目元だけでもばっちり印象!マスク着用時のオススメアイメイク

目元だけでもばっちり印象!マスク着用時のオススメアイメイク

元々は花粉症や風邪の時といった時期限定な着用品だったマスクも、日常で身につける機会が増えた為に様々な懸念点が出てきました。中でも大きいのは「口元が隠れてしまって、表情が判らない」事です。

表情が隠れがちだからこその目元重視


元々は花粉症や風邪の時といった時期限定な着用品だったマスクも、日常で身につける機会が増えた為に様々な懸念点が出てきました。中でも大きいのは「口元が隠れてしまって、表情が判らない」事です。

元々日本人が表情を読む場合には目で表情を知る、判断するという傾向があります。サングラスをかけた人とマスクをした人を思い浮かべた時、威圧感や「表情が判らない」といった印象を受けるのは、日本人であればサングラス、欧米人はマスクを選ぶ人が多いとされています。この違いは感情をストレートに表し、伝える文化圏では、口元の開き方を含めた顔全体の印象から表情を判断します。それに比べ、日本人は内心の反映されやすい目の動きから感情を判断する事が多いのです。この違いがマスク普及率にも影響を与えているのでは、とも言われています。

しかし日本人であっても、口元そのものの印象が全く加味されない訳ではなく、特に接客業の人からは「口元が見えなくて表情が判らない」というクレームをお客さんからもらってしまった、という声も見られます。目元だけのメイクだからこそ、フルメイクをする時よりも「目で伝える・印象付ける」事を心がけてみると、印象は一気に変わります。

アイメイクの基本、ブラウンシャドウ

アイメイクの基本的なカラーは、ベリーカラーといった赤寄りのブラウンと肌色よりやや濃いめのブラウン、この2色で陰影を作る「ブラウンシャドウ」です。

まず、瞼を閉じて、まつ毛の下向き曲線から、眼球の丸みにそった上向きの曲線、眼球を覆う瞼全体がメイクのスペースです。まつ毛沿いの下向き曲線に沿って瞼の中ほどまで、二重の内側に濃いベリーカラーの陰が出来るイメージでメイクし、中ほどから上までを肌色よりやや濃いめのブラウンを塗り、こちらは眉下の陰をつくるイメージでメイクします。初めから濃く塗らず、色の境界をぼかしながら広げていきましょう。

そして目を開け、下瞼の曲線の直下にベリーカラー、その下に筆でブラウンを乗せて下瞼側にも陰影をつくり、最後にブラウン系のリキッドでアイラインを細く引いていきましょう。

陰影を濃くし過ぎたり、元々目力が強めの人がアイラインを濃く太く入れてしまうと、目力が強すぎる印象を与えてしまいます。下瞼の色を薄く入れる、下瞼側にアイラインをひかない、入れるとしても極力細く入れるなど、工夫が必要です。元々ブラウン系は柔らかな印象を与えつつ陰影を深めてくれる色合いですが、カラフルなシャドウカラーにすると目力が強まります。

目尻に加えたいワンポイント!ハイライトのツヤ足し

マスクをすると肌の露出面積上、健康的に見える頬の肌色が見えなくなり、目元のくすみや睡眠不足のクマが目立ってしまいます。すると本人は元気であってもどこか疲れて暗い印象が出てきてしまいます。大切な人と会う時に「疲れてた?ごめんね」などと気遣われないよう明るめでフレッシュな印象を加えるには、目尻のハイライトが重要です。

リップクリームを用いたハイライトは、従来のクリームタイプのハイライトと比べてマスクの着脱にも比較的汚れる心配が無く実用的です。直接目尻側、頬骨の上あたりに塗るのではなく、手の甲に塗ってから指の腹に塗りつけ、ハイライトを加えたい所に塗っていきましょう。優しく指で叩きながら馴染ませていくと、より肌との一体感が出てきます。色落ちを防ぐには、更に上からリップコートを使っておくと安心感が増します。

マスクだからこそ、目元だけでも冒険したい人に!

ブラウンシャドウの基本的なメイクの要領が判ってきて、アレンジを加えたくなってきたならば、「目元カラーにチョイ足し」を試してみましょう。カラフルなアイシャドウを使う事で、目元はより印象的になっていきます。

先述の通り、濃い赤と茶色、濃いオレンジと茶色など、色相環で近い位置にある色を用いると深みのある陰が作りやすくなります。カラーチョイ足しをする場合は、この「深みのある陰」ではなく「印象的なワンポイント」を念頭に置いてみましょう。最も試しやすく、かつ個性が出しやすいのは「目尻、目頭に赤いシャドウ」を入れる事です。赤系のブラウンシャドウではなく、鮮やかな赤ベースのシャドウを使う事で、チークが隠れる・塗れないマスクフェイスであっても血色感が増し、目尻・目頭の入れ方によって強い雰囲気も柔らかな雰囲気も作り出せます。

緑、青、紫といった寒色系のアイシャドウは神秘的な透明感を瞼に作り出します。こちらも瞼を閉じ、二重の内側には濃いめのシャドウを、瞼の上側には薄く馴染ませるイメージでシャドウを乗せましょう。寒色系のアイシャドウは下瞼側にもつけてしまうと、こちらは不健康なクマの印象を与えてしまう事もあるので、あえて省いてしまっても問題ありません。

繊細な印象を作り出すには2色で同色系のシャドウではなく、陰色の濃い方はブラウンシャドウ、広く乗せる瞼の上側にはパール感のある練りシャドウを使うなどして、肌色からのなだらかなグラデーションを作ってみてください。
TOP
無題ドキュメント