イエベ肌さん必見!この冬にぴったりのメイクをご紹介します

イエベ肌さん必見!この冬にぴったりのメイクをご紹介します

イエベ肌タイプのメイクはやさしくあたたかみのある仕上がりにしやすいのが特徴です。 そんなイエベ肌タイプの人は、冬メイクがとても楽しめる肌タイプといえます。 この冬のトレンドを取り入れつつ基本を外さない、イエベ肌向けのメイクについて解説します。
イエベ肌タイプのメイクはやさしくあたたかみのある仕上がりにしやすいのが特徴です。そんなイエベ肌タイプの人は、冬メイクがとても楽しめる肌タイプといえます。

この冬のトレンドを取り入れつつ基本を外さない、イエベ肌向けのメイクについて解説します。

イエベ肌の冬メイク・ベースメイク編


イエベ肌タイプのベースメイクで注意すべきなのは「白浮き」と「黄グマ」です。ベースメイクのカラーを上手に選べば、健康的で明るい仕上がりにするこができます。ベースメイクの色選びについて説明していきます。

イエベ肌にぴったりのベースカラーはコレ

イエベ肌タイプに合うベースカラーはオークルやベージュ系のカラーになります。もともと黄みが強いタイプなので、少し黄み寄りのカラーを選ぶと、明るい色を選んだ時にも白浮きしにくく、肌に馴染みます。

日本人の標準的な肌色の中から、自分の肌のトーンに合わせて選ぶとよいでしょう。

イエベ肌が避けるべきベースカラー

ファンデーションや下地に選ぶと合わないカラーは、ブルー系とグリーン系です。ブルー系・グリーン系は地肌の黄みとぶつかってしまい、ちぐはぐな印象になってしまいがちです。とくにグリーン系は、赤みや黄みを消す力が強いので、顔全体に使うと青白く浮いた印象になってしまいます。

グリーン系は肌タイプを選ばず部分使いが基本です。ニキビ跡や赤みの色ムラなど、ピンポイントで補正するのにつかうとよいでしょう。

また、オレンジとは相性のいいイエベ肌タイプですが、下地にオレンジを使うとかえって青グマやシミ・ソバカスが目立ってしまうこともあります。

イエベ肌の冬メイク・ポイントメイク編


ベースがきれいに仕上がったら、次はポイントメイクです。ポイントメイクにも相性のいい色・悪い色、逆にポイントメイクになら使える色もあります。部分ごとに解説していきます。

イエベ肌の冬メイク1.アイメイク

冬にオススメのアイメイクはブラウン、テラコッタ、オレンジ系などです。いずれも黄み・オレンジみが入っているためイエベ肌に馴染みがよく、あたたかみのある仕上がりにしてくれます。テラコッタなどは落ち着いているのに可愛らしさもあるカラーなのでおすすめです。

また、カーキなどくすんだグリーン系も相性抜群です。アイラインにもブラウン系のほか、ボルドーなどを入れると華やかな仕上がりになります。

イエベ肌の冬メイク2.リップカラー

ブラウンカラーのリップなど、シックで落ち着いたおしゃれなカラーが似合うのもイエベ肌タイプの特徴です。マットに仕上げるとよりおしゃれな冬メイクに仕上がります。

もちろん、アイメイクでご紹介したボルドーなども相性ぴったりです。ただし、同じ赤系でも青みの強いレッドは浮いてしまいがちなので避けるようにしましょう。ボルドーのほか、オレンジ寄りの赤(朱色)などもよく似合います。

イエベ肌の冬メイク2.チークカラー

オレンジ系のチークカラーが間違いなく似合うのがイエベ肌タイプです。そのほか、血色感のある赤も可愛らしく仕上がって相性がいいです。ピンク系を選ぶなら、青みピンクは避け、ピーチのような少し黄みの入ったピンクを選びましょう。

イエベ肌タイプの冬メイクはあったかカラーで決まり


イエベ肌タイプは基本的に、暖色系のカラーがよく似合う肌タイプです。その中でもオレンジからカーキ、ボルドーとバリエーションはさまざま選べるのがこのタイプです。アイテムを何パターンか揃えておき、シーンによってメイクを変えてみるのもいいのではないでしょうか。

ベーシックなところを押さえつつ今っぽさを取り入れて、冬メイクを存分に楽しみましょう。

TOP