じつはマスクのほうがキレイ?マスクで目指す小顔メイク!

じつはマスクのほうがキレイ?マスクで目指す小顔メイク!

マスクが当たり前の生活になって、メイクが楽になったという人も多いでしょう。 一方で「マスクだといつものメイクが変」、「マスクだとなんか垢ぬけない」なんて声もあがっています。 しかし、意外なことにマスクはメイクを工夫するだけでより手軽に美人になれるアイテムです。 マスクで目指す小顔メイクをまとめました。
マスクが当たり前の生活になって、メイクが楽になったという人も多いでしょう。
一方で「マスクだといつものメイクが変」、「マスクだとなんか垢ぬけない」なんて声もあがっています。
しかし、意外なことにマスクはメイクを工夫するだけでより手軽に美人になれるアイテムです。
マスクで目指す小顔メイクをまとめました。

小顔に見せるマスクの選び方


小顔に見せるために大切なのがマスクの選び方。
いつもなんとなく買ったマスクを使っているという人はマスクから見直してみましょう。

サイズはジャストサイズ

マスクで小顔に見せるためにはサイズ感が重要です。
小顔に見せるために大きめのマスクをつける人もいますが、大きすぎると膨張して見えてしまいます。
サイズが合っていないと、顔とマスクに隙間ができてしまってマスクとしての機能に支障が生じる可能性もあるでしょう。

マスクを購入するときは、フェイスラインをシャープに見せるためにもジャストサイズのマスクを選びましょう。
マスクは下部分をラウンドにカットしたタイプのものが、顔周りがもたつかずにすっきりと見せてくれます。

マスクは正しくつけよう

マスクは適切なサイズのものを正しいつけ方でつけるようにします。
マスクをつける前に上下や裏表を確認しましょう。

初めにノーズフィッターを鼻にあてて隙間ができないようにフィットさせます。
ノーズフィッターを押さえながら、ゴムを耳にかけましょう。
プリーツを広げて全体を整え終わりです。

正しくマスクをつけるとほほとほほ骨がすっぽりと隠れます。
マスクを正しくつけるとフェイスラインとマスクがフィットしてシャープに見えます。
清潔感を演出するためにもマスクは正しいサイズのものを正しくつけましょう。

マスクで小顔に見せるポイント


マスクで顔が隠れることによって、他のパーツが目立つようになります。
マスクだからと手を抜かないようにしましょう。
マスクで小顔に見せるポイントをまとめました。

顔周りがすっきりしたヘアスタイルにしよう

フェイスラインが気になるという人は髪で隠そうとするかもしれません。
しかし、髪で顔を隠そうとすれば、より顔周りがもたついて顔が大きく暗い印象に見えてしまいます。

小顔に見せるには髪をアップにしたり、サイドにまとめたりして顔周りをすっきりとまとめましょう。

おでこをシェーディングして顔に立体感を

マスクをして顔に下半分が隠れることで、顔の上半分が目立つようになります。
特におでこがのっぺりと見えてしまうと顔が大きく見えてしまうでしょう。
おでこはシェーディングによって周囲の余白を埋めてナチュラルに小顔に見せましょう。
面長な人は顔の上部、丸顔の人はサイドにシェーディングすると顔のバランスが整います。

アイメイクはツヤで華やかに


マスクをしていると顔に色味が少なくて暗い印象になりがちです。
アイメイクはポイントでパールやラメを使って立体的に仕上げましょう。

目頭とまぶた中央にラメを使うことで目元に奥行きが生まれます。
パール感があるアイシャドウベースも自然に目元を華やかに彩ってくれるでしょう。
パウダーシャドウの前にアイシャドウベースを使うことで後のアイメイクも崩れにくくなります。

マスクの時は清潔感があるヘアメイクですっきり美人に


マスクをしているのにあまりに濃い化粧や逆に薄すぎるメイクはぼんやりとだらしない印象を与えます。
鼻から顎までマスクで覆っている分、他のパーツは丁寧に仕上げましょう。
いつもよりも明るめのアイシャドウを使うことで顔全体を明るく見せてくれます。
マスクも小顔に見せてくれるマスクが販売されるようになりました。
マスクの力とメイクの力で小顔美人を目指しましょう。

TOP
無題ドキュメント