二重さんのモテメイクとは?アイメイクのポイントとNGメイクを紹介

二重さんのモテメイクとは?アイメイクのポイントとNGメイクを紹介

二重まぶたに憧れる女子も多いでしょう。 くっきりパッチリ二重は瞳も大きく見えて魅力的ですよね! しかし、二重は二重で苦労も多いものなのです。 メイク方法をちょっとミスると、せっかくの二重の魅力が半減してしまうこともありますよ。 そんなことにならないように、二重さんの魅力を活かすアイメイクの方法を紹介しますね! 二重さんにとってこれはちょっとダメかも…というNGメイクも教えちゃいます♪

モテモテ女子の二重メイク!ポイントは?

二重に濃い色のアイメイクをすれば、ああ厚化粧…の顔になってしまいます。
モテモテ女子になるための二重メイクのポイントを抑えましょう♪

パステルカラーでキュートさをアピール

一重さんだと厚ぼったくなってしまいがちなパステルカラーも、二重さんならOK♪
淡いピンクはキュートで、淡いブルーならちょっとクールな雰囲気も出せますよ。
オレンジ系アイシャドウも元気でキュートさをアピールできるでしょう。

ナチュラルメイクならブラウン系アイシャドウ

ブラウン系カラーは定番とも言える色。
肌色に近いブラウン系ならナチュラルなメイクができます。
眉毛の色や髪色に合わせた色を選んでくださいね♪

アイラインは目尻だけ

二重さんがアイラインを引くときには、目尻だけにしておきましょう。
目を強調したくてアイラインを目の周りにしっかり引いてしまうと、かえって目が小さく見えてしまいます。
目尻にだけ引くことで、二重を活かすことができますよ♪

アイメイクに力を入れたら他は薄めに

二重さんは、カラーを入れただけでも瞳の大きさを印象づけることができます。
そのため、濃い色のリップや濃い色のチークを入れると厚化粧チックになってしまうので注意!
アイメイクに力を入れたら、他は薄めにしておきましょう♪

アイシャドウ下地で化粧崩れを防ぐ

キレイに仕上げたつもりのメイクでも、時間が経つと汗や皮脂で化粧崩れをしてしまいます。
それを防ぐためには目の周りも下地をきちんと塗りましょう。
アイシャドウ用の下地を塗れば、仕上がりもキレイですよ♪

くすみがちなまぶたのケアも忘れずに

二重幅がブラウン色!なんて喜んでいませんか?
それはまぶたがくすんでいる証拠ですよ!

まぶたがくすんでいると、アイシャドウの色がキレイに出ません。
メイク落としは専用のものを使う、アイクリームなどを使い乾燥対策をするなど、まぶたのケアも忘れないようにしましょう。

これはモテない!二重メイクの落とし穴

二重をもっと強調したい!とがんばってメイクをしたくなる気持ちは分かります。
しかし、それが逆効果になってしまうこともあるので注意しましょう!

二重幅にしっかり濃いアイシャドウを塗る

濃いブラウン、濃いブルーなど濃い目のアイカラーを二重幅に塗るのは要注意!
派手さは出ますが、厚化粧になってしまいます。
濃い目のカラーは二重幅全体に塗るのではなく、キワや目尻だけにしておきましょう。

アイラインをしっかり入れてしまう

アイラインを太く入れる、瞳を囲むように入れてしまうなど、しっかり描いてしまうと瞳を小さく見せてしまいます。
目が小さくなってしまうだけでなく、厚ぼったく見えてしまいがち。

特に奥二重さんは太くアイラインを入れてしまうと、二重幅がつぶれてしまい一重のように見えてしまうこともあります。

アイラインはできるだけ細く入れること。
まつ毛の間を埋めるように入れると、自然な感じになりますよ。
リキッドよりペンシルの方はナチュラルなラインが描けるでしょう。

奥二重さんは注意!ラメ系アイシャドウ

奥二重さんが注意したいのが、ラメ系アイシャドウです。
キラキラしたラメは華やかで魅力的ですが、奥二重さんが塗ると目が腫れぼったく見えてしまいます。
華やかさを出したい場合は、細かいラメを選ぶようにしましょう。
または、目尻やまぶたの真ん中だけなど、ポイント使いがおすすめ♪
オシャレでキュートさもアップします!

アイメイクのポイントを抑えて目を大きく見せよう

二重さんがアイメイクをし過ぎると、厚化粧に見えたりかえって目を小さく見せてしまったりすることがあります。
アイシャドウの色選びには注意しましょうね。

アイラインもしっかりくっきり入れるのではなく、細く入れたり目尻だけに入れたり細かいテクニックで二重を活かしたメイクをしましょう!
TOP