マスクをする前提でのメイク方法って?アイメイクだけでもOK?

マスクをする前提でのメイク方法って?アイメイクだけでもOK?

出かけるときにはマスクをするのがすっかり当たり前になってしまいました。 でも、マスクをしている間は顔の半分が隠れてしまってもったいない気もしますよね。 素肌をきれいに見せつつ、アイメイクできちんと感を出すワザをご紹介します!
出かけるときにはマスクをするのがすっかり当たり前になってしまいました。でも、マスクをしている間は顔の半分が隠れてしまってもったいない気もしますよね。素肌をきれいに見せつつ、アイメイクできちんと感を出すワザをご紹介します!

マスクをするときのメイクはノーファンデ&アイメイクだけ!

マスクが手放せない時代には、思い切ってノーファンデにアイメイクだけという方法にチャレンジしてみませんか?

ノーファンデは崩れにくいだけでなく、肌荒れリスクも減らしてくれます。マスクは湿度や温度、こすれなどで肌荒れの原因にもなったりするので、荒れにくい肌をキープしておくことで日々のストレスが軽減されます。

ノーファンデでも、アイメイクをすることで全体的に小綺麗にまとめることができます。

マスク+メイクは清潔感を意識して

マスクそのものが顔の半分を占めるので、印象として無視できないアイテムになってきますよね。マスクとメイクを合わせるなら、清潔感のある仕上がりを心がけるようにしましょう。

メイク下地でくすみを飛ばして素肌美人に

ノーファンデメイクの場合、下地選びが重要になります。

下地は、自分の肌タイプにあわせて選ぶようにしましょう。自分の肌の透明感を引き立ててくれるような下地を選んで、くすみやムラを感じさせない素肌感メイクのベースを作っていきます。

マスク+アイメイクだけで仕上げるときの仕上げ方

実際に、マスク前提のメイクをするときのポイントをご紹介していきます。

マスクをしていると、通常のメイクのようにリップカラーで印象を締めたり、陰影をつけたりするのが難しくなります。

そのため、いつもとはちょっとちがうコツが必要になってくるんです。

平坦に見えがちなベースメイクは立体感を持たせるのがコツ

顔の下半分、鼻先や口元、あごの輪郭などがまるごとかくれてしまうのがマスクです。

そのため、どうしても顔の印象がのっぺりと平坦にみえてしまいがちなのが悩みですよね。私も、目元がぱっちりしたタイプではないので、マスクをするとすごく地味に見えてしまうのが気になります

…(> <)

少しでも立体感を見せるには、うすくハイライトを入れるなどして額と鼻筋の立体感をさりげなくアップさせると、それだけでも印象が変わります。

アイメイクは涼やかに仕上げよう

アイメイクそのものは、目ヂカラを強調するというよりは涼しげな仕上がりを目指すほうが好印象といえます。

とくに、アイラインやまつげは太くなりすぎないようにしないと悪目立ちしてしまいます💦
アイラインはすっと細く入れ、マスカラは一本一本をきれいにセパレートしながら長さを出してくれるものを選ぶのがおすすめです。

マスクをしていると、目元は強調しなくても一番に目につくので、実は印象を強める必要があまりないんです。

かえって、きれいに長くのびたまつげが映えて見えるなんてことも多いんですよ。

アイメイクだけで済ませる場合でも、マスクを外したときを意識して

マスクをしている間はいいですが、人との食事など一時的にマスクを外すことも意外に多いものです。

そんな時、マスクの下が残念…なんてことにならないように、気をつけるべきポイントをお伝えします。

リップは落ちにくいタイプのものを使おう

マスクを外す可能性があるときは、リップカラーもあったほうがいいでしょう。その場合、マスクにつきやすく落ちやすいグロスタイプではなくティントタイプのものを選ぶようにします。

いつマスクを外してもきれいに発色していて、なおかつ、マスクを外したときの印象でギャップ効果も狙えますよ♪

ファンデーション厚塗りはメイク崩れのもとに

上でもノーファンデをおすすめしましたが、マスクを外した場合をかんがえてもやはりファンデ厚塗りは避けたいところです。

マスクを外したらメイク崩れがひどい、なんてことになると悲しいですよね😢

下地+パウダーですませるか、ミネラルファンでなどの軽いつけ心地のものを選ぶのがオススメです!

マスク時代のメイクは印象的な目元を作ってアイメイクだけで魅せるのがコツ

マスク美人、という言葉が昔からあります。目元だけが見える状態は、意外と美人見えするというメリットもあるんですよ。マスクが手放せない時期、マスクを味方につけて目元美人を目指しましょう。
TOP