一重をメイクで大きく見せる!目がぱっちり見えるメイク方法!

一重をメイクで大きく見せる!目がぱっちり見えるメイク方法!

一重で目のが小さいと感じて、大きく見せたいと思う人もいるでしょう。 しかしメイクのやり方を学べば、理想のぱっちりした大きな目に近づけるのです。 ここでは一重をメイクで大きく見せる方法を解説します。
一重で目のが小さいと感じて、大きく見せたいと思う人もいるでしょう。しかしメイクのやり方を学べば、理想のぱっちりした大きな目に近づけるのです。

ここでは一重をメイクで大きく見せる方法を解説します。

イシャドウにはオレンジ系を


一重まぶたに暖色系のアイシャドウを使うと腫れぼったくなりやすいですが、下まぶたに付けると実は一重ならではのメリットがあります。オレンジ系アイシャドウを選ぶポイントも解説します。

涙袋を強調できる

一重でぽってりと厚みのあるまぶたの場合、オレンジ系を塗ると膨張し腫れたように見がちです。しかし下まぶたにつけると涙袋が映えて強調されるため、目を大きく見せられます。また、涙袋があることで目周辺の空白が埋まります。これにより小顔効果も期待できるのです。

さらに、オレンジ色を下まぶたに塗ることにはメリットがあります。それは目の下のくまやくすみをカバーすることができるというもの。肌に馴染みやすいオレンジだからこそのメリットですね。

下まぶたにオレンジ系の色を使うときは、上まぶたは立体感を出すためにグラデーションがおすすめで、ナチュラルに仕上がるよう心がけましょう。

下まぶたにラインをプラス

下まぶたにアイシャドウだけでなくアイラインも描くとさらに涙袋が強調されます。下まぶたのまつげの生え際の粘膜部分に、ブラウンのペンシルでアイラインを描きましょう。

シアータイプがおすすめ

シアータイプとは簡単に言うと透明感が高いことで、一重のメイクに使うアイシャドウは透明感を感じられるコスメが最適です。そしてほのかにパールを感じられるアイシャドウにすると、上品な輝きが目元にプラスされ目を大きく見せます。

ただし輝きがあれば良いとラメ入りを選べば輝きが強すぎてまぶたが強調されるので、ラメを使いたいときは控えめがおすすめです。

目尻にポイントを置いたアイラインに


一重で目を大きく見せるにはアイラインの入れ方にも工夫が必要です。次のポイントを押さえたアイラインの引き方で、ぱっちりした大きな目を演出しましょう。

黒目から目尻まで

黒目の辺りから目尻に向かってアイラインを引くと、自然でありながら目元が強調され大きく見えます。上まぶたを軽く引き上げながら描くと、よりきれいにラインを引きやすいです。

そしてやや目尻からオーバーするように描くと目が大きく見えます。さらに目力のある大きな瞳になるようメイクしたい場合は、目頭から目尻まで引きます。

下まぶたは点で描く

下まぶたへは上まぶたのように1本のラインでは描かず、点を置くように描きましょう。にじみラインと呼ばれる、点で描いてあいまいなラインを作る方法でぼんやりしたアイラインができあがります。目を閉じたときにできる影を下まぶたへ入れる感覚で描くと、自然に仕上がります。

眉をメイクでまぶたに近づける


目と眉の間が広い一重の場合、目が小さく見えやすいと言われています。そのため眉のメイクでその間を理想的な比率に調整し、目を大きく見せましょう。

眉を下側へ広げる

眉を描くとき、下側をまぶたの方へやや広めに描くと目が大きく見えます。ほとんど眉毛のない部分にペンシルで描くと不自然になるため、まずリキッドやペンシルで眉毛を1本ずつ描き、パウダーでぼかすように描き足すと自然な仕上がりになります。

目の縦幅:目と眉の比率が1:1

目を開いた状態の目の縦幅と、目と眉の間の比率が1:1が黄金比で最も美しく見えると言われます。目と眉の間が広くなりがちなので、眉を下に広く描く方法やアイシャドウ・アイラインのメイクを併せて行い、黄金比を実現しましょう。

一重はメイクで大きく見せよう


一重のメイクには、目を大きく見せるためのアイシャドウの塗り方やアイラインの引き方、眉の描き方があります。目の大きさはメイクの方法次第で自由にアレンジができるので、理想の大きな目になってみましょう。

TOP
無題ドキュメント