塩顔女子に似合うメイクって?透明感を引き出し魅力をアップさせる方法

塩顔女子に似合うメイクって?透明感を引き出し魅力をアップさせる方法

今話題の「塩顔」。男女問わず人気の顔立ちですが、女性の場合はいわゆる薄めの顔立ちで、透明感のある雰囲気を持つ女性のことを指します。 塩顔女子は魅力たっぷり。今回は塩顔女子の特徴とおすすめのメイク方法を紹介します。
今話題の「塩顔」。男女問わず人気の顔立ちですが、女性の場合はいわゆる薄めの顔立ちで、透明感のある雰囲気を持つ女性のことを指します。

塩顔女子は魅力たっぷり。今回は塩顔女子の特徴とおすすめのメイク方法を紹介します。

塩顔女子かどうかをチェック

塩顔女子は、目元や肌色などに特徴があります。共通するのは、すっきりとした薄い顔立ちで、凛とした印象を与える女性たちのこと。

芸能人でいうと、吉高由里子さんや川栄李奈さんらが塩顔女子に分類されています。
「自分は塩顔女子?」と思う方は次の項目をチェックしてみてください。

すっきりとした目元

塩顔女子の特徴として一般的なのが、一重や奥二重など切れ長のすっきりした目元。二重のぱっちりとした目元の女性よりも、涼しげでクールな印象を与えるのが特徴です。

いわゆるアジアンビューティーな顔立ちとも言われます。目元の力が強いので、芯のある女性に見えると言われています。

顔のパーツが小さい

塩顔女子の顔のパーツは全体的に小さいのが特徴。小さなパーツが主張しすぎることなく、バランスよくすっきりとまとまっています。

それゆえに、控えめな印象や、上品な印象を与えることが多いようです。あっさりとした顔という表現にもなりがちですが、それゆえメイク映えする顔とも言われます。メイクによって大きく印象を変えることができるという魅力があります。

透明感のある色白の肌

塩顔女子は、一般的に肌が色白です。色素が薄く、透明感がある肌を持っています。

それゆえにすっきりとした顔立ちが余計に際立ち、清楚な雰囲気もあります。控えめでおとなしいイメージを持たれやすいともいえるでしょう。

肌が色白なだけでなく、塩顔女子は眉毛が薄めで、瞳の色素が薄い人も多いといえます。

落ち着きのある雰囲気

顔のパーツの小ささやバランス、肌の色の白さなどから、全体的に落ち着いた雰囲気があることから、総じて落ち着いて見られるのが塩顔女子です。

加えて大人っぽく見られることも多く、年齢よりも頼りがいがあると見られることも多いはず。
安心感を醸し出すので、「この人なら大丈夫」と周囲から信頼を置いてもらえる塩顔女子も多いでしょう。

塩顔女子に似合うベースメイク

塩顔女子は、透明感のある色白肌が特徴。だからこそ、その特性を活かしたメイクをすることで、より魅力がアップします。

塩顔女子の肌の色味やパーツの特徴を活かしたベースメイクにはどのようなポイントがあるのでしょうか。

透明感を活かすのがポイント

塩顔女子のベースメイクは、塩顔女子独特の透明感のある色白の肌を活かすのが良いでしょう。ファンデーションは薄めに塗るのがポイントです。

そのためには下地で肌の色を補正し、厚塗りする必要がない土台を整えることが重要。さらにリキッドファンデーションを薄く塗り、仕上げはパウダーで行うのが良いでしょう。

また、顔の高い部分にハイライトを入れることもおすすめ。それによって顔に立体感がうまれ、よりバランスが良くなります。

コントロールカラーの使い方

塩顔女子は色白肌を活かした薄めのベースメイクがおすすめですが、その鍵は下地にあります。下地にコントロールカラーを使うことで、より透明感がアップすることでしょう。

透明感を上げるためにおすすめのコントロールカラーは、ブルー・グリーン・ラベンダーなどの寒色系。より一層清楚な印象を与えること間違いありません。ただ顔だけ白浮きしないよう、首やデコルテまで下地を塗り込むことをおすすめします。

ぴったりのファンデーション

塩顔女子におすすめのファンデーションは、ツヤがあり素肌感を演出できるもの。迷ったらリキッドタイプのファンデーションを選ぶと良いでしょう。

リキッドタイプのファンデーションなら、薄づきに仕上がるうえ、より素肌に近いナチュラルな肌になります。また、ファンデーションの乗せ方は目の下の三角ゾーンからスポンジで叩き込むように。これによって、より立体感のある崩れにくい肌に仕上がります。

ファンデーションは、顔の外側には乗せない方がおすすめ。中心部分にのみ乗せましょう。

塩顔女子に似合うアイメイク

塩顔女子は切れ長のすっきりした目元が特徴。一重や奥二重の人はアイメイクの仕方で迷う人も多くいますが、目元の特徴を活かせばクールで知的な目元に仕上がります。

二重のような派手な目元になりにくいと悩む塩顔女子もいますが、塩顔女子だからこそできるおすすめのアイメイクの方法を紹介します。

切れ長の目を活かしたアイメイクを

塩顔女子の特徴でもある、切れ長の目元を活かすには、横幅を意識したアイメイクにしましょう。選ぶアイシャドウの色味は派手なものではなく、控えめな色にします。ベージュやブラウンが特におすすめ。

