20代にふさわしいかわいいメイクは?20代後半はどうするべき?

20代にふさわしいかわいいメイクは?20代後半はどうするべき?

20代はさまざまなメイクに挑戦できるのですが、やりすぎるとちょっとイタタな人になってしまいます。 今回は20代でかわいいメイクをするにはどうすればいいのか、ポイントを紹介しましょう(n*´ω`*n) 学生から社会人になってメイクに悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてくださいね( *´艸`)

20代でかわいいメイクはセーフ?

20代前半であればかわいいメイクはセーフ、というかむしろ積極的に取り入れたい年代ですね!
学生の時のメイクと同じ人はさすがに変えていかないといけないですけどね(;^ω^)
こちらでは、20代で取り入れたいかわいいメイクについて見ていきましょう(`・ω・´)

透明感のあるメイク

透明感を取り入れることで、フレッシュさ、ピュアさなど若さゆえの可愛い部分が多く出てきます。
ツヤのある透けたような肌質、つい触れたくなるような肌をメイクで作りましょう。
透明感があるだけで、かわいさがアップするのでおすすめですよ(n*´ω`*n)

適度なナチュラル感

適度なナチュラル感も20代女子のかわいさをアップしてくれます(n*´ω`*n)
ただ、やりすぎてしまうと地味な雰囲気を出してしまうので気をつけましょう(;´・ω・)
20代であまりナチュラルすぎると、老けて見られることもあるようです(;^ω^)
落ち着いた雰囲気は出せますが、かわいいとはちょっと違うので注意してくださいね。

トレンドカラーを取り入れる

20代女子のかわいいメイクはトレンドカラーを取り入れるようにしましょう。
積極的にトレンドカラーを取り入れることで、若さならではの可愛さが追加されますよ!
トレンドカラーの中には派手な色合いのものもありますが、20代女子なら違和感なく使いこなせるのではないでしょうか( *´艸`)

20代女子が覚えておきたいかわいいメイクのポイント

こちらでは、20代女子が覚えておきたいかわいいメイクのポイントについて紹介します!
どんなポイントを覚えておけばかわいいメイクにつながるのかをチェックしていきましょう。

適度な抜け感

20代前半・後半は適度な抜け感で大人っぽさを出すことができます( *´艸`)
ヌーディなベージュ系や深みのあるブラウン、エレガントなゴールドなど取り入れていきましょう。
落ち着いた色合いを取り入れる、ヘアスタイルで抜け感を出すなどで大人へのステップアップにつながりますよ( *´艸`)
あまり抜け感を出しすぎるといけませんけど、ある程度までは問題ないと思われます♪

大人っぽさも意識しよう

20代後半になるとかわいいよりもキレイ系を目指すようにした方がいいですね( *´艸`)
先述したベージュ系やブラウンなどのカラーを取り入れて、若さを落ち着かせましょう。
大人っぽさを意識することで、アラサーのメイクにも自然と切り替えることができます。
大人っぽさは簡単に出せるものではないので、いろいろと学んでいくことをおすすめします。

厚塗りは控えよう

20代前半、後半共にファンデの厚塗りなどは控えた方がいいでしょう(;´・ω・)
厚塗りをするだけで若作りなどのイメージが出てしまうからです。
それだけではなく、厚塗りした部分だけが浮いてしまって違和感が出てしまいます(ノД`)・゜・。
厚塗りよりも薄塗りでナチュラルさを前面に出すようにしましょう(`・ω・´)

20代という若さを最大限に活かしたかわいいメイクを取り入れよう

20代前半は若さを、20代後半はアラサーを意識したメイク方法を取り入れてください。
特に20代後半の場合はアラサーになり、メイクスタイルも切り替えていく必要があります。
20代半ばから少しずつ切り替えていくことで、スムーズな年齢によるメイク移行ができるのです。
20代前半は多少冒険をしても若さゆえで考えられるので、積極的に気になるものを取り入れてみてもいいかもしれませんね!
TOP
無題ドキュメント