一重まぶたでかわいいメイク!押さえておくべきポイントを解説します

一重まぶたでかわいいメイク!押さえておくべきポイントを解説します

一重まぶたメイクをかわいく仕上げるコツは、色の使い方にあります。 一重まぶたでも腫れぼったくならず、かわいい目元に仕上げるポイントをご紹介します。
一重まぶたメイクをかわいく仕上げるコツは、色の使い方にあります。一重まぶたでも腫れぼったくならず、かわいい目元に仕上げるポイントをご紹介します。

一重まぶたメイクでかわいい目元を作る・基本編


一重まぶたメイクで最も大切なのは、アイラインやアイシャドウをベタ塗りしないことです。上手に抜け感を作って、かわいく仕上げるためのポイントを解説します。

一重まぶたでかわいいメイク・アイライン

アイラインはすきまを埋めるように描くのが基本です。かわいい仕上がりにするには、目尻側をやや太めに5mmほど長く描きます。仕上げたい印象によってリキッドやペンシルを選ぶようにしましょう。

カラーはブラックよりもブラウン系がおすすめです。

一重まぶたでかわいいメイク・アイシャドウ

かわいいメイクを意識するからといって、パールを全体にのせてしまってはかえってのっぺりとした印象になってしまいます。目元に陰影をつけてかわいらしさを出すには、アイシャドウのベースカラーをグラデーションに、目尻に向かって濃い色をのせていきます。

その上で、パールは黒目の上部分にポイント使いすることで、立体感のある目元に仕上げることができます。

一重まぶたでかわいいメイク・涙袋

かわいいメイクといえば涙袋メイクが欠かせません。しかし、涙袋を強調したいからと言って涙袋にも、パールをベタ塗りはNGです。パールは下まぶたのラインにそって細く入れ、黒目の下にポイントでのせましょう。

一重まぶたでかわいいメイク・マスカラ

かわいいアイメイクにはまつげの存在感も大事です。一重まぶたさんの場合、まつげが下を向きやすく目元が暗くなりがちなので、ビューラーでしっかりとカールをつけましょう。こうすることで、瞳に光を取り入れることができます。

マスカラ下地などを活用し、ロングマスカラで仕上げると繊細でかわいいまつげになります。

一重まぶたメイクでかわいい目元を作る・色選び編


それでは、一重まぶたさんがかわいい目元になれるおすすめのアイシャドウカラーをまとめてご紹介します。肌の色によっても似合う色が違うので、自分に合った色を探してみてください。

一重まぶたメイクにおすすめアイシャドウ1.ベージュ・ブラウン

一重まぶたメイクの王道カラーであるベージュ・ブラウン系のアイシャドウは、日常使いにしても失敗がなく、どんな人にもおすすめできるカラーです。アイホール全体をベージュでまとめ、目尻に向かってブラウンを濃くしていくことでグラデーションを作り、一重まぶたに陰影をつけていきます。

一重まぶたメイクにおすすめアイシャドウ2.オレンジ

オレンジもおすすめのカラーです。目尻にポイントで入れることで、はやりの韓国風メイクに仕上げてみても面白いでしょう。

一重まぶたメイクにおすすめアイシャドウ3.レッド

レッドは目全体に使うと腫れぼったくなってしまうカラーですが、これも目尻にポイントでつかうとオリエンタルな仕上がりになります。下まぶたにも入れると、少し上気したような雰囲気をまとうことができます。

一重まぶたメイクにおすすめアイシャドウ4.ピンク

ピンクを入れるなら、青みピンクを選ぶことで目元の厚さを和らげてくれます。強めの青みピンクはコーラルなどと合わせて、目尻に向かってグラデーションで入れていきます。オレンジみのあるコーラルカラーから青みピンクの組み合わせはまさに「かわいい」メイクといえます。

一重まぶたメイクにおすすめアイシャドウ5.パープル

パープルも一重まぶたさんにおすすめのカラーです。こちらも青みが入っているため、目元の腫れぼったさを緩和してくれ、大人っぽい印象に仕上げてくれます。下まぶたにゴールドの差し色を合わせることで上品なゴージャスさを演出してもよいでしょう。

一重まぶたメイクにおすすめアイシャドウ6.ブルー

青みの入ったカラーは一重まぶたにおすすめですが、ブルーそのものは全体に濃く入れるとやはり強すぎるので、ポイント使いがよいでしょう。グレーブルーなどは派手になりすぎず、涼しげな仕上がりになるのでおすすめです。

一重まぶたさんは立体感と色選びでかわいいメイクに


一重まぶたメイクをかわいく仕上げる手順と色選びについてご説明しました。キツく見られがちな一重まぶたも、やり方しだいでいくらでもかわいくすることができますので、ぜひ挑戦してみてください。

TOP