二重さんが覚えておきたいアイラインの書き方とは?

二重さんが覚えておきたいアイラインの書き方とは?

目元の種類によってアイラインの引き方などが変わってきます。 ぱっちりした目元の二重さんにはアイラインの悩みなんてないと思っていませんか? 意外とくっきりしすぎるという悩みを持っている人も多いんです(;^ω^) 今回は二重さんにおすすめのアイラインの書き方について見ていきましょう!
目元の種類によってアイラインの引き方などが変わってきます。
ぱっちりした目元の二重さんにはアイラインの悩みなんてないと思っていませんか?

意外とくっきりしすぎるという悩みを持っている人も多いんです(;^ω^)
今回は二重さんにおすすめのアイラインの書き方について見ていきましょう!

二重さんにおすすめのアイラインの書き方とは?

こちらでは、二重さんがアイラインを引く時に覚えておきたいことを見ていきましょう。
どんな書き方を覚えておけばいいのか知ることで、アイラインの悩みが改善されるかもしれません。

派手すぎないことを覚えておこう!

二重さんはぱっちり系なので、派手すぎないアイラインを心掛けるようにしましょう。
ラメなどが入っていてもいいのですが、グレーやブラウンなど落ち着いた色を選んでください。

ブルーなどはっきり目立つ色にしてしまうと、冷たい雰囲気になってしまう可能性があります。

黒目幅よりも少し長めに引こう!

黒目幅よりも少し長めに引くことで、目元を派手すぎない状態で際立たせることができます。

うるませメイクの場合、ベージュ系を選びがちですがブロンズ系がおすすめです。
ブロンズ系は肌馴染みが良く黒目を良い意味で際立たせてくれますよ♡

漆黒アイラインもおすすめ!

王道ではありますが漆黒アイラインもおすすめ♪
透明感をあえてゼロにすることで、隙のないメイクに仕上げることができます。

ただ、メイクに柔らかさを求める人には若干不向きなので気をつけましょう!

覚えておきたいアイラインの基礎知識

こちらでは、アイラインを引く時に覚えておきたい基礎知識を見ていきましょう。
アレンジなどは基礎知識を知っておかないと失敗の原因になってしまいます。
失敗しないためにも、基礎知識をしっかり覚えておきましょうね♪

まぶたを引き上げながら引く

まぶたを引き上げ乍らアイラインを引くことで、さりげなくも吸引力のある目元に仕上げることができるのです。
インサイドにアイラインを引くことで、目のフレームがさりげなく際立つので衣装的な目元になりますよ!

ナチュラル感を出したいならペンシルアイライナー!

アイラインは入れたいけど「アイラインを入れてます!」的な雰囲気は出したくない人もいますよね。
そんな時はペンシルアイライナーを使ってみましょう!

ペンシルアイライナーは自然なアイラインを引くことができるので、アイメイク初心者でも簡単に使えると評判のコスメアイテムです。

女性らしさを出すためにはナチュラルな雰囲気が大切ですよね。
だからこそ、ペンシルアイライナーを使ってみましょう♪

上まぶた全体に細くラインを引こう!

上まぶた全体に細くラインを引いて見てください。
上手く引けない人は、ペンシルの先を左右に揺らしながら書いてみましょう。

そうすることで、細かなすき間にもしっかり色をのせることができますよ!
他にも、指でまぶたをピンとのばしながら引くとひっかかりがなくなめらかに書けます。

アイラインをなめらかに書くことで、ナチュラルさが出るのでおすすめで♪

アイラインでグッと雰囲気を変えよう!

目元の雰囲気を変えるだけで、あなたの印象をがらりと変えることができるのです。
二重さんもぱっちりしすぎるという悩みを持っている人が多いので、アイラインで上手くぱっちりさを調節するようにしてみてはいかがでしょうか。

アイライナーはペンシルやリキッドなどさまざまな種類があります。
自分のコスメレベルに合わせることも大切ですが、どんなメイクに仕上げたいのかを考えながらコスメアイテムを選ぶのもひとつの方法ですよ!
TOP