モテメイクの効果的なやり方は? 注意すべきポイントはココ!

モテメイクの効果的なやり方は? 注意すべきポイントはココ!

男性にウケる“モテメイク”とは、一体どのようなメイクなのでしょうか。 メイクにも様々なタイプがありますが、なかでも男性から好印象を持たれやすいメイク方法をご紹介します。 また、男性ウケを狙ったメイクをする際に気を付けたいポイントもチェックしましょう。

タイプ別のモテメイクを知りたい!

モテメイクにはいくつかの種類があり、意中の彼のタイプやモテたいシチュエーションなどによってメイクの仕方も変わります。
そこで、代表的なモテメイクの方法を3つに分けて紹介します。
自分に合いそうなメイクや彼が好きそうなメイクでモテを狙いましょう♪

ナチュラルメイク

やはりモテメイクの王道はナチュラルメイクです!
しかし、ナチュラルメイク=すっぴんに近いというのは大きな間違い。
濃くしすぎない、自然に見えるような色使いのメイクが男性に好まれやすいようです。
そのためには、濃いカラーでごまかしがきかないよう、メイクの前段階できちんとケアされた肌が重要になってきます。
ケアと同様に、薄めのメイクや色使いでも魅力的に見えるようなテクニックを磨きましょう。

ツヤ重視の色気メイク

一時流行った“おフェロメイク”のように、ナチュラルなツヤ肌や血色の良いチーク、色っぽいぽってりリップなどで作る少し色気のあるメイクも好評です。
やりすぎないようあくまで自然な色気が出るように注意するのがポイントといえるでしょう。
色気を意識しすぎるあまり、チークを濃く入れすぎたりツヤ肌を通し越してテカってしまったり、その塩梅が重要になります。

ふんわりピンクメイク

淡いピンクでまとめた、ふんわりピンクメイクもモテメイクの基本です。
リップやチーク、アイシャドウなどに柔らかなピンクを取り入れてキュートに仕上げるのがポイント。
ふんわりとした甘い印象になるよう、アイラインやチークを濃く入れすぎたり、オーバー気味のリップになったりしないよう気を付けましょう。
ピンクベースの下地で顔の明るさをアップさせてからメイクを始めると、ピンク系でまとめやすくなります。

パーツごとの モテメイク方法をチェックしよう!

チークやリップ、アイメイクなど、パーツごとに気を付けたいモテメイクのポイントがあるのをご存知ですか?
ここでは、各部位ごとにおすすめのモテメイク方法をピックアップしています。
全体的にピンクで仕上げるのがおすすめですが、10代、20代、30代と世代ごとに似合うピンクも変わってくるので注意が必要です。

チーク

モテメイクのポイントとなるのがチークです。
ピンクのチークを頬の真ん中に、ふんわりのせると可愛らしい印象になります。
保湿とツヤ感を意識したベースメイクの上に、血色感のあるチークをのせると色っぽさを+することができます。
ピンクチークでふんわりならパウダー系、血色感を出すなら練タイプなど、出したい質感に合わせてコスメをチョイスしましょう♪

リップ

モテメイクのメインとなるリップは、ふっくらと潤いのある質感を目指しましょう。
唇の色や形にコンプレックスがある人は、コンシーラーを使って輪郭を整えたり色を抑えたりしてからリップを塗るようにしましょう。
可愛いリップも大事ですが、日々の唇ケアも大事です。
いつでも潤いのあるキュートなリップを演出できるようにするため、毎日のケアを習慣付けたり、似合う色を探したりするのもおすすめですよ(^^♪

アイメイク

目力を強調するため、どうしても濃くしてしまいがちなのがアイメイクです。
しかし、あまり濃すぎるアイメイクは男性に引かれてしまいがち。
ピンクメイクでまとめたメイクには、ブラウン系のアイメイクをすると強調しすぎず柔らかい印象になります。
血色感のあるチークやリップで色気を出したい時はグレーのアイラインにするなど、アイメイクが真っ黒にならないように気を付けたいですね(^-^;
ローズ系のアイシャドウとブラウンのアイライン&マスカラはキュートにも大人っぽくもなれる鉄板の組み合わせとも言えます。

モテメイクのポイントを押さえて男性人気抜群のメイクをマスターしよう!

“モテメイク”にも、ガーリー、ナチュラル、ヘルシーな色気と様々なタイプがあり、どこで誰に向けたメイクをするかでその見せ方も変わってきます。
ターゲットのタイプや好み、自分に似合うメイクの仕方などをしっかり確認して、モテメイクのポイントをしっかり押さえましょう!
TOP