塩顔女子はアイメイクの仕方で色気を出すことができます。目頭を細く、目尻を少し跳ね上げて描きましょう。控えめなアイラインにするのがポイントです。ただ、あまりにも控えめすぎるとインパクトに欠けてしまうので加減に注意しましょう。

「縦割りグラデーション」を取り入れる

クールな目元を強調するなら、「縦割りグラデーション」というテクニックを使いましょう。縦割りグラデはアイホール全体にハイライトカラーを乗せ、その上からチップや指を使い、目尻の3分の1程度の位置にダークカラーを乗せます。

さらに、まぶた中央から目尻部分にかけてミディアムカラーをブラシで乗せ、境目をぼかします。これが、目尻側にいくにつれて色味を濃くする「縦割りグラデーション」。下まぶたにも同じ手順で乗せましょう。

濃いカラーからのせていくことでぼかしやすくなり、失敗もしにくいのが特長で、一重や奥二重の人はアイシャドウを広めに乗せましょう。

「ヘイローアイズ」を取り入れる

塩顔女子におすすめなアイメイクのテクニックに、「ヘイローアイズ」というものがあります。これは目頭と目尻に濃いカラーを入れ、中央は明るくすることで立体感を出すというもの。

ヘイローアイズをつくるには、まずベースのハイライトカラーをアイホール全体に塗ります。そのうえで、小さめのブラシで目頭と目尻側へダークカラーを乗せていきます。

さらに、ミディアムカラーを目頭と目尻に重ね、最後はまぶた中央にハイライトカラーを。このとき、ツヤ感のあるものを選ぶと良いでしょう。最後に、ミディアムカラーで全体を軽くぼかすと完成です。

アイラインは横幅を強調

塩顔女子のアイメイクのポイントは、目元にしっかりアクセントを置くというところです。まつげの隙間をジェルライナーなどでしっかり埋めて、目力を強めます。ビューラーで根元からまつげをしっかり上げたあと、まつげの下から少しずつジェルライナーを点置きしていくようにしましょう。

さらに、リキッドアイライナーで自然なラインを描いていきます。このとき、目尻を延長するラインを意識しましょう。跳ね上げずに目尻の角度に沿って描くとナチュラルに仕上がります。アイライナーはダークブラウンを選ぶと目が大きく見えます。

涙袋とまつげを強調する

「目を少しでも大きく見せたい!」という人は、涙袋メイクを行ってみましょう。涙袋の下に影色用ライナーで線を引くと、目の縦幅を自然に強調することができるはず。さらに、ツヤ感のあるハイライトカラーを涙袋中央に乗せることで、よりぷっくり見えます。

さらに塩顔女子は、まつげを強調するのもおすすめ。マスカラはブラックを選んでみましょう。

アイライナーにダークブラウンを使っていれば、きつくなりすぎません。しっかりまつげを持ち上げ、マスカラ下地も活用しましょう。

眉は薄めに描く

塩顔女子が眉毛を描くときには、薄くナチュラルに描くことを意識しましょう。やや太眉の方が似合う顔立ちではありますが、あくまでも目立ちすぎないようにバランス重視で調整するのがポイント。ペンシルよりもパウダーで描くと、より自然に仕上がります。

また色味を明るく見せるため、眉マスカラで自眉の色をしっかり染めるのもおすすめ。明るくなると垢抜けて見えるでしょう。

塩顔女子に似合うポイントメイク

ベースメイクとアイメイクにこだわると、塩顔女子の魅力をより一層引き出すことができますが、さらにほかのポイントメイクにもこだわることで、より透明感が増します。

リップやチーク、ハイライトの色味や入れ方にこだわることで、塩顔女子の特色を最大限に引き出すことができるでしょう。普段とのイメージを変えたいときも、このポイントメイクが鍵を握ります。

リップは血色の良いものを

塩顔女子は向けメイクのポイントは、血色を良く見せること。リップも自然な血色感を出せる、ベージュや淡いピンクなどを選ぶと良いでしょう。

顔の薄さが気になるという人は、濃い色のリップを使ってメリハリをつけるのもおすすめ。その場合はアイメイクを薄めにするのが良いでしょう。

塩顔女子は目元に印象がありますが、あえてリップに重点を置くことでイメージを変えることができます。濃い色を乗せてもケバくなりにくく、おしゃれに決まります。

チークとハイライト

顔全体が薄くなりがちで、ともすれば平坦に見えてしまう塩顔女子。立体感を出すためには、ハイライトを取り入れるのがおすすめです。

乗せる場所は、目の脇のCゾーンや鼻先、おでこ、顎先、唇の山の上部分など。高く見せたい場所にハイライトを置くと、立体的に見える効果が得られます。

さらにメリハリをつけたいなら、チークにもこだわりましょう。ほんのり血色感の出る色味のチークをブラシで取って広めに乗せることで、好印象に。ベージュ系のチークがおすすめです。

塩顔女子ならではのメイクで魅力をアップさせよう

顔が薄くて悩んでいる…という塩顔女子は少なくありません。しかし、人気の芸能人に塩顔が多いことからも、メイクでそれぞれのパーツの良さを引き出すことで、美しさが映える顔立ちであることは間違いありません。

塩顔女子にしか出せない魅力を存分に発揮し、透明感あふれる美しい女性を目指しましょう。
TOP