奥二重に似合うマツエクのデザイン♡決めるポイントと注意点について解説!

奥二重に似合うマツエクのデザイン♡決めるポイントと注意点について解説!

奥二重にはマツエクは似合わないと思っている人がいますが、そんなことはありません! 一重でも奥二重でも、可愛いくてメイクが楽になるマツエクをオーダーできるんですよ。 今回は、奥二重に似合うマツエクのデザインと注意点について解説します。 奥二重に似合うデザインのポイントを押さえておけば、失敗も無くなりますよ。
奥二重にはマツエクは似合わないと思っている人がいますが、そんなことはありません!
一重でも奥二重でも、可愛いくてメイクが楽になるマツエクをオーダーできるんですよ。
今回は、奥二重に似合うマツエクのデザインと注意点について解説します。
奥二重に似合うデザインのポイントを押さえておけば、失敗も無くなりますよ。

奥二重に似合うマツエクのデザインとは?

マツエクには、まぶたにデザインする本数・長さ・太さがあって好きに選びます。
デザインを決める際に、自分の奥二重の幅や目のかたちに似合うようにすればOK♡
ここでは、奥二重に似合うマツエクのデザインのポイントについて解説します。
選ぶポイントさえ押さえれば、自然に可愛いナチュラルアイになれますよ。

本数は120~140本

奥二重に似合うマツエクのデザインの1つ目のポイントは、つける本数です。
マツエクはつける本数でいくらというように、各サロンで価格帯が決まっています♪
奥二重に似合うマツエクの本数は、120本~140本程度が理想的な本数。
自分のまつげとマツエクを合わせて、隙間なく自然に綺麗に埋められる本数です。

長さは8~12mm

奥二重に似合うマツエクのデザインの2つ目のポイントは、選ぶ長さにあります。
マツエクの長さは主に6mm~15mmまであって、奥二重の場合は8~12mmがベストです!
マツエクは、一重か奥二重かによって部分的に長さを変えたりすると綺麗に見えます。
特に一重の人では、目尻に長めのマツエクをつけると不自然にならず映えた目元に♡

太さは0.1~0.15mm

奥二重に似合うマツエクのデザインの3つ目のポイントは、選ぶ太さにあります。
奥二重の場合は太さの細いマツエクを選ぶのがおすすめで、0.1mm~0.15mmがベスト。
マツエクの太さが細い方が、マツエク自体のカール感が軽やかで自然に上がるカールに。
強いカールを選ぶと不自然になるので、優しいカールのマツエクがおすすめです!

奥二重にマツエクをした際の注意点とは?

奥二重に関わらず、マツエクをつけた際にはお手入れで注意したい点があります。
注意点を意識するしないで、マツエクの持ちが変わる非常に重要なポイントです!
ここでは、奥二重にマツエクをした際の注意点について解説します。

油性製品の使用はNG

奥二重にマツエクをつけた際の注意点の1つ目は、油性のアイテムの使用は控えること。
マツエク自体が油分に弱い性質があるため、油性製品を使うと持ちが悪くなります。
例えば、最も良く聞くのが毎日使うクレンジングオイル…!
例えマツエクOKと記載があっても使用はやめておいた方が無難です!つけて直ぐに取れたなんて悲しいですよね。

ウォータープルーフの使用はNG

奥二重にマツエクをつけた際の注意点の2つ目は、ウォータープルーフ製品の使用です。
ウォータープルーフである時点で、通常製品に比べて強い成分が含まれています。
例えば、マツエクにウォータープルーフのマスカラをつける人がいますがNG!
かえってメイクが落ちにくく、こすることでマツエクの持ちが悪くなってしまいます。

奥二重に似合うマツエクのデザインをオーダーしよう!

奥二重にマツエクは合わないなんてことはなく、合うデザインをオーダーすればOKです♡
奥二重に似合うマツエクのデザインが分からない人は、スタッフに相談しても良いですね。
マツエクをつけた際には、油性やウォータープルーフは控えた方が持ちが良くなりますよ。
TOP