ダマにならないマスカラの塗り方!憧れのパッチリまつげを手に入れよう♡

ダマにならないマスカラの塗り方!憧れのパッチリまつげを手に入れよう♡

毎日のメイクのとき、「なぜか毎回マスカラがダマになってしまう!!」と悩んでいる人も多いですよね。 キレイになりたくてメイクしているのに肝心のまつげがキマっていないと、魅力も半減してしまいます。 そこで今回は、マスカラの塗り方のコツを紹介します♪ ダマやムラのないまつげを目指したい人は、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね!
毎日のメイクのとき、「なぜか毎回マスカラがダマになってしまう!!」と悩んでいる人も多いですよね。
キレイになりたくてメイクしているのに肝心のまつげがキマっていないと、魅力も半減してしまいます。

そこで今回は、マスカラの塗り方のコツを紹介します♪
ダマやムラのないまつげを目指したい人は、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね!

マスカラをキレイに仕上げるコツ

マスカラって簡単そうに見えて意外と難しいですよね。
でも、これから紹介する3つのコツを知っておけば、美しいまつげに仕上がりますよ♪

1.コームでまつげを整える

まずはマスカラをする前に、コームでまつげをまっすぐに整えておきましょう。
まつげ同士が重なっていたり、クセのついた状態では均一にマスカラが塗れません。

まつげコームを使うことで、まつげ1本1本にマスカラ液がつきやすくなり、仕上がりが美しくなります。
マスカラ中にダマができても、コームがあれば怖いものなし♪

ステンレス製のまつげコームならマスカラのダマをしっかり取り除いてくれるので、繊細なまつげに仕上げてくれますよ。

2.ビューラーでしっかりまつげを上げておく

マスカラをつける前に、ビューラーでまつげをカールさせておきましょう。
ビューラーを使うときは1回でカールさせるのではなく、根元→毛の真ん中→毛先の順に適度な力で挟むのがポイント。

全体をキレイにカールさせるのが苦手な人は、部分用ビューラーも併用してみてくださいね。
ビューラーのあとにマスカラ下地を塗っておくと、カールの持ちがさらにUPしますよ♪

3.マスカラのブラシは本体から1回で引き抜く

マスカラを塗るとき、ブラシ部分を本体に何度も出し入れしてませんか?
実はそれNGなんです!

ブラシを何度も出し入れすると本体に空気が入ってマスカラの乾燥を早めたり、まだらになったりして均一に塗れません。

マスカラを塗るときはブラシを1回で引き抜き、余分なマスカラ液は本体のフチで落としておきましょう。

さらに、ブラシの先についたマスカラ液のかたまりをティッシュオフしておくと、ダマができにくくなります♡

ダマにならないマスカラの塗り方

ここまで紹介した下準備ができたら、実際にマスカラを塗っていきましょう!
トレンドの「セパレートまつげ」になれる、ダマにならないマスカラの塗り方をご紹介します♪

1.マスカラブラシをまつ毛の根元に当てる

マスカラブラシを目のカーブにあわせて持ち、まつげの根元に当てます。
ブラシの隙間でまつげの根元をキャッチしたら、押し上げるように3秒ほど左右に軽く動かしましょう!

根元にしっかりマスカラ液をつけておくと目の形が強調されるので、デカ目効果も狙えますよ♪

2.ブラシを毛先方向へ引き上げる

根元にマスカラがついたら、毛先に向かってスーッとブラシを引き上げます。
このときブラシをジグザグに動かすと、まつげ同士がくっついてダマや束の原因になってしまうので注意しましょう!

あくまでもスーッと塗るのがポイントです。
もしダマになったら、まつげコームを使って取り除いてくださいね。

3.毛先のみにマスカラをつける

カールを保つ&ボリュームアップのために、毛先のみにマスカラを重ね塗りします。
このとき、マスカラ液を追加する必要はありません。

目尻側をメインに1回だけ、すべらせるように塗りましょう!
マスカラは重ね塗りすると”ぼってり”したまつげになってしまうので、1回で仕上がるように意識してくださいね♡

4.そのまま下まつげを塗る

上まつげが完成したら、そのままマスカラ液をつけたさずに下まつげも塗りましょう。

「え!つけたさないの?」と思う人もいるかもしれませんが、下まつげは繊細に仕上げるのが肝心!
マスカラ液をつけたしてしまうと、下まつげが重くなりすぎるので注意しましょう!

ブラシを横向き持ち、サッと塗る程度でOKです◎
さりげない仕上がりを目指してくださいね。

仕上がりタイプ別!マスカラの選び方

マスカラはタイプによって仕上がりの印象が大きく変わります。
主なタイプは以下の3つ。

ロングタイプ
ボリュームタイプ
カールタイプ


それぞれの特徴を知って、理想の目元を演出しましょう!

ロングタイプ

「とにかくまつげを長く見せたい!!」と思っている女性には、ロングタイプのマスカラがおすすめです。

マスカラ液に入ったファイバーが、自まつ毛をより長く見せてくれますよ。

今回紹介した手順と同じように根元をしっかり塗ったら、毛の真ん中〜毛先は長さを伸ばすようにスーッと塗るのがポイント。

ロングタイプのマスカラは、さらっとしたテクスチャーのものが多いので、初心者でも使いやすいですよ。

ボリュームタイプ

ボリュームタイプは目元の印象を強めたいときにおすすめです。
他のタイプに比べて濃厚なテクスチャーで、まつげ1本1本を太く濃くみせてくれますよ♡

ただし、液をつけすぎるとダマの原因になるので、ティッシュオフしてから使うのが鉄則。

ボリュームタイプは、時間が経つと重みでカールが落ちることが多いので、コームを使って余分な液を取り除いておきましょう。

カールタイプ

まつげにクセがつきにくい人や一重や奥二重でカールがすぐに落ちてしまう人には、カールタイプがおすすめ!
軽めのテクスチャーで、くるんと上向きまつげを長時間キープしてくれます♡

最近では、ビューラーを使わなくてもカールを持続してくれるマスカラもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね♪

マスカラの塗り方をマスターして理想の目元を手に入れよう!

そろそろマスカラのダマがついたまつげは卒業したいですよね……!

マスカラを上手く塗るには、練習を重ねるしかありません。
今回紹介した塗る前の準備や塗り方は、マスカラのダマを回避するためにやっておきたいことばかりです。
いつもダマになって困っている人は、ぜひ今回の内容を参考にしてくださいね♡
TOP