【一重さん用】重たいまぶたに負けない!!大人メイク法

【一重さん用】重たいまぶたに負けない!!大人メイク法

もともと腫れぼったい一重さん、アラフォーになるとまぶたの下がりもあり余計に気になっているという方も少なくないと思います。 この記事では大人メイクによって新たな一重のお悩みを解決していこうと思います!

メイクは一緒なのに何かが違う・・・

最近そんな風に悩んでる方、いませんか?
自分も歳を重ねて顔が変化していっていますから、メイク方法も今までと一緒ではいけないんです。
今の自分に合わせてメイクも進化させていきましょう。

重たいまぶたを持ち上げる方法

ビューラーとマスカラで持ち上げるのが一般的ですが、よりまぶたの重みが気になる方はエクステをつけるのも一つの手です。
二重にするアイテープの代わりに自まつげから二ミリほど離してつけまつげをつけるという方法もあります。
時短にもなりますし、オススメです。

ここで気をつけたいのはなるべく自然なものを選ぶということです。
ゴテゴテしたつけまつげだと下手な若作りになりかねないからです。

アイラインをいつもより長く

ほんの数ミリで印象がかなり変わるのがアイライン。
いつもより2ミリほど長く引いてみてください。
ハネる必要はありません。

一重さんの基本メイクになりますが、アイラインはブラックではなくブラウンやネイビーを使用してください。
アイアライナーにブラックを使用すると一重さんはキツい印象を与えることがある為です。
アイライナーの色を変えるだけでも、優しい雰囲気にすることができますよ。

長年一重とつきあってきた方ならわかるかと思いますが、太いラインをむりやりひくのも一重メイクには実は有効ではありません。
人の顔は正面だけではなく目をつぶることもあります。
目を見開いた時だけではなく、どの瞬間の顔も美しくありたいものですよね。

大人メイクの留意点

今までのメイクが似合わなくなったのは大人メイクの気をつけたいポイントを知らなかったから。
そこを気にとめてメイクすれば今の貴方にふさわしいメイクになるはずです。
今までのメイクとどんなところが違うのかみていきましょう。

チーク

目元だけではなく頬もたるみがきになる・・・
どことなく面長になった気がする・・・
チークで血色良く、若々しい印象に。
入れ方でリフトアップ効果も狙えます。
ピンクではなく、肌なじみの良いコーラル系やオレンジ系がオススメです。

ファンデーション

大人メイクではパウダーよりもリキッドタイプのものを。
また、厚塗りするのではなくベースをしっかりと整えましょう。
メイクを始める前の化粧水、クリームなどの下準備も大切です。
隠したいところはファンデーションではなくコンシーラーに重きをおいてください。

アイシャドウ

一重さんと言えばグラデーションアイシャドウが良く似合います。
大人メイクにする為に注意したいことは、ラメです。
肌なじみの良い微粒子のパールなら良いのですが、主張の強いラメをのせてしまうと今の肌質と合わない場合がよく見られます。

リップ

今までと一番違うのがリップかもしれません。
作業工程がひとつふえるからです。
それは輪郭をしっかりとること。
だんだん唇の山がぼんやりとしてくるのでしっかりと山を際だたせてあげるのです。
下唇の外枠をコンシーラーで消し、口角をあげるのも若々しい印象を与えるのに大切な手順です。
唇の縦しわが気になってきたらリップベースを使ってみるのもいいでしょう。

メイクする喜び、進化していく自分

盛りすぎず、足すところ、ひくところを見極める。
大人メイクで大事なことはいかにナチュラルに美しさを引き出すか。
一重にも二重にもそれぞれいいところ、悪いところがあります。
一重さんは二重の人よりもシワが目立ちにくいというメリットもあります。
視界をひどく妨げるレベルの重さでなければ、そのまぶたを活かしたメイクをみつけましょう。
その時その時の自分にしかできないメイクを大いに楽しんでいきましょう!
TOP