一重のアイメイクって実は簡単!目元の印象をアップするメイク法

一重のアイメイクって実は簡単!目元の印象をアップするメイク法

一重と二重では同じアイメイクをしても、仕上がりや満足度は大きく変わります。二重の人は目を開けた時にまつ毛の際までしっかりと見えるという特徴があります。そのためアイライナーやアイシャドウを使えば、使わなかった場合と比べると違いをはっきりと実感できます。しかし一重の人は、目を開けた時に目の際まで他人に見えないため、アイライナーやアイシャドウの使い方によってはメイクを頑張ったのに目を開けると全く見えない、という事態になりかねません。一重のアイメイクは一重瞼の良さを生かしたメイク方法をマスターすることが、失敗せずに高い仕上がりになるコツです。

一重と二重ではアイメイクのやり方が異なります


一重と二重では同じアイメイクをしても、仕上がりや満足度は大きく変わります。二重の人は目を開けた時にまつ毛の際までしっかりと見えるという特徴があります。そのためアイライナーやアイシャドウを使えば、使わなかった場合と比べると違いをはっきりと実感できます。

しかし一重の人は、目を開けた時に目の際まで他人に見えないため、アイライナーやアイシャドウの使い方によってはメイクを頑張ったのに目を開けると全く見えない、という事態になりかねません。一重のアイメイクは一重瞼の良さを生かしたメイク方法をマスターすることが、失敗せずに高い仕上がりになるコツです。

一重アイメイクのコツは影のマジックを使うのが簡単

一重のアイメイクで完成度を高く仕上げるためには、アイシャドウの色を工夫して瞼に影ができているような演出をするのが簡単です。一重の人は瞼の部分がフラットに見えることが多いため、顔の凹凸が作り出す自然な影を期待することは難しいかもしれません。

しかし、グラデーションタイプのアイシャドウで目の際から瞼に向かって立体的に見えるようなアイメイクをすれば、自然な影に見せることができます。やり方は簡単なので、何度か練習すれば初心者の人でも比較的マスターしやすいテクニックです。

グラデーションを生かした影メイクを初めてする際は、ブラウン系やベージュ系のナチュラルな色のアイシャドウを使うのがおすすめです。慣れてきたらグレー系やパープル系などの引き締めカラーに挑戦するのも良いでしょう。

一重の場合、ピンク色やオレンジ色などの暖色だと瞼が腫れているように見えるため、色づかいには注意が必要です。明るい色を使う場合は、色選びとメイクのやり方によって高いテクニックが必要となります。

アイシャドウは目尻に重点をおく

一重のアイメイクでは、目頭から目尻まで同じようにアイシャドウを乗せるのではなく、目尻を中心にアイシャドウを乗せるようなメイクをすると仕上がりが良くなります。目尻を中心にアイシャドウを乗せることで、目の幅を広く見せる効果が期待できるからです。目頭の部分には鼻からの影に見えるような色を軽く乗せることで、簡単に自然な立体感を出せます。

二重ラインを作って二重メイクをするのもアリ

一重の人でもアイシャドウの色の違いを利用すれば、二重瞼に見立てたアイメイクができます。慣れると簡単ですが、自然に見せるためにはある程度のテクニックが必要です。何回か練習しながらマスターしていきましょう。

やり方はまず、自分自身で二重のラインを決めたらペンシルで細めのラインを引きます。そして、瞼からそのラインまでを濃い色のアイシャドウでぬります。そうすることで自然な仕上がりに近づけることができます。二重ラインの幅を狭くすると比較的簡単で、失敗しない仕上がりに近づきます。

一重でもアイラインは必要?


目の際に引くアイラインは、二重瞼の人なら使用の有無による見た目の違いをはっきりと実感できます。しかし、一重瞼だとアイラインを引いても目を開いた時に見えなかったり、見えるように太めに引くと違和感があったりして、なかなか難しいと感じている人は多いのではないいでしょうか。

一重瞼でアイラインを入れる場合は、まつ毛の隙間をアイラインで埋めるぐらいの使用が自然に目力をアップできるためおすすめです。目の際にしっかりとラインを引いても、目を開けた時には瞼の裏に隠れてしまって見えません。

一重のアイメイクのポイントは涙袋をしっかり作ること

一重のアイメイクでは、上瞼だけではなく下瞼のメイクにも力を入れたいものです。下瞼にはアイシャドウやハイライトカラーを上手に活用して、涙袋を作りましょう。涙袋を作ることによって、目を大きく魅力的に見せることができます。

もともと涙袋がある人なら、上手く生かしてプルプルに見えるようにハイライトを活用すればOKです。涙袋がなくて下瞼がフラットな人でも、色のマジックを活用することによって涙袋をメイクすることは可能です。

マスカラの使い方にも工夫が必要


一重の人は目を開いた時に、まつ毛の付け根が瞼の裏に隠れてしまいます。そのためマスカラを使う際には、しっかりビューラーを使ってまつ毛をリフトアップさせてください。まつ毛を上向きにカールすることによって瞳に光が入りやすくなるため、目元の印象が明るくなり、目を大きく見せる効果も生まれます。ビューラーには時間をかけて、しっかりとまつ毛を持ち上げてから繊維がたっぷり入ったマスカラを使うのがおすすめです。

またマスカラを使う際は、目頭よりも目尻に力を入れるのがポイントです。ビューラーでしっかりとまつ毛がカールされていれば、塗りづらいということが少なくなります。失敗しないためにも、拡大鏡などを使って細かい部分もチェックしながら塗っていくと良いでしょう。
TOP