透明感が決め手!ブルベ肌に似合うメイクのコツやカラーの選び方についてご紹介

透明感が決め手!ブルベ肌に似合うメイクのコツやカラーの選び方についてご紹介

全体的に、黄みよりも青み寄りの肌色をしているブルベ肌は、日本人の肌質としては少数派になります。 そのため、ブルベ夏であればふんわりとした可愛らしい雰囲気を、ブルベ冬はどこかエキゾチックな雰囲気を持つ傾向があるものです。 そんな魅力的なブルベ肌ですが、色選びを間違えると途端にくすんで見えたり、老け顔に見えたりしてしまうこともあるので注意が必要です。 ここでは、失敗しないメイクのコツ、色選びについてしっかり解説していきます。
全体的に、黄みよりも青み寄りの肌色をしているブルベ肌は、日本人の肌質としては少数派になります。そのため、ブルベ夏であればふんわりとした可愛らしい雰囲気を、ブルベ冬はどこかエキゾチックな雰囲気を持つ傾向があるものです。

そんな魅力的なブルベ肌ですが、色選びを間違えると途端にくすんで見えたり、老け顔に見えたりしてしまうこともあるので注意が必要です。
ここでは、失敗しないメイクのコツ、色選びについてしっかり解説していきます。

ブルベ夏タイプの特徴とメイクのコツ


ブルベ肌には夏(サマー)タイプと冬(ウィンター)タイプがあり、それぞれ特徴や相性のいいカラーが違います。
まずは、ブルベ夏タイプについての特徴とメイクのコツについて解説します。

ブルベ夏タイプの特徴はコレ

ブルベ夏タイプには、以下のような特徴があります。
・色白で、血色がピンクがかっている
・指先や耳の先がピンク色をしている
・髪質がやわらかい
・瞳の色が明るい
・日に当たると赤くなり、日焼けしにくい

全体に淡く柔らかい雰囲気をまとい、肌色にピンクみが入っているため、とても可愛らしく繊細な印象を持つ人が多いのが特徴です。

ブルベ夏タイプにおすすめのカラー

柔らかい雰囲気をもつブルベ夏タイプには、青みがかった明るいピンクのチークやリップカラーがおすすめです。肌色そのものがピンクがかっているので、可愛らしいパステルカラーがよく似合います。
ただし、黄みの強いカラーは明るくても映えにくいため、あまりおすすめではありません。

アイラインやマスカラなどについても、ビビッドなブラックなどの色よりも、グレー系のやわらかい色味のものが相性がいいといえるでしょう。

またヘアカラーも、赤みや黄みの入ったブラウンより、グレージュやミルクティーのようなカラーとの相性が良いといえます。ブルベ夏タイプのやわらかい髪質を生かして、ゆるいまとめ髪やふわふわのボブなど、やさしいシルエットのヘアスタイルがよく似合います。

ブルベ冬タイプの特徴とメイクのコツ


ブルベ夏タイプとブルベ冬タイプはそれぞれの持つ雰囲気が違うため、見分け方はそんなに難しくないといわれています。ブルベ冬タイプはどういった傾向があるのでしょうか?その特徴とメイクのコツについて解説します。

ブルベ冬タイプの特徴はコレ

ブルベ冬タイプの特徴としては、以下のようなものがあげられます。
・色白の人は透けるような白さをしている
・頬の色は青みがかったピンク
・髪質は黒く、しっかりとした芯のある質感
・瞳の色は黒

比べてみるとわかるように、ブルベ冬タイプは、夏タイプと逆の要素が多いです。

ブルベ冬タイプにおすすめのカラー

もともとはっきりとした印象のあるブルベ冬タイプには、ビビッドなカラーがよく似合います。
逆に相性が良くないのは黄みの強い色や中間色です。メイクや顔周りのアイテムに黄色系や中間色があると、顔全体の印象がボケてしまいます。

涼しげな寒色系のほか、赤系やピンク系でも青みの入ったボルドーやローズカラーが肌の色を引き立てます。

ヘアカラーも濃いめの色が似合います。明るい色にするならやはり黄みや赤みを抑えたアッシュ系などで、ツヤ感を残した質感に仕上げるのがおすすめです。

ブルベ肌の質感を生かして自分らしいメイクを楽しもう


ブルベ肌は黄みよりも青みカラーが好相性ですが、その中でキレイ系に合うカラーもあれば、可愛い系カラーもあります。

肌タイプ診断はメイクの可能性を狭めるものではなく、むしろ選択肢を増やしてくれるものです。自分の肌の質感に映えるベースメイクを選べるようになれば、メイクもさらに楽しめるようになるのではないでしょうか。

TOP