仕事先で「濃い」「厚化粧」と思われないメイクのコツ

仕事先で「濃い」「厚化粧」と思われないメイクのコツ

仕事先でもキレイでいたい、とメイクをしっかりしていると「濃い」メイクになってしまうことがあります。 女性としては自然なつもりのメイクでも、男性から見ると厚化粧に見えてしまうことも。 濃いと思われないメイクのコツを知っておきましょう。
仕事先でもキレイでいたい、とメイクをしっかりしていると「濃い」メイクになってしまうことがあります。女性としては自然なつもりのメイクでも、男性から見ると厚化粧に見えてしまうことも。

濃いと思われないメイクのコツを知っておきましょう。

「濃い」と印象づけてしまうメイク


濃いメイクや厚化粧は特に男性にはよい印象を与えないことも多いです。化粧を取るとどういった顔になるのかわからない、メイクではなく仕事にも集中してほしいなど、好感度が下がってしまうことも。

自分では濃いつもりはなくても、周りから見るとそう見えてしまうこともあります。濃いと印象づけてしまう原因を把握しておきましょう。

厚塗りのファンデーション

濃いと印象づけてしまうのはアイメイクやリップだけではなく、肌色や肌の状態にも原因があります。特に透明感のないマットな肌は、ファンデーションの厚塗りに見えがちです。

実際、シミやニキビ跡を隠したくて何度もファンデーションを塗ってしまうと肌に透明感がなくなってしまいます。首と顔の色が違うことも、厚塗りに見えてしまう原因。

また、メイクをする場所が暗いと必要以上にファンデーションを塗っていることもあります。

真っ赤なリップ

唇に真っ赤なリップを塗っていると、口元だけ浮いてしまい派手な印象になることも。肌色にはイエローベースとブルーベースがあり、自分の肌色を把握していないと似合わない赤を塗ってしまい唇だけ目立ってしまうこともあります。

また顔全体のメイクとバランスが取れていないと、厚化粧に見えたり、メイク下手に見えてしまったりすることもあります。

付けまつ毛

長すぎる付けまつ毛やぼボリュームのありすぎる付けまつ毛は濃いメイクの印象になりやすいです。

目尻にだけ長い付けまつ毛をする方法もありますが、バランスが取れていないと不自然に見えてしまうこともあるので注意が必要です。

ダークなアイシャドウ

濃いブラウンアイシャドウやブルー系のアイシャドウなど、目の周りの色が濃いと厚化粧に見えることが多いです。アイメイクに力を入れる女性も多いですが、加減をしないとケバくなってしまいうことがあるので注意しましょう。

仕事で濃いメイクと思われないコツ


プライベートならなだしも、仕事先では濃すぎるメイクは避けたいものです。仕事先で濃いと思われないメイクのコツを紹介しましょう。

引き算メイクをする

アイメイク、リップ、眉毛などすべてにおいてしっかりメイクをすると濃くなりがちです。アイメイクに力を入れたらリップは控え目にするなど、引き算メイクをしましょう。

アイシャドウを単色にしたり、眉毛をペンシルではなくアイブロウでナチュラルに描いたりすると濃すぎないメイクになります。

最初にリップを塗る

最後にリップを塗るより、最初にリップを塗った方が引き算メイクはしやすくなります。リップの色に合わせてメイクができるので、顔全体のバランスが取れたメイクになるでしょう。

アイシャドウは単色づかいで

アイシャドウは単色の方がナチュラルな印象になります。グラデーションをつけたい場合は、境目をぼかし自然に見えるようにしましょう。

アイライナーはブラウンを使う

アイライナーを使うときはブラックではなくブラウンを使うのもおすすめです。ブラックよりも自然でやわらかい印象になるでしょう。

スキンケアとベースメイクで透明感のある肌に

ファンデーションの厚塗りを避けるには、ベースメイクが鍵。スキンケアをしっかりした後、化粧下地を塗ることでファンデーションが肌になじみやすくなります。

ヨレたり、化粧崩れをしたりしにくくなるので、重ね付けする必要もなくなるでしょう。パール感のある化粧下地を使ったり、コントロールカラーを使ったりすることで、肌に透明感を出したり、血色のよい肌色になれたりします。

メイクをする際には自然光が入る窓際がおすすめです。

濃いと思われないメイクのコツをつかもう


キレイに見られたくてメイクをしっかりしているのに、濃いと思われてしまうと逆効果です。メイクのバランスが取れているか、アイメイクが濃くなっていないかなど、改めて自分のメイクを見直してみましょう。

TOP
無題ドキュメント