丸顔に似合う眉毛ってどんな感じ?メイク次第で大きく変わる!

丸顔に似合う眉毛ってどんな感じ?メイク次第で大きく変わる!

メイクの悩みっていろいろありますけど、その中でも眉毛に関するものって多いですよね(^_^;) 私も眉毛が薄いので整え方とかに結構悩んでしまうんです……。 以前整えすぎたせいか「眉毛なくなった!?」と驚くほどでした……。 こちらでは、丸顔の眉毛メイクについて紹介していきましょう(*^▽^*)

丸顔ってどんな顔??

なんとなく丸っこい顔を想像しがちですが、丸顔の定義としては、顔の縦幅と横幅が1対1に近い感じでフェイスラインに丸みがある顔をいいます。
おでこが広めで丸っこく、ほほがぷっくりしていることも特徴的です。

そして、顔の縦と横の長さが同じということは、小顔だということなのです!!
人なつこそうなイメージの丸顔は、愛くるしくてよい印象を持たれます♡
リッチテキスト

顔と眉の関係

丸顔には、ゆるやかなアーチで長めに描いた眉が似合います。
長さを出すことでフェイスラインをカバーし、髪の生え際までの余白が埋まるのです♪
短く小さく描くと、顔の余白が目立ってしまい、ぽっちゃりと見えるのでNG。

密度が薄すぎたり、眉の色が明るすぎても、顔全体がぼやっとして見えます。
また、まっすぐや角度のついた直接的な眉はフェイスラインとミスマッチなので、こちらもNG!

有名人では?

丸顔の女優さんは、相武紗季さん、榮倉奈々さんなどシュッとして小顔なイメージの方が多いです。
深田恭子さんや有村架純さん、安達祐実さんなど、おっとりとして可憐な雰囲気の方もたくさんいらっしゃいます!

タレントではベッキーさん、元AKB48の篠田麻里子さんなど、意志が強そうで元気なイメージの方も♪
スポーツ選手では、福原愛さんなども丸顔ですね。

丸顔の悩み

丸顔の悩みでよく聞かれるのは、顔の横幅があるゆえに顔全体が大きく見えてしまうこと。。
縦と横の長さが同じということは実際には小顔なのですが、視覚効果によって顔デカに見えてしまうのです。

せっかくのかわいらしい顔かたちをコンプレックスに思うのはもったいないですし、メイクや髪型で印象を変えてカバーしたいところですね!

眉毛の悩みとは?

眉毛の悩みと言っても人によって結構変わってくるんですよね(;^ω^)
こちらでは、眉毛の悩みに関する一部について見ていきましょう(`・ω・´)

下がり眉・困り眉

優し気な印象を与える下がり眉・困り眉ですけど、別に困っていないのに「悲しそう」と見られてしまうんですよね(^_^;)
女性らしい優しい印象はあるんですけど、やっぱりきりっとした雰囲気に憧れますよね。
眉毛の書き方ひとつで雰囲気が変わるので、ぜひ取り入れましょう!

左右の形違い

意外と多いものが左右の形違いですかね(^_^;)
左右の形が違うと、眉毛通りにメイクすることで違和感が思いっきり出てしまうんです……。
眉毛メイクの際の濃さなどを変えることで形違いがあまり目立たなくなります。
逆に単色で眉毛メイクをすると、形違いを余計に目立たせるだけなので気をつけましょう(;´・ω・)

眉の形が決まらない

中には眉毛の形が決まらない人もいます。
眉毛自体の問題もありますが、メイク方法が決まっていないことでまばらになってしまうんです。
眉毛の形が決まらないことで、顔が平面的に見えてしまうので気を付けないといけません。
しっかりと濃くするべきところは濃くすることで眉毛の形が決まるようになりますよ(^▽^)/

丸顔の眉毛メイクで気をつけることは?

