学校や仕事前でもパパッとできる!時短ヘアアレンジまとめ

学校や仕事前でもパパッとできる!時短ヘアアレンジまとめ

ヘアアレンジってどうしてもマンネリ化してしまって、気がついたら毎日同じ髪型ばっかり、なんてことはよくありますよね。髪の毛を伸ばせば伸ばすほどヘアアレンジの種類は多くなりますが、時間もかかって面倒に感じる気持ちもわかります。できるだけ時間と手間をかけずに、可愛いヘアアレンジ方法を増やせたら毎朝気が落ちることも減るはず。とくに髪の毛を巻かずにできたら最高ですよね。ヘアアレンジのレパートリーは、簡単なコツさえ掴んでしまえばあっという間に増やせるのです。
ヘアアレンジってどうしてもマンネリ化してしまって、気がついたら毎日同じ髪型ばっかり、なんてことはよくありますよね。

髪の毛を伸ばせば伸ばすほどヘアアレンジの種類は多くなりますが、時間もかかって面倒に感じる気持ちもわかります。

できるだけ時間と手間をかけずに、可愛いヘアアレンジ方法を増やせたら毎朝気が落ちることも減るはず。

とくに髪の毛を巻かずにできたら最高ですよね。

ヘアアレンジのレパートリーは、簡単なコツさえ掴んでしまえばあっという間に増やせるのです。

学校でも職場でも使える!髪を巻かずにヘアアレンジ

髪を巻かずにヘアアレンジするには、ヘアゴムとピンが必須になります。なのでまずはヘアゴムとピンを手元に準備しておきましょう。

そして髪のまとまりをよくするためにも、オイルなどを馴染ませておくのがおすすめです。

寝癖などもアイロンを使わずに収められるので、ヘアオイルは一本もっておくと安心ですよ。

まずはゴム一本あれば簡単にできる、お団子スタイル。

お団子といってもハーフアップのお団子、頭のてっぺんに作るお団子、下にまとめるお団子など種類はたくさんあります。

学生であればハーフアップなどが可愛いですし、大人の女性であれば耳の高さでまとめるお団子がおすすめです。

お団子を綺麗に作るコツは、あまりきっちりとまとめずにルーズに。そして最後にほぐして立体感を出すことです。

お団子はゴム1本あればできるので、朝時間がないときでも簡単にできるヘアアレンジになります。

お団子を綺麗に見せるコツはほぐし方

お団子を上手にできない、という人のほとんどは最後にほぐす方法がうまくいかずに、きっちりしたお団子になってしまったり、反対にゆるゆるのボサボサお団子になってしまったり。

お団子を綺麗に見せるコツはほぐし方がポイント。

指先でつまむ毛束を少なすぎず多すぎない量をとること、そして上下にジグザグしながら引っ張ることが重要なんです。

レンガのようなイメージでジグザグさせると後ろから見た時、「こなれ感」が出ておすすめですよ。

くるりんぱで簡単に大人ヘアアレンジ

時短ヘアアレンジでかかせないのが、くるりんぱ。

最近では、くるりんぱを基本としたヘアアレンジは数多く見られます。

くるりんぱの良いところはゴム一つで簡単にできること、大人っぽく上品な雰囲気を作れること、そして何よりどの髪の長さでも取り入れられることです。

ショートでも横髪や前髪をくるりんぱするだけで、いつもとは違う雰囲気を作りだせちゃいます。

くるりんぱを綺麗に見せる方法

くるりんぱを綺麗に見せるには、ある程度のルーズさが必要になります。

髪をまとめるときは手ぐしでささっとまとめ、耳周りはきっちりとまとめずに耳にかかるくらいゆるくまとめるのがポイント。

くるりんぱをした後は、毛束を引っ張ってほぐしてあげるとくるりんぱしてます!なんて雰囲気をなくせるのでおすすめですよ。

ゴムがあれば誰でも簡単!流行のたまねぎポニー

最近はゴムや紐を多く巻き付けて、ポンポンと繋がっているようにみえるたまねぎのようなアレンジ方法が流行ってますよね。

やり方はとても簡単で、まずはポニーテールなどをして髪の毛をまとめます。

今回は、すこしきっちりめに縛っても問題ありません。
結んだら、間隔をあけてさらに数カ所ゴムで結びます。

紐の場合は、くるくると毛先に向かって巻き付けるように絡めていきましょう。

そして最後は結んだゴムとゴムの間の髪の毛を引っ張って立体感を出します。

このときはなるべくポンっと丸みをだすように引っ張るのがポイント。

まさにたまねぎをイメージすると上手くいきます。

小さい子供から大人までできるヘアアレンジなので、オシャレな紐やゴムを集めておくといいですよ。

三つ編みだってゆるくすれば大人アレンジに!

子供っぽいと思われがちな三つ編みも、ざっくりと大きく結ぶことで大人アレンジに様変わり!

三つ編みってどうしても子供のアレンジ方法だと思われて、挑戦できないという人が多いもの。

でも、最後にきちんとほぐすことで、上品な大人アレンジに変えられるのです。

たとえばツインテールの三つ編みはどうしても子供っぽくなってしまうので、ポニーテールで三つ編みをしてみましょう。

ツインテールよりも毛の量が多くなるので、ざっくりと大きめに三つ編みするのがポイントです。

そして最後に三つ編み部分の髪の毛を引っ張ってゆるくしましょう。このとき上から順番に左右に引っ張ることと、ちょうど良い毛束の量を引っ張ることがポイントです。

あまりにも引っ張る毛の量が少ないときっちりした三つ編みになって子供っぽくなりますし、あまりにも引っ張る毛の量が多いとゆるくなりすぎてボサボサに見られるかもしれません。

簡単で時短になるヘアアレンジがほとんどですが、どれも自分のヘアアレンジとしてものにするには慣れが必要です。

何度か練習をして鏡を見なくてもできるようになるといざという時でもささっとヘアアレンジができるようになりますよ。
TOP
無題ドキュメント