忙しい日もお直しいらず?オフィスメイクで頼れるマスカラが知りたい!

忙しい日もお直しいらず?オフィスメイクで頼れるマスカラが知りたい!

メイク直しの時間が取れない時、気になるのはマスクで隠れていない目元のメイク。 特にマスカラは、にじんだり黒い繊維が落ちていないか、せっかくビューラーで作ったカールがキープできているかも気になりますよね。 オフィスメイクで頼れるのはどんなマスカラなのでしょう?
メイク直しの時間が取れない時、気になるのはマスクで隠れていない目元のメイク。

特にマスカラは、にじんだり黒い繊維が落ちていないか、せっかくビューラーで作ったカールがキープできているかも気になりますよね。

オフィスメイクで頼れるのはどんなマスカラなのでしょう?

パンダ目

マスカラがにじみ、いわゆるパンダ目になってしまう原因としてまつげと皮膚がこすれてしまうことが挙げられます。

触っていなくても、汗や皮脂と混ざってマスカラが落ちにじんでしまうことも。

目元の乾燥を防ぐ保湿クリームには油分が含まれているので、こちらもにじみの原因となってしまうのです!

油分を取り除く

落ちにくい、にじまないマスカラを買う前に、塗る前の準備段階で油分を取り除くことによってマスカラを落ちにくくすることができます。

化粧水と乳液をつけてケアをし、下地とファンデーションを塗ってアイメイクに入るわけですが、この時まぶたに油分がついているとマスカラがにじんでしまうので、ティッシュや綿棒でオフしましょう。

化粧直しでマスカラを塗り直す時も同様にあぶらとり紙などでまぶたの油分を取ってから!

基本を守ってにじみ防止

基本的なマスカラのつけ方を見直すことも、にじみを防ぐためには有効です。

まぶたのカーブは人によって違うので、ビューラーでまつ毛をしっかり上げるには目の形に合ったものを選ぶことが大切。

しっかりとカールさせることにより、まつげと皮膚の摩擦を減らすことができます。

塗るときは生え際から毛先にかけてジグザグに動かすと、マスカラ液がまつげによりつきやすくなります。
マスカラ下地やトップコートを使うことも大きな工夫に。

フィルムが最強

にじみに強いマスカラはフィルムタイプのもので、まつげの表面を覆ってコーティングすることでにじみに対抗することができます。

汗をかくときには一緒に皮脂が分泌されますが、フィルムコーティングすることで皮脂の油分にも耐えて、まつげ1本1本を美しいまま保ってくれます。

カールキープ力の点では他のマスカラに劣ると言われていますが、皮脂に強いマスカラとしてはウォータープルーフの他に皮脂プルーフタイプもあり、形状記憶ポリマーを配合した超優秀なマスカラも。

黒い繊維

朝はよかったのに、夕方になると黒い繊維が落ちてきてしまう……
そんなお悩みには繊維なしマスカラがおすすめ!

しかし、地まつげの悩みはさまざまですし、長さも出したいですよね。

進化した現代のマスカラは繊維なしで長さやボリューム、カールキープの願いも叶えてくれるんです!

繊維なしマスカラ

繊維入りのマスカラはまつげをより長く美しく見せてくれますし、塗りながらまつげがどんどん伸びていくようで面白いですよね。

しかし、時間がたつと黒い繊維だけ頬や顔に落ちてついてしまうという難点も。

繊維入りマスカラも優秀に進化していますが、物理的に繊維落ちを防ぎたいのであれば、繊維なしのマスカラを使った方が効率的ですよね。

繊維が目に入って眼病の元になることもあるので、衛生面でも繊維なしのマスカラを選ぶことは良さそうです。

まつげの悩みで選ぶ

これまで繊維入りのマスカラを使っていたのは、長さを出す目的があったことも理由のひとつでしょう。

目やまぶたの形、まつげの悩みは人それぞれなので、マスカラの選び方はなりたい目元によって異なっていきます。

ロングタイプは、ぱっちりした目元づくりに。ボリュームタイプはまつげが短い人におすすめです。

多種多様な商品がありますが、繊維なしのロングタイプにはワックスで長さを出すものもあり、これなら繊維が落ちてくる心配もありません。

ウォータープルーフ最強

繊維入りのマスカラで、長時間たっても繊維が落ちにくいマスカラもあります。

ウォータープルーフを特に強めた処方のマスカラ液でコーティングすることにより繊維も落ちません。

ただし、メイクを落とす時は専用のリムーバーを使う必要があります。

また、どうしても地まつげへの負担は大きいので、お仕事が終わったらしっかりマスカラを落とし、洗顔してから美容液などでマツイクすることも大切。

カールキープ力

ぱっちり二重の方ももちろんですが、奥二重や一重の方にとってマスカラのカールキープ力は重要ですよね。

まつげエクステやまつげパーマに負けないカールを作っても、それを一日キープすることができるマスカラはあるんでしょうか?

効率的にデカ目を目指す

ビューラーでまつげをカールさせると、それだけで目が大きく見えるという効果があります。

その他にはマスカラを塗った後にまつげをコームでセパレートしてダマをなくしたり、繊維入りのマスカラなどで長さを出したり、ボリュームを出すことによってより大きくぱっちりした目元を作ることができます。

ですが、奥二重や一重の方はマスカラ液の重みによってカールがより取れやすいので、少ない液量でカールキープをさせる優秀なマスカラを選ぶことが大切でしょう。

カールの敵も皮脂

マスカラ選びの前に、やはり大切なのはまつげの皮脂を落とすこと。

メイク前には綿棒でやさしくまつげをこすって落とします。

眉メイクに使うスクリューブラシでとかしてもOK。ビューラーやゴム部分が汚れている場合もあるので気を付けて。

まつげを上げた後は金属コームを使ってまつげの毛並みを整えると、マスカラ液のダマを避けてより美しいカールを保てます。

マスカラを塗った後、乾く前にコームでセパレートすることも大事。必要な量だけがまつげにつくようにします。

目移りする優秀マスカラ

カールキープ力の高いマスカラは3000円超えの高価なものもたくさんありますが、1000円台やそれ以下のプチプラで口コミが高評価なものも多いです。

ウォータープルーフタイプのものは水分に強くカールキープ力が強い傾向にあるので、プチプラのものから試してみても良いでしょう。

皮脂には弱いものがほとんどなので、なるべく油分を取り除く工夫を。

奥二重や一重の方はまぶたとまつげの接触範囲が広いので、隠れたまつげの分もしっかりカールさせてから塗りましょう。

自分に合ったマスカラを見つけよう

マスカラ派にとっても、まつげエクステやまつげパーマと併用している方にとっても、マスカラの機能性の高さはオフィスメイクでの重要なトピック。

自分に合った優秀マスカラを見つけて、快適なオフィスライフを送りましょう!
TOP