30代のオフィスメイクの特徴とは?どんな部分に注意するべき?

30代のオフィスメイクの特徴とは?どんな部分に注意するべき?

20代と30代では大きな違いがないように見えますよね。 外見的にはあまり変化はないかもしれませんが、肌は着々と衰えを見せています。 そのため、20代の時と同じ感覚でメイクをしていると肌の変化の方が耐えられなくなるのです……。
20代と30代では大きな違いがないように見えますよね。

外見的にはあまり変化はないかもしれませんが、肌は着々と衰えを見せています。

そのため、20代の時と同じ感覚でメイクをしていると肌の変化の方が耐えられなくなるのです……。

30代のオフィスメイクの特徴とは?

30代のオフィスメイクは「大人っぽさ」を重視する必要があります(`・ω・´)

年齢的に十分大人ですが、20代の時とは違う「大人」を魅せなければいけません。

こちらでは、30代のオフィスメイクの特徴について見ていきましょう!

若すぎないように注意する

30代に入ったこともあって、オフィスメイクも落ち着いたものが求められるようになります。

20代では教えてもらう側だった人が、30代になって責任のある役職に就いたり、後輩に指導をすることが当たり前になってきます。

だからこそ、若さだけを前面に出さないようにしなければいけないのです。

雰囲気や服装だけではなく、オフィスメイクも変えることで自然と若さから落ち着いた雰囲気に変わっていきます。

落ち着いた色合いを選ぶ

30代になったらこのカラーじゃないとダメ、というわけではなりません(;´・ω・)

ただ、落ち着いた雰囲気を手に入れるためにもオフィスメイクから入る人は結構多いんです。

これまでピンク系をメインにしていたとしたら、ブラウンなどに変えてみましょう。

オフィスメイクの雰囲気を変えることで、30代の落ち着いた雰囲気が形から入ることができます。

ナチュラルメイクでも大人っぽさを意識する

30代のオフィスメイクもナチュラルメイクが好まれているようですね(*´ω`*)

ただ、20代のナチュラルメイクと異なった部分と言えば、大人っぽさを出しているということでしょうか。
ナチュラルメイクと言っても、人によってスタイルが変わってきます。

クール系のナチュラルメイク、可愛い系のナチュラルメイク、大人っぽさがあるナチュラルメイクとひとくくりにできるわけではないのです。

30代のオフィスメイクの注意点について

via pixta.jp
30代は20代の時のようにいかないことが多くあります。

そのため、オフィスメイクに関しても気を付けなければいけません。

こちらでは、30代のオフィスメイクの注意点について見ていきましょう(`・ω・´)

20代のようなノリが通じない

20代の時は多少ムリをしても肌に悪影響がすぐ出ることはなかった人もいますよね。

夜更かしをしてもあまり体調や肌に悪影響が出にくかったはずです。

ただ、30代、正確には20代後半から20代前半のような感覚は通用しなくなると考えましょう(;´・ω・)

その理由としては、やはり加齢による影響だと考えてください。

若い時の感覚がずっと続くわけではないので、身体や肌に無理はさせないようにしましょう。

肌の衰えが出始める

20代後半から肌の衰えを感じる人も多くいます。

スキンケアなどによって若干衰えを伸ばせることがありますが、肌の衰えは必ずやってきます。

肌の衰えが出ているなら、メイクアイテムもケアできるようなアイテムを選ぶようにしましょう。

スキンケアは徹底する

先述したように30代は肌の衰えが出てくる年代です。

そのため、スキンケアやエイジングケアは必須と言ってもいいでしょう(;´・ω・)

30代のスキンケアが40代や50代の肌の状態に関係してきます。

オフィスメイクを続けるためにも、しっかりスキンケアをすることを徹底しましょう。

肌の変化に合わせて30代のオフィスメイクを楽しもう!

オフィスメイクは年代に合わせて変化させていかないといけません。

その年代の肌に合わせたやり方を取り入れないと、オフィスメイクを映えさせることができなくなるので気をつけましょう(;´・ω・)

若作りではなく、良い意味で年齢を重ねていけるように努力したいものですね(*´ω`*)
TOP
無題ドキュメント