はれぼったい一重をメイクで解消する方法

はれぼったい一重をメイクで解消する方法

一重の人ははれぼったさが気になる、という人も多いものです。 アイメイクをすると余計にはれぼったさが目立ってしまうことも。 一重さんがアイメイクをする際には、注意しなければならないポイントがあります。 一重さんのはれぼったさをカバーするメイク方法を紹介します。
一重の人ははれぼったさが気になる、という人も多いものです。アイメイクをすると余計にはれぼったさが目立ってしまうことも。

一重さんがアイメイクをする際には、注意しなければならないポイントがあります。一重さんのはれぼったさをカバーするメイク方法を紹介します。

一重を立体的に見せるメイク方法


一重のはれぼったい感じを少しでもやわらげるには、立体的なアイメイクがおすすめです。今まで単色づかいでアイメイクをしていたという人は、グラデーションで立体的にしてみるとよいでしょう。

一重を立体的に見えるメイクポイントを紹介します。

グラデーションで陰影をつける

立体的にするにはアイシャドウをグラデーションにすることです。色の濃淡をつけることで陰影ができ、立体的な一重になります。立体的になると同時に印象的な目になるでしょう。

方法は目から眉毛に向かって薄くなるようにグラデーションをつけていきます。目のキワは濃い目のブラウンにして、アイホールに向かって薄いブラウンを塗りましょう。

アイラインは細くキワに入れる

目の印象を強くするためにもアイラインを入れます。アイラインは細く、できるだけキワに入れるようにしましょう。

ペンシルよりもリキッドアイライナーがおすすめ。まつ毛とまつ毛の間を埋めるようにていねいに塗りましょう。

目尻を濃くする

まぶたに濃淡をつけることで立体感が出ますが、縦方向だけでなく、横方向のメイクもポイントです。

そのためには目尻に濃い色のアイシャドウを使いましょう。薄い色と濃い色の境目はぼかして自然なグラデーションにすることも必要です。

まつ毛はしっかりカールさせる

まつ毛はしっかりカールさせ、マスカラを塗ります。根本からしっかりと塗り、毛先はダマにならないように注意します。

毛先が重いとカールが取れやすくなるので、まつ毛の先はコームなどでとき、ダマにならないようにしましょう。

注意したい一重のNGメイク


一重の場合は、ただアイシャドウを塗ったアイメイクをすればよいといものではありません。メイクの方法によってはかえってはれぼったくなったり、目が小さく見えてしまったりすることがあります。

メイクをしても失敗ばかり、という人はメイクの方法が間違っているのかもしれません。一重の人が注意したいアイメイクのポイントについて知っておきましょう。

ブラックのアイラインを太めに描く

アイラインを引くのはおすすめなのですが、太めに描くのはNGです。アイラインは目を強調し、印象づけるのに役立ちますが、一重の場合太めに描くと目が小さく見えてしまいがち。

また太めに描いてしまうと、目を閉じたときにラインがくっきり見えてしまいわざとらしさが目立ってしまいます。ブラックは目立つ色なので、ラインの幅には注意しましょう。

単色のアイシャドウ

平面的なまぶたに単色のアイシャドウを塗ると、より平面的に見えてしまいます。濃い目のブラウン系カラーを単色塗りすると重くなり、パステルカラーを単色塗りするとはれぼったさが目立ってしまいます。

はれぼったさをカバーするには立体的なアイメイクが必要。複数の色を重ねて立体的にした方がよいでしょう。

眉毛を細く描く

アイメイクを強くした場合、眉毛はあまり目立たせないほうが厚化粧に見えないと言われています。

しかし、目立たないようにと眉毛を細くしてしまうとバランスが悪くなってしまうことがあります。眉毛は適度な太さがあった方が、顔全体のバランスがとくなるものです。眉毛の太さは全体を見ながら太さを決めましょう。

立体メイクではれぼったい一重を解消しよう


どんな色を塗っても目がはれぼったくなってしまう、という悩みを持つ一重の人は少なくないでしょう。一重のはれぼったさを解消するには、立体的になるようなアイメイクが必要です。

またアイラインの引き方や顔全体のバランスを考えたメイクなど、一重の人が注意したい点を把握し、はれぼったさを解消しましょう。

TOP