在宅ワークでもメイクは必要?メイクをした方がよい5つの理由

在宅ワークでもメイクは必要?メイクをした方がよい5つの理由

自宅で仕事をする在宅ワークを行う人は増えています。特に外出するわけではないため、オンライン会議があるとき以外はメイク不要と思う人は多いかもしれません。ですが、在宅ワークでもメイクはした方がよい理由が5つもあるのです。

在宅ワークでもメイクは必要?

自宅で仕事をする在宅ワークを行う人は増えています。特に外出するわけではないため、オンライン会議があるとき以外はメイク不要と思う人は多いかもしれません。ですが、在宅ワークでもメイクはした方がよい理由が5つもあるのです。

理由1.紫外線は室内にも入ってくる

在宅ワークの間は室内にこもり、家から一歩も出ない人もいます。外出しないのだから、紫外線の心配をする必要がないと思うかもしれません。ですが、紫外線は室内にも入ってきています。窓ガラス越しでも一枚板のガラス窓なら約70%の紫外線が通過して室内に入り込みます。もちろん、気持ちの良い気候の頃は窓ガラスをあけて屋外の空気を室内に入れ、換気を行う人もいますよね。この場合は遮るものがないため、日差しと共に紫外線が入り込んできます。

在宅ワークだからとメイクをしないで過ごしていれば、当然この室内に入り込んできた紫外線を浴びることになります。

理由2.パソコンの画面から放出されるブルーライトの影響を受ける

パソコンやスマホの画面から放出される光の1つにブルーライトがあります。目に悪影響を及ぼすという事はよく知られていますが、実は肌にも影響を与えます。

ブルーライトは紫外線に近い波長をもっています。中でも肌老化をもたらすUV-A波に近いため、肌の真皮層に到達し、線維芽細胞という細胞にダメージを与えてしまいます。線維芽細胞はコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸といった肌の弾力を作り水分保持をおこなうために必要な成分です。これらを作る力が弱まるのです。

さらにUV-B波のように色素沈着を起こすことも分かってきました。実は在宅ワークでは紫外線よりもよりブルーライトによる肌老化のほうが影響大です。

目をブルーライトから守るためにブルーライトカット効果があるレンズが入ったメガネを使っているという方でも、すっぴんで画面と向かい合っていればメガネがカバーしてくれない部分は影響を受けてしまいます。

理由3.オンとオフの切り替えになる

在宅ワークは自宅で仕事をするということもあり、気持ちがオフモードになりがちです。さらにオフィスとは異なるさまざまな誘惑がすぐ近くにありますよね。ちょっと疲れたから一休みと思ってベッドにもぐりこみ、気が付いたら夕方だったというような失敗を聞くこともあります。

オフィスに出勤するときと同じようにメイクをすると、気持ちが仕事モードに切り替わる方は多くいます。そこまでのかっちりメイクではなくても、仕事をするぞっと意識を変えられるようメイクをすることはおすすめです。またメイクをすることで、メイクでベッドを汚したくないという意識が出てきて、ダラダラすることも予防できますよ。

理由4.オンライン会議もスムーズに参加できる

在宅ワークを行う人の中には、急にオンライン会議が始まり焦った経験を持つ人もいると思います。資料の準備や進捗状況をまとめるといった作業以外に、すっぴんをさらすのは嫌とあわててメイクをする羽目になった人もいるでしょう。

最初からメイクをしておけば急なオンライン会議でも慌てずに済みますね。

理由5.急な外出でも慌てずに済む

在宅ワークといっても、ときには客先やオフィスに急に出掛けなければならないときがあります。また休憩時間には気晴らしに外の空気を吸いに行こうと外出することがあるでしょう。このようなときにメイクをしていなければ、紫外線やほこりの影響をもろに受けますし、なによりすっぴんだと恥ずかしいと感じる人はいるでしょう。ちょっとした外出の為だけにメイクをしたり、慌ててメイクをしたりしなければならないことになります。

在宅ワークならではのメイクのポイント


在宅ワークでもメイクはした方がよいとは言っても、オフィスに出勤するときよりはゆるめのメイクで構いません。しっかりメイクでは肌も疲れてしまうため、肌を休め肌に負担がかからないメイクを行うのがポイントです。

1.スキンケアでは保湿を重視

在宅ワーク中も快適な環境を保つために、エアコンで室温をコントロールする人は多いでしょう。またエアコンが不要な心地よい季節となる春や秋は空気が乾燥している時期です。肌が乾燥してしまう危険があります。メイク前のスキンケアでは保湿を重視したアイテムを活用するとよいですよ。

2.UVカットやブルーライトカット効果があるオールインワンを活用

普段は日焼け止めに化粧下地、ファンデーション、仕上げ用のお粉などしっかりメイクを行っている方も、在宅ワークではそこまでしっかりメイクである必要はありません。ですが、紫外線やブルーライトから肌を守るために、UVカットやブルーライトカット効果があるBBクリームやCCクリームといったオールインワンアイテムを活用しましょう。

3.影を作らない&血色をよく見せるメイクがおすすめ

目もとに陰影をつけることで立体感を演出するメイクは、オンライン会議場ではげっそりとした印象を与えてしまいます。また全体的に白く見えやすいため、血色をよく見せるチークやリップは少し普段より濃い目にするのがポイントとなります。

在宅ワークはすっぴんより軽めメイクで肌を守ろう


在宅だからすっぴんでもよさそうに感じますが、実際はメイクをした方が肌は守られます。気分も仕事モードになりやすく、急なオンライン会議や外出でも慌てずに済みますよ。
TOP