涙袋メイクで可愛く!イエベ肌タイプにぴったりのカラーをご紹介します

涙袋メイクで可愛く!イエベ肌タイプにぴったりのカラーをご紹介します

大人気の涙袋メイクは、肌タイプを問わず女性らしい印象を作ってくれます。 しかし、色選びを失敗すると浮いてしまったり、クマのように見えてかえって顔の印象を暗くしてしまったりすることもあるものです。 イエベ肌タイプにぴったりの涙袋メイクについて解説します。
大人気の涙袋メイクは、肌タイプを問わず女性らしい印象を作ってくれます。しかし、色選びを失敗すると浮いてしまったり、クマのように見えてかえって顔の印象を暗くしてしまったりすることもあるものです。

イエベ肌タイプにぴったりの涙袋メイクについて解説します。

イエベ肌タイプの涙袋におすすめのカラーはコレ

イエベ肌タイプの人には、基本的に黄みやピンクみのあるカラーがよく馴染みます。これからの季節、元気なだけでなく適度なあたたかみも足していくことで、秋らしいニュアンスのある目元に仕上げることができます。

イエベ肌タイプ向きの涙袋のなかでもおすすめのカラーについて、いくつかご紹介していきます。

イエベ肌タイプの涙袋におすすめのカラー1.オレンジ

この秋冬にイチオシの涙袋メイクカラーはオレンジです。イエベ肌タイプに相性がよく、明るさとあたたかみを足してくれるのがオレンジなので、目元をぐっと親しみやすい印象にしてくれます。ラメの入ったオレンジカラーを涙袋に乗せることで、目元全体を明るく、健康的なニュアンスに仕上げてくれます。

秋冬にもおすすめですが、イエベ肌タイプにはオレンジがオールシーズン使えて失敗のないおすすめカラーといえるでしょう。

イエベ肌タイプの涙袋におすすめのカラー2.黄みゴールド

イエベ肌タイプにはシルバー系のカラーよりもゴールド系カラーとの相性がよく、ギラギラしすぎずに華やかさを出してくれます。黄みの強めなゴールドは目元をぱっちりとさせてくれるだけでなく。肌全体を明るく見せてくれるのでおすすめです。

お出かけやレジャーなど、ちょっとゴージャスな仕上がりにしたいときにぴったりのカラーといえます。

イエベ肌タイプの涙袋におすすめのカラー3.ラメ入り

上記二つのカラーにも言えることですが、ラメ入りは涙袋メイクにおすすめです。その場合も、シルバー系よりゴールド系、ブルー系よりオレンジ系カラーのラメを選びましょう。

また、ラメの大きさにも大粒なものと細かいものがあります。仕上げたい印象によって使い分けるといいでしょう。

イエベ肌タイプの涙袋に相性が悪いカラー


イエベ肌タイプと合わせるとうまく馴染まない色もあります。肌を白く見せようとしてベースにブルーやグリーンをのせると、イエベ肌タイプの場合は白浮きしてしまうこともあります。

涙袋のようなポイント使いにも相性の悪い色があるので、注意したいところです。

イエベ肌の涙袋に避けるべきカラー1.青みの強い色

ベースに合わない青みの強いカラーは、涙袋にもあまり相性がよくありません。ハイライトのようなつもりで青系をのせると、かえって白すぎる印象に見えたり、派手に見えてしまったりしがちです。

アイシャドウには、青みが入っていてもカーキ色などの中間色であれば相性はいいのですが、涙袋にはあまり適していないといえるでしょう。

イエベ肌の涙袋に避けるべきカラー2.ブラウン系

基本的にイエベ肌タイプとの相性は良いブラウンですが、涙袋に入れてしまうとクマっぽく見えて、顔の印象を暗くしてしまいます。涙袋にはあくまで明るい色を入れるのが基本と考え、ブラウン系はアイシャドウやリップに使うようにするとよいでしょう。

イエベ肌の人に似合う涙袋メイクでぷっくり可愛く仕上げよう


イエベ肌タイプに相性のいいカラー、相性の悪いカラーについてそれぞれ解説しました。イエベ肌は黄みの入った元気なカラーがとてもよく馴染む肌タイプです。

イエベ肌タイプは可愛くやさしい色使いがハマればとても親しみやすい印象に仕上がるので、ぜひ自分に合った色を探してみてください。

TOP