ベースメイクとは?眉毛で決まるって本当?好印象を与える眉毛とは!?

ベースメイクとは?眉毛で決まるって本当?好印象を与える眉毛とは!?

顔の印象を変えたい!と思ったことはありませんか?それなら、実は眉毛を変えることが近道なんです。 ポイントをしっかりおさえて、垢抜けた印象にしたい、大人っぽく見せたいなど、状況に合わせて眉毛メイクを変えてみてはいかがでしょうか?
顔の印象を変えたい!と思ったことはありませんか?それなら、実は眉毛を変えることが近道なんです。

ポイントをしっかりおさえて、垢抜けた印象にしたい、大人っぽく見せたいなど、状況に合わせて眉毛メイクを変えてみてはいかがでしょうか?

眉毛を上手に描くポイント

眉毛を描くのが苦手…という人もいるでしょう。そんな人も、ちょっとだけポイントをおさえると、途端に眉毛メイクが上達するかも。

ポイントは、メイクの最初に行うことと修正する余地を残すことなんです!

眉毛はメイクの最初に形を作る

眉毛は実は、顔全体のバランスをとるパーツでもあります。そのため、メイクをする順番としては、まず他のパーツよりも先に眉毛を描いておくことがおすすめ。最後に微調整して印象を決めましょう。

最初にアイブロウペンシルで眉毛の形を描き、あとからパウダーで仕上げるようにすると、修正もしやすくなりますよ♫

眉マスカラは使うべき?

眉マスカラは必ずしも使う必要はありませんが、トレンド感を出したい人はぜひ使ってみましょう。最初に使ってしまうと眉毛が固まってしまうため、ペンシルやパウダーを使った後の仕上げとして使います。

眉マスカラを使うことで、立体的で流れのある眉毛になり、持ちもよくなりますよ♫

基本の眉毛の描き方

実は眉毛の描き方は自己流!という人も多いかもしれません。しかし、眉毛は顔の印象を決める大事なパーツ。

まずはどんな眉毛にも通じる基本的な描き方をおさえ、その上で自分好みの眉毛にアレンジしていきましょう♫

土台を整える

眉毛を描く前に、眉毛の土台を整えましょう。よっぽど眉毛がない人以外は、眉毛にもクセがつくというもの。スクリューブラシを使って毛の流れを整えることで、その後のメイクがしやすくなります。

また、眉尻を最初に決めておくと眉毛を描きやすくなります。小鼻と目の端の延長線上にくる場所を眉尻の終わりとして、マークしておきましょう。

眉毛を描く

いざ、アイブロウペンシルで眉毛の輪郭を描いていきましょう!しっかり描くのは中間よりも眉頭寄りで止めておくと、その後に修正がしやすくなります。

次に輪郭の内側をパウダーで埋めていきます。眉頭をぼかすと、若々しい印象になりますよ。全体的にカッチリ描かない方が、若い印象を与えると共に修正もしやすいです。

仕上げる

最後に、クリアマスカラやスクリューブラシで流れを整えながら、立体感を出しましょう。カラーマスカラを使うと、また印象も変えられるはず。特に眉毛を髪の色に合わせたいときにおすすめです。

眉頭側は、スクリューブラシを立てて、縦にが毛並みを立てるようになでると、立体的な自然な眉毛になるでしょう。

眉毛で印象を変えたいなら

なんと眉毛ひとつで、印象は大人っぽくも幼くもできるんです。また、今流行りの顔立ちにしたいか、クラシカルなイメージにしたいかも決められます。

ぜひなりたいイメージを描きながら、眉毛の形を変えてみてくださいね♫

アーチか直線か

ナチュラルに決めたいなら、アーチ眉がおすすめ。ほどよく丸みを描くことによって、顔立ちも優しく見えます。太くするとよりナチュラルさが増しますよ。

逆に、クールで知的に見せたいなら、直線眉がおすすめ。大人っぽくみられたい人は取り入れてみましょう。直線眉には顔を引き締めてくれる効果もあるので、丸顔がコンプレックスの人にもぴったりです。

太眉か細眉か

最近のトレンドは太眉です。ナチュラルな印象を与える眉毛の形でもあります。野暮ったく見せないためには、髪色に合わせたカラーリングをすると良いでしょう。

逆に、シャープで洗練された顔にしたい人は、少し細めに眉毛を作ってみるのがおすすめ。古臭い印象やきつい印象を与えない細眉のポイントは、角度をつけすぎず、ほどよくぼかすことです。

眉毛を工夫してなりたい顔になろう!

眉毛は顔の印象を決める大事なパーツ。だからこそ、ナチュラルメイクであっても手を抜かず、しっかり作り込むのが良いでしょう。

ベースメイクと眉毛をしっかり整えるだけでも、相手に好印象を与えることもできちゃいます♫なりたいイメージに近づけるなら、まずは眉毛にこだわってみては?
TOP
無題ドキュメント