仕事にもおすすめ!最低限のメイクできちんと感を出す方法

仕事にもおすすめ!最低限のメイクできちんと感を出す方法

メイクが苦手という人もいるでしょう。 しかし社会人として仕事に行くときにはメイクをするのが常識でもあります。 メイクは必ずしも必要ではありませんが、女性の身だしなみとしても必要です。 しかし仕事には過度なメイクは必要ありません。 最低限のメイクで十分な場合が多いです。 最低限メイクには肌荒れをしにくいなどのメリットもあります。 最低限のメイクというのはどういったものでしょうか? メリットや方法を紹介します。
メイクが苦手という人もいるでしょう。

しかし社会人として仕事に行くときにはメイクをするのが常識でもあります。メイクは必ずしも必要ではありませんが、女性の身だしなみとしても必要です。

しかし仕事には過度なメイクは必要ありません。最低限のメイクで十分な場合が多いです。最低限メイクには肌荒れをしにくいなどのメリットもあります。最低限のメイクというのはどういったものでしょうか?

メリットや方法を紹介します。

最低限メイクのメリット


最低限のメイクというのは、ノーメイクよりきちんとした感じが出ます。メイクを最低限におさえることで厚化粧にもならず、ナチュラルメイクにも見えるでしょう。最低限のメイクのメリットを紹介します。

時短でメイクができる

メイクを最低限におさえることで、時短メイクができます。仕事に行く朝は時間がたっぷりある、という人は少ないでしょう。メイクに時間をかけなければ、ゆっくりと朝食を取ることも可能です。

また、メイクではなくスキンケアに時間をかけることもできます。メイクよりもスキンケアに時間をかけた方が肌荒れしにくくなるでしょう。

肌への負担が減る

メイク用品には肌への刺激となる成分が配合されています。メイクを最低限にすることで、肌に塗る量が減り肌への負担も軽減されます。

中には肌に刺激となる成分をできるだけ取り除いたものもありますが、すべてのメイク用品において、それを用意するのは簡単ではないでしょう。

メイクをすればクレンジングもしっかりしなければなりません。クレンジングをする際に肌に負担をかけることもあります。メイクが落としきれなければ、肌荒れの原因ともなるでしょう。

仕事向け最低限メイクのポイント


メイクを最低限にすることで、肌への負担も減らせるなどメリットはあるものの、仕事に行く際には手抜きと感じられないメイクをしていきたいものです。仕事に行く際の最低限メイクのポイントや方法を紹介しましょう。

ベースメイクはスキンケアとコンシーラー

ファンデーションは日焼け対策になるものの、肌への負担も少なくありません。いつもはリキッドファンデーションを塗りパウダーを塗り、といったメイクをしているなら、ファンデーションをやめてしまいましょう。

そうはいってもファンデーションを塗らないと手抜きメイクに見えてしまいます。そう見えないためにも、スキンケアをしっかりしてシミなど気になる部分はコンシーラーでカバー。

リキッドファンデーションを使わず、肌への負担が少ないパウダーファンデーションを軽く乗せるだけにしておきます。

眉毛だけ描く

眉毛が整っていると、メイク顔に見えることも多いです。普段から眉毛を整えておき、朝は眉毛メイクだけするのも方法の一つ。

ブラシで眉を整えてアイブロウで隙間を埋めます。伸びている眉毛はカットしておくのはよいのですが、あまりカットしすぎたり剃り過ぎたりしない方がよい場合も。

一から描くよりもアイブロウでサッと色を乗せるだけの方が、時間も手間もかかりません。毛抜きで縫いたりするのは肌への負担となるので、控えるようにしましょう。

アイラインだけ引く

メイクをしないと目がはれぼったいという場合や、目元ははっきり見せたい場合は、アイラインだけ引きましょう。

アイライナーを使うのは苦手、という場合は目尻だけ引く方が簡単です。もしくはアイペンシルがおすすめ。

アイランだけでは物足りないなら、単色のアイシャドウをアイホールに塗り、アイラインを入れましょう。

色付きリップを使う

唇に色がついているだけでも、メイクをしている顔になります。シンプルに色つきリップを使うのもよいですが、リップブラシやリップライナーで形を取り、口紅を塗るとよりきちんとした感じが出ます。

時には最低限メイクで肌を守ろう


最低限のメイクは時短でメイクができ、肌への負担も少ないなどメリットがあります。仕事に行く際には眉毛メイクだけ、アイラインを引くだけ、といったポイントメイクをすれば、きちんと感が出て手抜きメイクに見えないでしょう。

いつもしっかりメイクをしている人は、時には最低限メイクをして肌への負担を減らすのもよいでしょう。

TOP
無題ドキュメント