在宅勤務でもOK!Zoom映えするおうちメイクのコツ

在宅勤務でもOK!Zoom映えするおうちメイクのコツ

コロナ禍の影響で在宅勤務の機会が増え、メイクをどうするか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。家ではメイクをしないという人もいるでしょうが、オンライン会議やオンライン飲み会などがあればそうはいきません。そこで、Zoomなどを使ったオンライン会議に最適な、メイクのコツをお伝えします。

コロナ禍の影響で在宅勤務の機会が増え、メイクをどうするか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。家ではメイクをしないという人もいるでしょうが、オンライン会議やオンライン飲み会などがあればそうはいきません。そこで、Zoomなどを使ったオンライン会議に最適な、メイクのコツをお伝えします。

おうちメイクのポイントは?程よい加減の美人顔を作ろう!


在宅メイクは、ベースメイクを薄づきにして、リップやチークを重視しましょう。画面を通したコミュニケーションになるので、ファンデーションでしっかりメイクをする必要はありません。逆に普段通りにメイクすると、やり過ぎ感が出てしまうことも。

かといってノーメイクだと肌の粗が目立ちますし、血色が悪いと暗い印象になってしまいます。そのため、ベースメイクはコンシーラーなどを使ってくすみを消し、リップやチークで血色の良い肌に見えるように仕上げましょう。
<おうちメイクのポイント>
①    ばっちりメイクではなく、薄づきメイクでOK!
②    ファンデーションは使わず、コンシーラーを活用する
③    リップとチークで血色良く仕上げる


それでは次に、それぞれのパーツのメイク法を詳しくお伝えしていきます。

ベースメイク


画面では毛穴やシワなどの細かい肌悩みは見えないので、基本はファンデなしでOKです。下地を付けてから、コンシーラーで目の下にあるクマやシミをカバーしましょう。特に目の下の部分が均一に整っていると、肌が綺麗に見えます。

また肌の過剰なツヤ感は、画面を通すとテカリに見えることも。フェイスパウダーで抑えたり、ハイライトはパウダーのものを使ったりなど、テカリ顔にならないよう気を付けてくださいね。
<おすすめコンシーラー>
◆ビッグカバーフィットコンシーラー /エチュードハウス(ETUDE HOUSE)

眉毛

眉毛をしっかりかくと、画面で見た時に強すぎる印象になってしまいます。特に眉頭はペンシルでかくのではなく、アイブロウパウダーでふわっと仕上げるのがおすすめです。眉の毛流れに沿って、少しずつ色を足していくと綺麗に仕上がりますよ。
<眉毛のかき方>
1.    スクリューブラシで毛の流れを整える
2.    チップの小さい方にパウダーを取り、眉尻からかいていく
3.    今度はチップの大きい方にパウダーを取り、眉頭から眉の中央までかく
<おすすめのアイブロウパウダー>
◆リシェ アイブロウパウダー BR-1 /ヴィセ

アイメイク

アイシャドウはお好みの色で構いませんが、色を多用せずに仕上げましょう。また、濃いブラウン系やオレンジ系の色だと、画面では影やくすみに見えることもあります。おすすめは、ベージュ系や青みのあるピンク系。ほどよい陰影で、画面でも綺麗に見えますよ。アイラインは目尻に入れる程度で構いません。
<おすすめアイシャドウ>
◆ベージュ系「ルナソル スタイリングアイゾーンコンパクト 01 ¥4,620(税込)/カネボウ化粧品」
◆青みピンク系 ワイドルックアイズ PK373 /インテグレート

まつ毛はどうする?

おうちメイクでは、あまりまつ毛にこだわる必要はありません。ただし、外出時のマスクメイクでは重要なパーツになるので、今どきのまつ毛メイクのポイントをお伝えしておきます。
<今どき大人まつ毛メイクのポイント>
①    カールし過ぎない ⇒ まつ毛は二重幅より出ない程度に上げる
②    マスカラは根本にしっかりつける ⇒ アイライン効果を狙う
③    ボリュームではなく長さを出す ⇒ ボリュームを出すと顔が重く見える
④    カラーマスカラを使う ⇒ オンライン会議には茶色がおすすめ
⑤    下まつ毛のマスカラは真ん中だけに塗る ⇒ アクセント程度に黒目の下だけに

カールし過ぎたり、ボリュームを出し過ぎたりすると、古臭い印象になってしまいます。今の旬は圧倒的に長さ重視です。また、アイシャドウの色に合わせたカラーマスカラを合わせるのもおすすめなので、ぜひチャレンジしてみてください。茶色のマスカラなら抵抗感なく使えますよ。

リップ

オンラインのメイクは、リップがとても重要です。画面の中で話していると唇に目がいきやすいため、リップをきちんとしているだけで、メイク感を出すことができます。ちなみに画面だと色が飛びやすいので、淡い色よりもいつもより少し濃いめの色がおすすめです。
<リップメイクに必須の3アイテム>
①    リップライナー
②    リップブラシ
③    リップ

リップライナーでしっかり唇の輪郭をなぞり、リップブラシで丁寧に色を乗せていきます。リップライナーの色は、リップの色よりも少し濃いものを選ぶと綺麗に見えます。
<リップメイクに必須の3アイテム>
①    リップライナー
②    リップブラシ
③    リップ

