ZOOM映えするメイクのコツ大特集!

ZOOM映えするメイクのコツ大特集!

ZOOM会議やZOOM飲み会が当たり前になってきた昨今、モニター越しだとなんか顔色悪く見えちゃう。だから、画面越しでもきれいに見えるメイクのコツを大特集。今日からあなたもZOOM美人になれちゃいますよ♪
ZOOM会議やZOOM飲み会が当たり前になってきた昨今、モニター越しだとなんか顔色悪く見えちゃう。だから、画面越しでもきれいに見えるメイクのコツを大特集。今日からあなたもZOOM美人になれちゃいますよ♪

ZOOM 映えメイクはベースが命!

モニター越しだと顔色が悪く見える、くすんで見える…と悩んでいませんか?ZOOMだと暗見えするから、ベースメイクが肝心です。くすんで見えるからってメイクを濃くすると、なんだか浮いた印象になってしまうので要注意。

ファンデはいらない!

ZOOM会議や打ち合わせする時は、顔色を明るく見せるため、下地でトーンアップしましょう。ピンク系の下地で顔色を明るく整えたら、シミやクマなどに、そして陰のできるほうれい線にも、ピンポイントでコンシーラーをのせて軽くなじませましょう。

ファンデーションは使わずに、CCクリームやBBクリームを顔全体になじませて。モニター越しに見ると顔がテカって見えることがあるので、艶のあるベースよりも、少しマットなベースを作りましょう。

ハイライトで立体的に

明るいパウダータイプのハイライトで、モニター越しでは平面的になりやすい顔を立体的に見せましょう。

立体感を強調するために、鼻筋、おでこ、あご、そして頬の高い位置、目のすぐ下に、太めのブラシでハイライトを入れてくださいね。オイル配合のパウダーを使うとテカテカになるので注意してね。

リップとチークがZOOM映えメイクのコツ

リップ&チークで血色をよく見せるのがZOOM映えメイクのコツ。ポイントカラーで血色感を出すと健康的で美しい肌に見えます。

細かい部分までは見えないので、ベースメイクはコンシーラーとBBクリーム、パウダーで整える程度で、ファンデーションを塗る必要はありません。その代わり、色味をプラスしてメリハリをつけましょう。

リップでツヤと色味をプラス

モニター越しでは彩度が落ちるので、ツヤ感のあるオレンジ、コーラル系のリップがベター。リップライナーで輪郭をしっかり描いてからリップを塗るときれいに見えます。

最後に、グロスでツヤ感をプラスして仕上げましょう。ベージュ系や薄いピンク系はぼやけてしまうのでNGです。赤いリップも浮いて見えるから避ける方がいいかも。マットリップよりもツヤの出るセミマットのリップがおすすめ。

チークは中央にポン

顔がのっぺりとしないように、明るく赤みの強いコーラル系やオレンジ系のチークを、いつもの位置よりも内側につけてくださいね。

画面では平面に見えてしまうので、目頭の下から黒目の下までポンポンとつけましょう。普段よりも濃いめにつけないと、チークの色味が飛んでしまって映りませんよ。発色の良いクリームタイプのチークがおすすめ。

眉はバッチリ!

家にいるからできるだけメイクをしたくない…という時でも、眉だけはしっかりメイクしてね。

ポイントは色よりも輪郭!広角レンズで広がって見えるから、眉頭はしっかりめに描いて引き締めましょう。眉をちゃんと描くと、小顔に見えてZOOM映えしますよ。

アイメイクは手抜きでOK

いつもはアイシャドウをつけるけど、ZOOM会議ならアイシャドウは省いてOK。画質が低いから、アイシャドウをつけても変わりません。暗く見えがちなので、ブラウン系のアイシャドウをつけると目がくぼんで見えてしまうので、絶対にNG。

アイラインとマスカラだけはちゃんとつけてね。マスカラはロングタイプがおすすめ。アイラインはブラックのリキッドタイプを使って、目の際を強調しましょう。お湯で落ちるタイプのアイライン推奨です。

ZOOMメイクで重要なのは光!

via pixta.jp
ここまででZOOM映えメイクのコツをご紹介しましたが、これで終わりではありません。一番大切な仕上げが残っています。

それは…「光」!ZOOMで映る顔は暗く見えがちで、彩度が低くなります。ですから、光で最後の調整をしましょう。光をプラスしないと、いくらメイクを盛ってもきれいに見えません。

窓際にgo!

顔を美しく見せてくれるのは、やっぱり太陽の光です。自然光に勝る光はありません。

ZOOMでの会議やミーティングは窓際がおすすめ。真正面から日光が当たるような場所にパソコンを持って移動しましょう。

照明は斜めから

照明の真下だと影ができてしまい、より暗くなります。夜にZOOMを使う時は、デスクライトを斜め前から当てましょう。

光が強い時は、トレーシングペーパーをふんわりさせて、デスクライトの前に洗濯ばさみなどで留めると、光が柔らかくなりますよ。

まとめ

SNSでメイク動画を配信している人も多いので、参考にしましょう。ZOOM用メイクは、いつものメイクとは感じが違うけど、何度か練習するとコツがつかめてきます。

今回ご紹介したちょっとしたテクニックを使えば、もうモニターを通して見る自分の顔にガッカリしなくて済みますよ。
TOP