マスクでメイクが崩れるのはなぜ?崩れ防止に使えるメイク術

マスクでメイクが崩れるのはなぜ?崩れ防止に使えるメイク術

毎日マスクをつけるようになってから、メイク崩れが気になる人は増えています。 今まで以上にメイクが崩れやすくなったとすれば、マスクとメイクの仕方に原因があります。 ここではマスク着用でメイクが崩れる原因と崩れ防止のメイク方法を紹介します。
毎日マスクをつけるようになってから、メイク崩れが気になる人は増えています。
今まで以上にメイクが崩れやすくなったとすれば、マスクとメイクの仕方に原因があります。
ここではマスク着用でメイクが崩れる原因と崩れ防止のメイク方法を紹介します。

マスク着用中のメイク崩れの原因


マスクをつけているとつけていないときに比べて、崩れやすくなる条件が多くあります。
まずはメイクが崩れる原因を知り、それぞれに合った対策をとりましょう。

マスク内のムレや湿度の高さ

通気性があるためマスクをしていても呼吸はできます。
しかし吐いた息がこもりやすく、息には水分が含まれるため湿度が高くなりムレやすくなるのです。

水分がつくとメイクは崩れやすいため、マスクを付けているとメイク崩れが心配になります。

乾燥による皮脂浮き

マスクを外すとムレが解消され肌についた水分も乾きます。
しかし水分が蒸発するとき、肌のバリア機能が低下していると必要な水分も一緒に蒸発して乾燥が悪化することも。
すると肌を守ろうと過剰に皮脂が分泌されてメイクが浮き、崩れる原因になります。

マスクとの摩擦

立体構造のマスクでも肌に一部でも触れていると摩擦でメイクがとれ、崩れてしまいます。
マスク内がムレた状態であればなおさらマスクにつきやすい状態です。

メイク崩れ防止メイク術


マスクが手放せないときはメイク方法を切り替えて崩れ防止対策をしましょう。
いつものスキンケアからメイクの仕上げまでを見直すと、マスク着用中もメイクの崩れる心配がなく、快適に過ごせます。

スキンケアでしっかり保湿

洗顔を終えたあと優しく水分をふき取り、化粧水と乳液やクリームで水分を補い閉じ込めます。
朝の忙しい時間に手間をかけられなければオールインワンタイプでもかまいません。
乳液は皮脂吸着成分配合タイプを使うと、サラサラ肌が続きやすくなります。

ベースメイクで皮脂対策

化粧下地に皮脂吸着成分が入っていると、よりメイク崩れ防止が期待できます。
紫外線対策もできれば日焼け止めの重ねづけが不要なため、メイク崩れの原因が減らせます。

マスクをするとき、ベースメイクまででメイクを完了させても良く、カバー力の高い化粧下地やコンシーラーを併用すると肌がきれいな仕上がりに。
その場合フェイスパウダーをつけるとサラッとしてマスクへのメイク移りも防げます。

ファンデーションはマットに仕上げる


密着しやすいリキッドファンデーションを選ぶと崩れ防止が期待できます。
マスクをしていて肌荒れが気になる場合は、ミネラルファンデやCCクリームを代わりに使っても良いです。
薄づきでマットな仕上がりを目指しましょう。

特にマスクの内側とこすれやすい鼻や頬の部分はより薄めにファンデーションをつけておくことがポイントです。
フェイスパウダーでカバーする方法もあります。

アイメイクはウォータープルーフ処方で

アイメイク崩れ防止には、初めにアイシャドウベースを塗っておくのがおすすめ。
マスク着用中に見られがちな目元は明るめのメイクをしっかりとしましょう。
崩れては印象が悪くなるため、ウォータープルーフ処方のコスメを使います。

メイクキープスプレーで崩れ防止

皮脂浮き防止コスメなどでメイクをしたあと、最後にメイク崩れ防止スプレーで仕上げをします。
ひと吹きするとメイクが固定され、長時間マスクをつけても内側にべったりつく心配がありません。
香り付き、美容液入りなどさまざまなタイプがあり、好きなアイテムを用意しましょう。

メイク崩れの原因を知った上で崩れ防止メイクをしよう


マスクをしているとどうしてもメイクは崩れやすくなりますが、使うコスメの選び方やメイクの仕方で崩れ防止対策が可能です。
手持ちのコスメをチェックして、欲しい働きが見当たらないときは買い足してみてはいかがでしょうか。

TOP
無題ドキュメント