プライベートとは違う!仕事メイクの基本と注意点

プライベートとは違う!仕事メイクの基本と注意点

オフィスでは仕事に集中できるメイクであることと、周りから好印象を持ってもらえるメイクであることが必要です。 また、迷惑をかけないメイクであることも重要。 ヌーディなメイクで不健康に見えると、「体調悪いの?」と心配されてしまうこともあります。 仕事メイクの基本と注意点をお伝えします。
オフィスでは仕事に集中できるメイクであることと、周りから好印象を持ってもらえるメイクであることが必要です。また、迷惑をかけないメイクであることも重要。

ヌーディなメイクで不健康に見えると、「体調悪いの?」と心配されてしまうこともあります。仕事メイクの基本と注意点をお伝えします。

健康的で好感度の高いメイクの方法


仕事でのメイクは社内だけでなく、クライアントなど社外の人にも好印象を与えるメイクであることが大切。健康的で好感度の高いメイクの方法を紹介しましょう。

肌色に合わせたファンデーションを選ぶ

色白美人を目指そうと、白すぎるファンデーションを選んでも肌色に合っていないと首との違いが出てしまい見た目が悪くなります。顔色が悪いからとオークル系のファンデーションを選んでも同じこと。

大切なのは自分の肌色に合ったものを選ぶことです。ファンデーションを選ぶ際には顔に塗り、首の色との違いをチェックしましょう。

仕事向きチークの入れ方

血色をよく見せるため、チークを使うのはよいでしょう。ただし目的は顔色をよく見せるためなので、うっすらとピンクに色づく程度に入れること。

ブラシにチークを取ったら直接肌に塗る前に、手の甲やティッシュにトントンと余分な粉をはたくようにしましょう。境目がわからないよう、指でぼかせば自然な感じになります。

派手すぎずきちんとした印象のリップ選びと塗り方

オフィスではきちんとした印象を与えることも大切です。唇はリップブラシやリップライナーで輪郭を取ることをおすすめします。

色は職場に合ったものを。派手な色やヌーディな色が浮いてしまう場合は避けた方がよいでしょう。

アイメイクでクマができないコツ

アイシャドウやマスカラ、アイライナーなどは時間が経つと色が目の下につき、クマのように見えてしまうことがあります。

にじまないタイプやウォータープルーフタイプなどを選ぶと、クマやにじみを防ぐことができるでしょう。

ファンデーションがムラにならない方法

ファンデーションがムラになったり、化粧崩れをしたりすると、ださしなく感じてしまうもの。それを防ぐためには、ベースメイクをしっかりすること。化粧崩れしにくいタイプのファンデーションを選ぶのもおすすめです。

仕事メイクの注意点


プライベートのときのように、自分の好きな色をチョイスしたり、流行のメイクをしたりするとオフィスで浮いてしまうことがあります。

オフィスはあくまでも仕事をする場所。仕事メイクをする際には、次のような点に注意しましょう。

塗り過ぎ・盛り過ぎない

塗り過ぎには注意が必要です。アイメイクやリップメイクに濃い色を持ってくると派手な印象になってしまいます。マスカラや付けまつ毛など必要以上に盛り過ぎるのも控えましょう。

シミやニキビ跡などを隠そうとしてファンデーションを塗り重ねてしまうと熱厚化粧に見えてしまいます。隠したい部分はコンシーラーでカバーし、ファンデーションの厚塗りを避けましょう。

仕事に支障のあるネイルはしない

爪のケアは大切ですが、過剰なネイルは避けましょう。爪が長すぎるとパソコン作業に支障が出ることがあります。派手なネイルはさわやかで好印象を与える、というわけにはいきません。

仕事の内容に合わせ、作業がしにくくなったり、爪を傷めてしまったりするネイルは仕事では避けるようにしましょう。

ノーメイクはNG?

いっそのことメイクをしない方が楽だし、さわやかなのでは?と思う人もいるでしょう。しかし社会人としてメイクはマナーでもあります。

肌荒れをしている肌を見せるより、きちんとカバーした方がキレイで印象もよいもの。スキンケアをせずに外に出れば、紫外線によって肌荒れをしやすくなります。自分の肌のためにも、最低限のメイクはしは法がよいでしょう。

健康的できちんとした仕事メイクで好感度を高めよう


仕事メイクは健康的で清潔感のあるメイクが理想です。周りからの印象もよく、明るい印象を与えることができるでしょう。

ファンデーションやアイメイクなどの塗り過ぎには注意し、きちんとした印象を与えるメイクで好感度をアップさせましょう。

TOP
無題ドキュメント