就活では好印象が大切!明るい印象を与えるZOOMメイクのポイント

就活では好印象が大切!明るい印象を与えるZOOMメイクのポイント

テレワークやリモート飲み会など、ZOOMなどを利用して人とコミュニケーションを取る機会も増えています。 就活においてもweb上で面接をするなどといったケースもあります。 面接などでは好印象を与えることが大切ですが、web越しの顔は普段と違って見えるもの。 就活を成功させるための明るく、好印象を与えるメイク方法を紹介します。
テレワークやリモート飲み会など、ZOOMなどを利用して人とコミュニケーションを取る機会も増えています。就活においてもweb上で面接をするなどといったケースもあります。

面接などでは好印象を与えることが大切ですが、web越しの顔は普段と違って見えるもの。就活を成功させるための明るく、好印象を与えるメイク方法を紹介します。

ZOOM就活で好印象を与えるメイクの方法


ZOOM越しの顔はくすんで見えたり、クマが目立ったりしやすいものです。そういった顔は不健康そうに見えたり、疲れて見えたりして、よい印象を持たれないことも。明るく健康的な印象を与えるメイクのポイントには次の点があります。

表情を明るくしてくれるチークを活用する

顔色を健康的に見せてくれるのがチークです。普段はチークを使わない人もいると思いますが、チークを入れるだけで健康的な明るい印象を与えることができます。

ブラシで顔のやや内側にコーラル系のチークを入れましょう。少し濃い目に入れてもweb上なら適度な色になります。最初から量をたくさん取って塗ってしまうと失敗したときにカバーするのが難しくなるので、少量ずつ塗っていきましょう。

ピンク系のベースを使う

ファンデーションを塗り重ねてしまうと、厚塗り感が出たり、顔が白っぽくなり大きく見えたりしてしまいます。ファンデーションよりも、化粧下地やコントロールカラーを使うのがおすすめ。顔色を明るく見えるにはピンク系の下地を使いましょう。

青み系のリップは避ける

口元に色がないと顔が引き締まりません。リップはしっかり塗るようにしましょう。その際に注意したいのが色です。

顔を明るく見せるには赤やオレンジなどの濃い色がおすすめですが、青みが強いものは避けた方がよいでしょう。渋い色だと顔が暗く見えてしまいます。明るく発色のよいリップを選びましょう。

明るい印象を与えるためのポイント


明るく健康的に見えるメイクをしたら、さらに好印象を与えるために表情や話し方にも配慮が必要です。ZOOM越しの就活で明るい印象を与えるためのポイントを紹介しましょう。

表情はいつもより大げさに

web上では表情が伝わりにくいため、いつもよりも大げさに表情を作ることを意識しましょう。表情が乏しいと好印象を与えられません。特に面接などは緊張して顔が硬くなりがちです。

笑うときは口角を上げて歯を見せるくらいに笑う、話を聞いているときは大きくうなずくなど、いつもより大げさな表情を作るようにしましょう。

背景にも注意

見落としがちなのが背景です。在宅で面接を受ける場合、部屋の中が相手によく見えてしまうものです。

背景がごちゃごちゃしていたり、片付いていなかったりすると、だらしない印象を与えてしまいます。できるだけスッキリとした背景になるよう、ある程度片付けておきましょう。

普段よりゆっくり話す

web上での会話はなかなか難しいものです。慣れている場合もありますが、それは相手にとっても同じことと考え、タイミングをつかみやすくする話し方が必要です。

いつもよりゆっくり、少し高い声になるよう意識して話をしましょう。

ZOOMに慣れておくことが大切


ZOOMでの会話は顔が見えるとは言っても、直接会って話をするのとはやはり違います。会話のタイミングや雰囲気、表情などは伝わりにくく、また上手く感じ取れないこともあるでしょう。

TOP
無題ドキュメント