マスクメイク時の悩みとは?メガネで呼気があがってくる?

マスクメイク時の悩みとは?メガネで呼気があがってくる?

メガネを使っている人は、あまりマスクをしたくないというのが本音でしょう。 その理由は人によって異なります。 今回は、どんな悩みがあるのか、どうすれば解消できるのかについて紹介していきましょう。 メガネを使用している人は、マスク着用時だけではなく普段から活用できるものばかりなのでぜひ覚えておいてください。
メガネを使っている人は、あまりマスクをしたくないというのが本音でしょう。
その理由は人によって異なります。

今回は、どんな悩みがあるのか、どうすれば解消できるのかについて紹介していきましょう。

メガネを使用している人は、マスク着用時だけではなく普段から活用できるものばかりなのでぜひ覚えておいてください。

マスクをしている時のメガネに関する悩み


マスクをしている時のメガネに関する悩みは意外と多いです。
特にメイク時などに困る悩みも多く、まだ悩みに直面したことがない人も覚えておきましょう。

曇る

マスクをしていてもっとも悩むもの、それがメガネの曇りです。
マスクをしていることで呼気があがってきて、それがメガネの曇りに繋がるのです。

メガネの曇りに関してはマスクに限らず悩まされている人も多いでしょう。

ただ、マスク着用時は更に曇る度合いが高いのです。
呼気があがったことによってメイク崩れにもつながり、マスクメイク時は「どうすればいいの」と悩む人も多いでしょう。

ずれる

普段、メガネを使用している時はずれてこないのにマスク着用時だけずれると言う人もいます。
1回1回は大したことがないように思われますが、毎回ずれてくるとストレスになります。

特にマスクをしていると汗をかいてくるので皮脂が分泌されます。
その皮脂によってすべってくる場合が多いのです。

メイクをしていれば、化粧品の脂などでずれることもあります。

鼻筋が傷む

メガネをかけっぱなしにしていると鼻筋が痛くことがあります。

マスクを着用していると紐の部分で耳が痛くなることもあります。
ふたつ同時に痛みを感じる人もいるので、メガネ時にマスクをかけたくない人も多いのです。

マスクメイク時のメガネに関する悩みの解消方法とは?


マスクメイク時のメガネに関する悩みはどうやって解消するべきなのでしょうか。

こちらでは解消方法の一部について見ていきましょう。
現時点で悩みがない人でも、解消方法を知っておくことでいざという時にすぐ対応が可能です。

曇り止めを使う

メガネ拭きなどで曇り止め効果があるものも多くあります。
メガネ拭きに曇り止め効果がついているものもあるので、そういったものを持ち歩きましょう。

ディスカウントストアやコンビニなどでも買えるので、手元に持っていなくてもいざという時は比較的どこでも売っているのが特徴です。

調整をする

メガネをかけている時に痛みが出る場合、調整をすることで改善されることがあります。
100円ショップなどでもメガネ用ドライバーセットなどが販売されているので、そういったものを持ち歩いているといいかもしれません。

複数のドライバーが入って100円なので金額以上に重宝すると思われます。
いざという時に自分で調整できるものを持っていれば痛みからもすぐに開放されるでしょう。

ズレ防止グッズを使う

どこでも販売しているわけではありませんが、メガネのズレ防止アイテムもあります。

鼻の部分に設置するものでシリコン素材で作られているため、長時間つけていても痛みを感じなくなります。
種類事態は豊富にあるので、自分に合うものを見つけることもできるはずです。

初めて購入する際は、複数のサイズが含まれているものを買ってみましょう。

ナチュラルメイクを心掛ける

マスクとメガネをした状態だと熱がこもりやすくなります。
そのため、どうしてもメイクが落ちてしまうものです。

メイクが落ちたこと影響でメガネのズレなどが生じることもあります。
熱がこもりやすいからこそ、薄めのメイクにして悪影響が出にくいようにしましょう。

特にマスカラは盛り過ぎてしまうと、メガネのレンズに当たって邪魔になってしまいます。

色々な工夫でマスク着用時のメガネの悩みを解消しよう!


マスクを着用していると、メイクだけではなくメガネに関する悩みも多く出てきます。

しかし、さまざまな工夫でアイテムが販売されているので悩み改善に繋がるものを見つけられるはずです。
曇りに関しては曇り止めなどもあるのでバッグの中にいくつか入れておきたいものです。
メガネ用ドライバーも100円ショップで販売されているもので十分なので、万が一の時のために用意しておきましょう。

メガネに関する悩みは多いですが、それらを改善できるものも多いのであきらめないようにしましょう。
メイク汚れなどがメガネにつかないように、ナチュラルメイクを心掛けてください。

TOP