丸顔の眉毛メイクは下手すると丸顔を強調することになってしまいかねません(;´∀`)
そのため、こちらでは眉毛メイクで気をつけたいことについて見ていきましょう(`・ω・´)
注意ポイントを押さえておくことで、眉毛メイクの役に立つはずです。
逆に知らないと自分でも気づかないうちに、違和感を出していることがあるので気をつけてくださいね!

眉の黄金比率を知っておく

眉毛には黄金比率が存在します。
黄金比率は2:1と言われていて、尾頭から眉山、目じりまでは2:1が美しく見えるそうです。
黄金比率を知って眉毛メイクをすることと、知らないですることでは大きく意味が変わってきます。
眉毛メイクで美しくしたいならば、黄金比率はしっかり知っておくべきでしょう。

眉毛の種類を知っておく

基本的に眉毛にはアーチ眉と平行眉のふたつがあります。
それぞれの違いを知らないまま眉毛メイクをしてしまうと、ちぐはぐになりかねません。
眉毛メイクにもアーチ眉向け、平行眉向けとあるので自分の眉毛がどちらなのかを知っておく必要があります(;´∀`)
アーチ眉なのに平行眉向けのメイクをすると、なんていうか変ですよね(^_^;)

目標とする印象によって使い分けたい眉型

眉毛の形は、こんな印象にしたいという目標によって使い分けることができます。ビジネスシーンでデキる女性を演出したいときは、平行眉。合コンやデートでは、アーチ眉にしてやさしい女子アピールをするなんてことも可能です。

特に丸顔と相性がいいのは、カーブのついたアーチ眉。かわいらしい印象にもなり、若見え効果もあります。短めにすると頬のふっくら感が目立ってしまうので、長めの眉に描くのがポイントです。

丸顔に似合うのはアーチ眉

基本的に丸顔に似合うのはアーチ眉と言われています。
平行眉の人もいるでしょうが、メイクである程度カバーできるので安心してください!
丸顔の人でアーチ眉であれば、メイク映えをしやすい眉を持っていると考えましょう。
丸顔だからこそ丸みを帯びたアーチ眉が似合うんでしょうね(^▽^)/
眉毛メイク次第で可愛さや綺麗さを出すことができるので覚えておきましょう!

平行眉との違い

眉毛の形は大きく2つの種類に分けられます!
オルチャンメイクの流行とともにメジャーになった平行眉ですが、定義としては、眉頭から眉尻まで角度がほぼついていないまっすぐで平行な眉毛のことをいいます。

一方、アーチ眉の形は全体的に丸みがあって、ふんわりとしたカーブがかかっているのです。
ナチュラルな印象を受けるアーチ型は、やわらかなイメージを与えたいメイクにぴったりです!

トレンド

ここ6~7年で一躍トレンドになった韓国風のメイクですが、主役のひとつは太めでナチュラルな美しさが際立つ平行眉でした。
そろそろ流行りも移り変わって、太めでナチュラルな印象は変わらないものの、眉の形はアーチ型がよりトレンド感をもちつつあります!

丸顔は、そんな最先端のアーチ眉が一番似合う顔のかたちなんです♪

丸顔をホッソリ小顔に見せる眉毛の形とは?

丸顔はアーチ眉との相性がよいのですが、ふんわりした感じよりホッソリした小顔に見せたいときもあるでしょう。同じ種類の眉型でも、長さや角度によって違った雰囲気に見せることができます。どうしたら丸顔をホッソリ見せることができるか、紹介しますね。

太めでまっすぐ!がキリッと引き締まる

アーチ眉の印象は、ふんわりしたやわらかな雰囲気です。眉毛がカーブしていると、どうしても丸さが強調されがち。これに対して、まっすぐ平行に伸びたストレートな眉毛は、キリッと引き締まった印象になります。太めにするのも、効果ありです。

眉尻にかけてはやや下がるとバランス良し

平行眉でキリリとした印象にするとしても、眉尻までが真一文字だと顔全体のバランスがおかしくなってきます。眉が平行で、頬はふっくらしていることから、アンバランスなのです。対策としては、眉山から眉尻のラインを気持ち下げて細めにするとよいでしょう。

眉頭の位置と角度をスッキリさせる

眉毛の印象を大きく左右するのが、眉頭です。眉頭がどこにあるか、どのくらいの角度になっているかで、目鼻立ちの印象が変わってきます。

眉頭は、75度の角度にすると目鼻立ちが際立ってメリハリのある顔に見えます。小鼻の真上を目指して起点にすると、ちょうどいい角度をとることができます。

ゆるいカーブのアーチ眉にしたい場合は?

