一重を簡単に大きく見せるアイランの描き方!おすすめも紹介

一重を簡単に大きく見せるアイランの描き方!おすすめも紹介

一重の人の悩みとして、目がはれぼったく見えてしまう、目が小さく見えてしまう、といった点があります。 その悩みを解消するには、アイラインの描き方にポイントがあります。 一重を簡単に見せるアイラインの描き方とおすすめ商品を紹介します。
一重の人の悩みとして、目がはれぼったく見えてしまう、目が小さく見えてしまう、といった点があります。その悩みを解消するには、アイラインの描き方にポイントがあります。

一重を簡単に見せるアイラインの描き方とおすすめ商品を紹介します。

一重の人が失敗しないアイラインの描き方ポイント


一重を大きく見せようとしてアイシャドウを塗ったり、アイラインを入れてみたりしても失敗する、という人もいるでしょう。

特にアイラインに慣れていない人は、失敗しがちです。一重の人がアイラインを描く際には、次のような店に注意して描いてみましょう。

ラインを太くしない

アイラインは目のキワに細く入れるのがポイントです。太く入れてしまうと目の上だけが目立ってしまい、目が小さく見えてしまいます。メイクをしている感が強くなってしまうのもデメリットでしょう。

目を開けた状態で描く

アイラインは目を開けた状態で描くことが大切です。目を閉じた状態で描くと、目を開けたときアイラインが見えなかったり、幅が広すぎたりしてしまいます。

目尻までしっかり引く

目尻までしっかり引かないと、目を開けたときにせっかく入れたアイラインが隠れて見えない状態になります。目尻はキワから少し離して描くとよいでしょう。

一重におすすめのアイライナー

アイライナーは描きやすいことはもちろん、細さを調節しやすい、にじみにくいものを選びましょう。

特に一重の場合は立体感を出すため、太さを調節しやすいものがおすすめです。一重におすすめのアイライナーを紹介します。

キャンメイク クリーミータッチライナー

1.5mmの超極細芯で、目のキワにアイラインを入れるのも楽。失敗しにくいでしょう。

落ちにくく、にじみにくいのもメリットです。描きやすいのでアイライナーに慣れていない人にもおすすめです。

資生堂 アーチライナーインク

こちらの商品はブラシがカーブしているのが特徴です。毛先のカーブは描きやすく、使いやすいのがメリット。

汗や水に強いロングエウェア処方でにじみにくく、時間が経過してもまぶたの下が黒くならずにすむでしょう。

ヒロインメイク スムースリキッドアイライナー スーパーキープ

とにかくにじみにくいアイライナーです。汗や涙、皮脂にも強いウォータープルーフ処方。お湯で簡単に落とせるので、目元への負担も軽減されます。

0.1mmの描きやすい極細タイプなのも使いやすいでしょう。コシが強いのも特徴で目尻のラインなどもキレイに描けます。

UZU アイオープニングライナー

毛量が多くコシが強いので描きやすいのがメリット。皮脂が多くでも湿気があってもにじみにくいアイライナーです。

8角形フォルムで使いやすさを追求。お湯でオフできるのも魅力です。色素沈着しにくい染料を使っているので肌にもやさしいです。

デジャビュ ラスティンファインaクリームペンシル

芯が楕円形で太くも細くも描けるのが便利な点です。やわらかい芯で描きやすいのもメリット。乾いた後は肌にしっかりとなじみ、にじみにくいです。

ラブ・ライナー リキッドアイライナー


0.1mmの筆先で凸凹した皮膚にもキレイに描けます。筆先は乾きにくいのでかすれる心配もありません。適度にしなるので描きやすいでしょう。

パンテノールやマイクロヒアルロン酸Na、センブリエキスなど美肌成分が配合され、目元のケアにもおすすめです。ウォータープルーフで汗や湿気に強くいにじみにくいです。

K-パレット リアルラスティングアイライナー

水や汗、皮脂に強いウォータープルーフ処方で、にじみにくいアイライナーです。色ムラになりにくく、美しい仕上がりが期待できます。

ヒアルロン酸Naをはじめ、水溶性コラーゲン、イチョウ葉エキスなど保湿成分が配合されているのも魅力。ぬるま湯で簡単に落ちるのも肌への負担が軽く、クレンジングにおいても便利です。

使いやすいアイライナーを見つけて簡単にくっきり一重になろう


一重の人は特に描きやすくにじみにくいアイライナーがおすすめです。目のキワも埋めやすいアイライナーを選びましょう。目元のケアができる美肌成分が配合されているのもおすすめです。

描きやすいアイライナーを見つけたらアイラインの描き方のコツを把握し、美しくキレイに仕上げましょう。

TOP