マスクををしているときのメイクでマスカラが崩れる!対象方法を紹介!

マスクををしているときのメイクでマスカラが崩れる!対象方法を紹介!

せっかくメイクをしても一日中マスクをつけているとどうしても汗などで化粧崩れを起こしやすいもの。 特にマスカラが落ちてしまうことで目の周りが黒くなってしまうといったことが起きてしまいます。 これを解消するためには汗などに強いタイプのものを使う必要があります。 今回はマスクメイク時のマスカラに関する悩みや解決方法について見ていきましょう。
せっかくメイクをしても一日中マスクをつけているとどうしても汗などで化粧崩れを起こしやすいもの。

特にマスカラが落ちてしまうことで目の周りが黒くなってしまうといったことが起きてしまいます。
これを解消するためには汗などに強いタイプのものを使う必要があります。

今回はマスクメイク時のマスカラに関する悩みや解決方法について見ていきましょう。

マスカラの悩みを解決するポイント


マスカラに関する悩みを持つ人は比較的共通した悩みが多いです。

こちらでは、マスカラの悩みを解決するためのポイントについて見ていきましょう。
マスカラの悩みを持っている人は参考にしてみてください。

ボリューム

まつげの量に悩みを持っている人は、ボリュームアップのためにマスカラを使用します。

繊維がたっぷり含まれている下地などでまつげがバサバサになることを防ぎましょう。
ボリューム重視のマスカラは重ねてつけることで、よりボリュームアップさせることができます。

ただ、繊維が多すぎるとダマになってしまうこともあるので注意してください。

カールのキープ力

まつげの量だけではなくカールに注目する人も多いです。
そんな時は速乾性のマスカラを使いましょう。
からっとすぐに乾くものであればまつげのカールをしっかりキープしてくれます。

カラー

マスカラの下地などにはカラーが豊富なものも多いです。

ホワイトやブラウンなど、さまざまなカラーがあり、それぞれにメリットがあります。
例えばホワイトの場合は塗り残し防止になり、ブラックの場合はボリュームアップ効果が期待できるのです。

それぞれのカラーにメリットがあるので、どのようなメリットがあるのかを見極めながら活用しましょう。

マスクメイク時のマスカラの付け方


マスクメイクの時は落ちないようにしっかりとマスカラをつけないといけません。
マスカラが落ちてしまうと、パンダ目になってしまったりなど悲惨なものになってしまうからです。

こちらではマスカラをつける際の注意点について見ていきましょう。

カールをしっかり作る

カールをしっかり作ることで、マスカラが簡単に落ちてしまうことを防ぐことができます。
逆にカールをしっかり作っていないと、些細なことで落ちてしまうのでメイク自体に悪影響が出るのです。

マスカラの中にはカールのキープ力を誇るものが多いので、そういったものも活用していきましょう。

ウォータープルーフを使う

汗などで落ちることを心配する人はウォータープルーフを使いましょう。

ウォータープルーフタイプのマスカラであれば、汗や雨など些細なことで落ちることはありません。
夏場などメイク崩れを予防したい時などは、ウォータープルーフタイプのマスカラを検討してください。

ただ、ウォータープルーフタイプは簡単に落ちないものもあるのでメイクオフをする際にまつげまで一緒に取れてしまうほど強力なものもあります。

下地を使うこと

マスカラを付ける前に下地をつけておきましょう。
下地を使うことでしっかりとマスカラのキープ力やカール力を維持することができます。

下地にはさまざまなカラーがあるので、塗り残し予防、ボリュームアップなど自分の目的に合わせて使うようにしましょう。

あえて異なるカラーを使うことで目元のアクセントになることもあります。

マスクメイクでは持続性が強いマスカラを選ぼう!


マスクメイクの際のマスカラはなるべく持続性が高いものを選びましょう。
マスクをしていることでメイク崩れを起こしやすいからです。

持続性が強いマスカラを使うことでメイク崩れが起こっても最小限の被害で済みます。
夏場など汗をかきやすい時は特に持続性が強いもの、もしくはウォータープルーフタイプのマスカラを積極的に活用するようにしてください。

TOP