マスクのアイメイクに合う色は?おすすめ色とNG色はこれ!

マスクのアイメイクに合う色は?おすすめ色とNG色はこれ!

マスクをするときは、目元を普段より強調したメイクにすると印象が良いと言われています。 ですが、どんな色でも濃くすれば良いわけではありません。 そこで、マスク着用時のアイメイクにおすすめの色と控えた方が良い色を紹介します。
マスクをするときは、目元を普段より強調したメイクにすると印象が良いと言われています。
ですが、どんな色でも濃くすれば良いわけではありません。
そこで、マスク着用時のアイメイクにおすすめの色と控えた方が良い色を紹介します。

マスクメイクにおすすめの色


普段のメイクでは気分や好みでアイシャドウの色を使ってもかまいませんが、口元を隠すマスク着用時は色選びがポイントです。
次の色を取り入れてメイクすれば、マスクをしていても明るく印象の良い表情になれます。

オレンジ系

明るい色をアイカラーに使うことに抵抗を感じる人もいるでしょう。
普段クール系カラーを使っているとそう思いがちですが、それで印象が暗くなり過ぎなかったのは口元の赤みがあったためです。
そのためマスクで口元が隠れるときは目元を明るくします。

自然な明るさを出してくれるのがオレンジ系のアイシャドウです。
ラメ入りタイプにするとさらに輝きがアップします。
ただし腫れぼったさを防ぐためよくぼかすことがポイント。

ピンク系

オレンジ系よりも赤みが強く、血行が良い健康的な表情の演出ができます。
例えばコーラルピンクなど、口紅に使っている明るい色をアイシャドウに使ってみましょう。

そして1色だけでなくトーンの違う2色を部分的に使ってぼかすと立体的な仕上がりになります。
またピンク系のマスカラと併せて使うと、より明るい表情のマスクメイクができあがります。

マスクメイクで避けたい色


日頃使っているアイカラーが、マスクメイクでおすすめの色になかった場合、避けた方が良い色にあてはまるかもしれません。
以下に上げる色に含まれる場合は、マスクメイク用のアイシャドウを用意してみてはいかがでしょうか。

ダーク系の色

年齢があがるにつれてダーク系のアイカラーを選ぶ人は多いと言われています。
ですがマスクをすると、目元がくぼんで見えてしまい年齢よりも老けて見られやすくなるのです。
また口元やチークの赤みもないため、不健康な印象を与えがちです。

そのため黒っぽい色のアイシャドウはマスクをつけないときのために保管しておき、マスク着用におすすめの色を買い足してみましょう。

ナチュラルすぎる色

くすみのカバーに最適なベージュ系ですが、中でも肌色とほとんど変わらない色は避けましょう。
あまりに自然すぎて、アイカラーを入れていない状態になり、目元が強調されないからです。

ナチュラルな色あいをアイカラーに使いたい場合は、パールやラメの入ったタイプや赤みがあり自分の肌より明るさが出せる色を選びましょう。

くすんだ色

落ち着いたメイクに仕上げるため、目元にワインレッドなどくすんだ色を使っている人もいるでしょう。
しかしマスク着用時には血色が悪く見えてしまい、顔色が良くないと印象づけてしまいます。

特に赤系のくすんだ色をマスクメイクのアイカラーに選ぶと、まぶたが腫れぼったく見えるため避けた方が良いです。

色選び以外にしておくべきこと


マスクメイクに適した色を目元に置く時、その色をきれいに見せるためにプラスしたいことをあげておきます。

コンシーラーも活用する

アイカラーの色をきれいに出すためにも、先に肌を整えておきます。
初めにスキンケアを終えて化粧下地をつけたあとで、コンシーラーでクマやくすみのカバーをしてからアイシャドウの色をのせましょう。
クマのある状態で色をのせるとクマの暗い色が透けてしまい、明るい発色のはずがくすむ可能性があります。

最後はミストでキープ

マスクをしていると吐く息の湿気でメイクは崩れやすく、マスクの隙間から息は上にも揚がってくるのでアイメイクもよれやすくなります。
そのためアイメイクなど全体のメイクを終えたあとは、崩れ防止ミストを吹きかけておきましょう。
プチプラコスメもあるので、マスク着用の機会が多い間はひとつ持っていて損はありません。

明るい色をアイカラーに使ってマスクメイクしよう


口元が隠れるマスクメイクでは、オレンジやピンクなど血色が良く見えるアイカラーの使用がおすすめです。
逆のダーク系やクール系のアイシャドウは控えた方が暗い印象を与えないでしょう。
また、コンシーラーを使った肌作りやメイク最後の崩れ防止ミストも、忘れずに使いましょう。

TOP