丸顔とアーチ眉は相性がいいといっても、丸顔で悩んでいる人にとってはアーチ眉に抵抗があるかもしれません。ただし、アーチ眉は太さや長さでも印象を変えやすいので試してみて損はない形。太さの強弱をつけるなどして、丸顔コンプレックスをカバーする方法を紹介しますね。

どんなアーチ眉にするかをイメージ

眉毛は、いきなり描き始めるのではなくどんな形にするか決めてから描くようにしましょう。眉頭は薄めに、左右の眉毛の間隔もとっておくと、後で調整しやすくなります。

眉山は、ゆる~いカーブにするのがポイント。眉尻は、目尻より1cmくらい長めに描くとスッキリした顔に見えます。

髪色よりやや明るめのカラーを選ぶ

アーチ眉を描くときは、ペンシルを使うと上手くいきます。髪色よりやや明るいカラーを選ぶのが、ナチュラルに仕上げるコツ。濃いめのカラーにしないように、眉頭は後でパウダーで仕上げたいのでペンシルで描かないでおくことも大切です。

アーチ眉のカーブはフェイスラインを意識

フェイスラインをスッキリ見せるには、アーチ眉のカーブが重要です。眉山の位置も、決め手。黒目の目尻寄りにあるアウトラインの真上に決めると、上手にカーブを描けます。眉尻は、目頭側をややストレートに描くようにしましょう。

きれいな眉の描き方

眉って、自分で対象に描くのが難しいですよね……。
きれいな眉を描くコツはどんなものがあるのでしょうか??
自眉の整え方から、使うアイテムまで詳しくご紹介します!!

まずは整える

眉毛には髪の毛と同じように生え向きや毛並みがあるので、最初にアイブロウコームやスクリューブラシを使ってとかして整えます。
毛のあいだにファンデーションなどがたまっていると、眉を描いたときムラになってしまって描きづらくなるのでしっかり整えることが大事!!

とかす時は、眉頭の下から上に、眉の中心や目尻は横に向かって毛をなでつけるのがポイント♪

ペンシル

自眉を整えたら、眉山~眉尻に向かってアイブロウペンシルで形を整えます。
毛の密度が足りないところに描き足す感じで、眉尻へいくにつれて濃くなるグラデーションを意識しましょう!

左右対称に描くコツは、まず上手く描けるほうの眉だけ描けたら眉山の位置を確認します。
たとえば、目尻の真上、黒目外側の真上、といった具体的な目安を探してからもう片方もそれに従って描くと失敗しづらいです♪

眉マスカラ、眉ティント

今っぽいヌケ感のあるメイクに仕上げるには、眉も重要な要素!
髪色とバランスをとりながら、少し明るめの眉マスカラをつけると顔全体に立体感もプラスされておしゃれ顔になれます♡

左右対称に描くために集中力を要する眉メイクですが、前日に塗ってペリペリはがすタイプの眉ティントを使えば朝のメイクタイムはかなり時短に!!
一度つければ2~3日もってくれるのでおすすめ♪

眉毛に関する知識を取り入れて丸顔メイクの対策にしよう

眉毛に関する悩みを持っている人の多くが「眉毛に関する知識」を持っていないことが多いんです。
私の眉毛変だな~と思っても調べることまでしない人が多いんじゃないでしょうか?
調べることで「変だな」と思う部分のカバーをすることはできるんですよ(^▽^)/
だから眉毛に関して諦めずに、しっかりと自分に合う眉毛メイクをマスターするようにしましょう(*´ω`*)
TOP