モテるあの子と私の違い。それは、ベースメイクだったんです。愛され肌を作るハウツー

モテるあの子と私の違い。それは、ベースメイクだったんです。愛され肌を作るハウツー

モテメイクをしようとしても、ベースをどうすればいいか悩む人も多いですよね(;^ω^) ベースメイクはしっかりした方がいいのか、それとも控えめがいいのかと悩む人は多いです。 今回は、モテメイクを映えさせるためのベースについて紹介していきましょう!

モテメイクのベースのためにはどうすればいい?

こちらでは、モテメイクのベースのためにはどうすればいいのかを見ていきましょう。
ベースメイクを映えさせるためには、どんなことが大切なのか覚えておいてくださいね。

血色の良さ

モテメイクのために欠かせない肌、それは血色の良い肌です(`・ω・´)
血色が悪いとメイク自体も暗くなってしまうので不健康に見えるんですよね(;^ω^)
肌質などにもよりますが、普段から血色が悪く見える人はトーンアップして血色の良さをアピールするようにしましょう!

透明感のある肌

透明感のある肌って艶やかな雰囲気がありますよね(n*´ω`*n)
保湿をしっかりすることで透明感のある肌に導くことができます。
モテメイクには透明感のある潤い肌が欠かせないのだと覚えておきましょう!

ナチュラルメイク

モテメイクと言っても派手なメイクをすればいいわけではありません。
控えめなメイクこそモテメイクの基本と言っていいでしょう。
そのため、ナチュラルメイクを心掛けるようにしてください。
ナチュラルメイクで女性らしさを前面に出して、異性をクギヅケにしちゃいましょう♪
ただ、控えめすぎてほぼすっぴんに見られないようにしてくださいね(;^ω^)
意外と控えめにし過ぎる人って多くいるんです……。

モテメイクのベースで覚えておくこと

こちらでは、モテメイクのベースで覚えておきたいことについて見ていきましょう。
どのようなことを覚えておくべきか、しっかりチェックしてくださいね(`・ω・´)

ベースメイクは素肌より少し綺麗に見える程度

ベースメイクは薄過ぎても濃すぎてもいけません(・_・;)
素肌より少し綺麗に見える程度を意識するようにしましょう。
ベースメイクを濃くしてしまうと、ほうれい線が目だったりしてしまいます。
逆に素肌より少し綺麗程度に抑えておくとほうれい線も目立ちにくいんです!

ファンデーションは薄く塗ろう

ファンデーションを厚塗りにしてしまうと、モテメイクの雰囲気から外れてしまいます。
濃いメイクが悪いわけではありませんが、ふんわりとした女性らしさを出したい場合はファンデーションは厚塗りではなく薄く塗るようにしましょう。
ナチュラルメイクを意識することで、異性の心をグッと掴むメイクに仕上がります(n*´ω`*n)
逆に濃いメイクは異性からもあまり評判が良くなかったりします(;´∀`)
人によっても変わってくるのでしょうが、濃いメイクが苦手という人もいるのだと覚えておきましょう。

ラメやパールは控えめに

ファンデーションやアイシャドウにはラメやパールが入っているものもあります。
でも、ベースメイクを控えめにしてもラメやパールが目立ってしまえば、せっかくのナチュラルメイクも台無しになりかねません(・_・;)
絶対にラメやパールがだめというわけではありませんが、使うとしても控えめにしましょう。
メイクの雰囲気次第では使用を控えた方がいいかもしれませんね(;^ω^)

モテメイクのベースは引き算も大切!

モテメイクのベースは足し算だけではなく引き算も覚えましょう。
引き算をすることでメイクのバランスが良くなったりなど、メリットも大きくあるのです。
引きすぎない程度にしなければいけないので若干さじ加減が難しいんですけどね(;^ω^)
簡単に言えば「派手に感じないメイク」を心掛けるようにしましょう。
派手に感じないということを意識するだけでも、ナチュラルメイクになりやすいですよ!
TOP
無題ドキュメント