないので、少量ずつ足していくのがおすすめです。

コンシーラーを使う際の注意点

くまを隠したいからと一度に大量に塗るのはNGです。少量ずつ、くまの部分とそれ以外の肌色をチェックしながら足していきます。

一気に塗ってしまうと色の調整ができなかったり、シワにコンシーラーが入り込みシワが目立ってしまったりすることもあります。

コンシーラーを塗布する部分はできるだけ最小限にとどめ、広範囲にならないように注意しましょう。

くまを作らないための対策


くまをメイクで隠すのは一時的な対策で、くまをできにくくする肌になることが必要です。肌にコンシーラーを塗り重ねているとシミができやすくなります。くまを作らないための対策を紹介します。

目元の血行をよくする

血行不良はくまができる原因となるので、目の周りの血行をよくすることが大切。アイクリームなどを使い目の周りをマッサージしたり、ツボを押したりして、血液循環をよくしましょう。

目の周りの筋肉を動かすのもおすすめ。目を大きく開いたり、ギュッと閉じたりするエクササイズをこまめにしましょう。

体を冷やさないことも大切です。全身の血行をよくするためにも、冷たいものばかり飲んだり食べたりしないこと。適度な運動も必要です。

クレンジングはやさしくていねいに

マスカラやアイシャドウなどアイメイクをきちんと落とすことは大切ですが、力を入れてこするなど、肌に負担をかけるクレンジングはしないようにしましょう。

ポイントメイク専用のクレンジング剤を使い、できるだけこすらないように落とします。洗顔後やお風呂上がりは保湿ケアもしっかり行いましょう。目の周りにも栄養を補給できるクリームや美容液を使うのもおすすめです。

くまの種類と肌色に合わせた対策をしよう


くまの種類を知り、自分のくまは何が原因なのかを把握して適切なケアをすることが大切。くまができてしまったら、ブルベ肌に合った色のコンシーラーを使い、健康的な肌づくりをしましょう。

TOP