リップライナーでしっかり唇の輪郭をなぞり、リップブラシで丁寧に色を乗せていきます。リップライナーの色は、リップの色よりも少し濃いものを選ぶと綺麗に見えます。
<おすすめリップ3選>
◆発色をキープしたいなら・・・タトワージュ クチュール ベルベットクリーム /イヴ・サンローラン・ボーテ」
◆艶感を出したいなら・・・ドラマティックルージュ EX /マキアージュ
◆ナチュラル派には・・・リップティント /OPERA

チーク

青白い照明の光の下だと肌の血色が悪く見えるため、チークはきちんと入れましょう。通常のメイクだと、正面から見える目の下に入れますが、オンラインメイクでは顔の外側に入れるようにします。
<チークの付け方>
①    こめかみから指1本分下の位置から、ほおの高いところに向かって入れる
②    中指でなじませる
<おすすめチーク>
◆ミニマリスト ホイップパウダーブラッシュ /SHISEIDOメーキャップ
◆AQ ブラッシュ /コスメデコルテ

その他に注意するポイントは?ヘアやカメラの角度もチェック!

Zoomなどでのオンライン会議で気を付けるべきなのは、メイクだけではありません。おうちだと気を抜きがちなヘアスタイルや、カメラの角度にも気を配りましょう。

意外と目立つアホ毛やおしゃれゆる巻きに注意!

髪の頭頂部などに生えてくる短い毛、いわゆるアホ毛は、オンラインの背景が白壁だとかなり目立ちます。生活臭が出てしまう原因にもなるので、ワックスなどできちんと対処しておきましょう。

また、巻き髪をラフに崩したゆる巻きは、遠目にはおしゃれですが、画面上だとだらしなく見えることも。エアリーなニュアンスヘアがボサボサヘアに見えることがないよう、ヘアミルクなどで束感を出しておきましょう。なるべく顔に髪がかからないよう、軽くまとめておくのもおすすめです。
<髪を触る癖にも注意して!>
髪を頻繁に整えるクセなどは、意外と目に付いてしまいます。つい画面を鏡がわりにして、髪を触ることがないよう注意してくださいね。

カメラの角度を調整しよう!

パソコンに内蔵されているカメラの位置にも注目しましょう。至近距離で画面を見下ろすような場所だと、画像に映る顔は下からのあおり角度となり、下ぶくれや二重顎のように見えます。かといって上目遣いになるほど角度を上げるのは、狙っているようで恥ずかしいです。

カメラのベストな位置は、顔との距離が70cmほど離れていて、やや目線が下がるか同じくらいになる角度です。ノートパソコンの場合、PCの下にティッシュの箱などを置いて調整できます。画面から離れすぎると、表情がわからずコミュニケーションが取りにくくなるので注意してくださいね。近すぎず遠すぎず、適度な距離を保ちましょう!

照明は蛍光灯や専門ライトがおすすめ

暖色系のダウンライトは、おうちでくつろぐにはぴったりですが、オンラインには向いていません。なぜなら暖色系の照明は、ほうれい線や目の下にあるクマが目立たせる効果があるからです。
〇    暖色系ダウンライト ⇒ ほうれい線や目の下のクマが目立つ
〇    蛍光灯や専門ライト ⇒ 肌のアラが飛び、美肌効果がある

できれば自然光が一番なのですが、そうでなければ蛍光灯やデスクライトなどを使いましょう。ライトが用意できない場合は、パソコンと自分の間に白い紙を置くと、ラフ版のように光を反射してくれます。顔の影を飛ばして明るく見える効果があるので、気になる場合は試してみてくださいね。
自然光は順光で取り入れて!

パソコンの位置を調整できるなら、窓に向かって座るようにしましょう。すると、順光となり顔が綺麗に映ります。後光のように光を後ろに背負う「逆光」の状態だと、顔が完全に影になってしまい、まるでホラー映画のようです。顔に光が当たる順光であれば、肌の粗も目立ちにくいですよ。
〇 順光 ⇒ 顔が窓に向いており、自然光が当たって綺麗に見える状態。
× 逆光 ⇒ 窓が背中側で後光が差している状態。顔に影がかかって怖くなる。

表情にも気を配ろう!

画面上での無表情は、ともすれば不機嫌なようにも見えてしまいます。オンラインで上手にコミュニケーションを取るためには、表情にも気を配るようにしてみてください。過剰に笑う必要はなく、口角を上げるだけで十分笑顔に見えます。

また、画面がつながるか調整している時に急にオンになり、油断している顔が画面いっぱいに映し出されてしまった……なんていう体験談も。そんな事態を避けるためにも、設定している時からある程度の緊張感を持っておきましょう!

テレワークから通常勤務に戻ったという人も多いかと思いますが、今後もオンライン会議の機会はあるものと考えられます。ぜひ今回の情報を参考に、オンライン対応のおうちメイクや、キレイに映るコツなどをマスターしてみてくださいね。
執筆者:ちいくん
広告営業からライターへ転身した2児の母。美容や生活雑学などの記事のほか、FP2級の資格を活かして金融系の記事も執筆しています。自身のブログで在宅ワーママとしての日々を発信中です。
TOP