ブルベ肌は要注意!血色が悪くならないメイクのコツ

ブルベ肌は要注意!血色が悪くならないメイクのコツ

メイク次第で透明感のある肌づくりをすることは可能です。 そのためには肌色に合わせたメイクをしなければなりません。 間違った色を選んでしまうと、血色が悪く見えてしまうことも。 ブルベ肌が不健康に見えない、血色のよい肌になれるメイクを紹介します。
メイク次第で透明感のある肌づくりをすることは可能です。そのためには肌色に合わせたメイクをしなければなりません。

間違った色を選んでしまうと、血色が悪く見えてしまうことも。ブルベ肌が不健康に見えない、血色のよい肌になれるメイクを紹介します。

健康的な肌色を目指したベースメイク


化粧下地やファンデーションなどベースメイクは、ベージュや黄色系を選んでしまいがちです。しかしブルベ肌の人がベージュや黄色系のカラーを選んでしまうと、血色が悪く不健康に見えてしまうこともあるので注意が必要です。

ブルベ肌にはピンク系がおすすめ

ブルベ肌はピンク系の明るい色、もしくはオークル系の肌色なので、その肌色を活かした色や、少し赤味のあるピンク系がおすすめです。ラベンダーやパープル系の色なら健康的なだけでなく、エレガントな雰囲気に。

あたたかみのある色を選ぶことで、血色がなくくすみがちな肌の色を明るく見せてくれるでしょう。

血色が悪く見えやすい色には注意

ブルベ肌にベージュ系やオレンジ系を選んでしまうと、肌がくすんでしまうことがあります。

ブルー系は透明感を出すと言われていますが、ブルベ肌には注意が必要。もともと青みがかった肌色なので、ブルー系を選んでしまうとさらに青白く不健康に見えてしまうことがあるので量の加減が必要です。

アイボリー系のフェイスパウダーもおすすめ

ブルベ肌と診断されても、血色がない青白い肌の人ばかりではありません。中にはピンクがかった肌の人もいます。ピンクがかった肌にさらにピンク系をのせてしまうと、塗った直後はキレイなのですが時間が経過するとくすんでしまうことがあります。

夕方になると肌がくすみがち、という場合はアイボリー系のフェイスパウダーを使ってみてください。
パール入りならツヤが出て健康的な肌色になれるでしょう。

血色をよくするための日常生活の過ごし方


肌の色が青白く健康的に見えないという場合、日常生活を見直してみるのも一つの方法です。もともとの肌色を変えることは難しいですが、日常生活の過ごし方によってさらに血色が悪くなってしまっていることもあります。

特に血行が悪いと肌がくすみがちになるので注意しましょう。

湯船に浸かる


シャワーだけですませず、湯船に浸かる習慣をつけましょう。アロマなど香りのよい入浴剤を使うと、疲労回復やリラックス効果も高まると言われ、血行もよくなります。

体を冷やす食事を避ける

冷たい飲み物ばかり飲まず、温かいドリンクを飲むようにしましょう。生野菜も体を冷やす要因となることがあります。野菜は蒸したりゆでたり、スープなどで食べることをおすすめします。

ストレスを解消

ストレスは血管を収縮させたり、自律神経を乱して血液循環に悪影響を与えたりすることがあります。透明感のある肌になるには、ストレスを解消することが必要。

ストレスの原因を解消するか、運動をして汗をかいたり、趣味に没頭する時間を作ったりして、ストレスを溜めないようにしましょう。

無理なダイエットをしない

極度の食事制限などの無理なダイエットは、血行不良を引き起こすことがあります。栄養が不足して貧血になる可能性もあるでしょう。痩せたいからと食事を制限するのではなく、必要な栄養素を摂取しながら体を動かして痩せるダイエットをしましょう。

適度な運動をする

適度な運動はカロリーを減らしてダイエットができるだけでなく、血液循環をよくします。週に2~3日はジョギングをしたりスポーツジムに通ったりして、運動をしましょう。ヨガやストレッチなら自宅でもできるので、寝る前などに気持ちよく体を伸ばすとよいです。

寝る前のストレッチやヨガなどの軽い運動は睡眠の質もよくなり、血行をよくすることにつながるメリットもあります。

ブルベ肌の血色をコントロールして透明感のある肌を目指そう


ブルベ肌は青白かったり、ピンクがかっていたりすることが多いので、メイクの色によっては血色が悪く見えてしまいます。基本的に黄色やベージュ系は避けた方がよいでしょう。

運動不足や体を冷やすなど、血行を悪くするような生活習慣を見直すことも大切です。

TOP