すっぴんでアイメイクどうする?簡単きれいなアイメイクのコツ

すっぴんでアイメイクどうする?簡単きれいなアイメイクのコツ

最近、すっぴんに見えるようなナチュラルなメイクが大人気。さらに、マスクをするのが一般的になっていることもあり、アイメイクには以前にも増して注目が集まっています。アイメイクって難しそう…と思われがちですが、これは慣れるまでの話。どのような目元にしたいのかを考えて、簡単きれいなアイメイクを実践して行きましょう♪

すっぴんに似合うアイメイク

すっぴんに似合うアイメイクというと、ナチュラルな感じや、やや地味な感じを連想させますよね。
あまりにも盛った感じのアイメイクだと、すっぴんにはほど遠い印象がありますし、目元だけが浮いて見えることも…。

それでは、アイブロウ、アイシャドウ、マスカラとアイメイクを3つに分けて説明しましょう♪

アイブロウ

それぞれの眉の形や太さによっても、アイブロウの描き方は違って来ますよね。
いったん細くし過ぎてしまうと、その後の修正が難しくなることもあり、おすすめはできません。

基本としては、パウダータイプのアイテムを使って、柔らかい眉にしていくのがコツ。
眉頭から描くのではなく、眉の中央部分から描きましょう。
眉頭はややぼやけた感じにすると、すっぴんぽい印象になります。

アイシャドウ

アイシャドウのなかで一番ナチュラルな印象を与えるのは、ブラウン系。
すっぴんに合うのもブラウン系のアイシャドウですね。
失敗しにくい色としても有名なので、ひとつは持っておくとよいでしょう。

特に3色もしくは4色がセットになった、グラデーションを作るタイプのアイシャドウがおすすめです。
チップを使わなくても、さっとグラデーションが作れるので時間がないときにも◎。

最近はラメの入ったアイシャドウも増えて来ましたが、すっぴんのときのアイメイクには向いていません。

アイラインを引くというときは、ブラウン系のアイライナーを選び、隙間を埋めるように塗るようにしましょう♪

マスカラ

ビューラーでまつ毛を自然なカールになるようにあげます。
まつ毛の上げ方も不自然さが出ないようにしましょう。

マスカラは束にならないように、重ね塗りはしない方が自然です。
もちろん、つけまつげはNG。
すっぴんのアイメイクは、限りなく自然な状態のアイメイクにしなければ意味がありません。

すっぴんアイメイク裏技

すっぴんアイメイクは、ナチュラル感が大切になるので、難しいと言われています。
アイメイクをしている?していない?というような状態ですし、時間が経ってアイメイクが落ちていた…ということも。

そこで、すっぴんアイメイクだからこそ使える裏技を紹介します。

アイメイクの前の下準備

アイメイクが落ちやすいという人は、すっぴんアイメイクだとすぐに落ちてしまうかもしれませんよね。
そこでやってみたいのが、アイメイクの前に綿棒を使って、目元の水分や油分をしっかり取り除くという方法。

この方法ひとつで、アイメイクの持ちが違います!
ひと手間かけてみてくださいね。

カラコンも進化!!

カラコンというと、いかにも付けていますというのが分かるものばかりと思っていませんか?最近はカラコンも進化しており、ヘアメイクさんがプロデュースしたものもあります。

瞳のなかに光を取り入れる発想で、白目も黒目も実際の目元よりもワントーン明るく見せる効果があるものが販売されています。
派手さはなく、あくまで自然に目元を明るくする発想で作られたカラコン。
まさに、すっぴんアイメイクには欠かせないカラコンですよね♡

すっぴんアイメイクはあくまでナチュラルに美しくが基本!

アイメイクを盛らずにナチュラルに見せる、なのに美しい…すっぴんのアイメイクは難しいのですが、流行関係なくできるメイクなので習得しましょう。

上品で自然…大人の女性ならではの魅力を発揮できるアイメイクは、あらゆる場面で活躍するはずです!
また、年齢も問わないので、若い女性も取り組んでみる価値があります。
TOP