劇的に変わる!マスク美人になるためのメイクのコツを紹介します!

劇的に変わる!マスク美人になるためのメイクのコツを紹介します!

もはや毎日の必需品となったマスク。 新しい生活様式によって、私たちのライフスタイルはがらりと変わりました。 メイクもマスクをしないときのものとは変わります。 マスク美人になるためにメイク方法を見直しましょう。
もはや毎日の必需品となったマスク。
新しい生活様式によって、私たちのライフスタイルはがらりと変わりました。

メイクもマスクをしないときのものとは変わります。
マスク美人になるためにメイク方法を見直しましょう。

マスクでいつものマスクはNG?


マスクの時と、そうでない時メイクは変えているでしょうか?
メイクを変えていないという人はもしかしたらメイク不美人になっているかもしれません。
やってはいけないマスクメイクを紹介します。

いつものファンデはマスクだとよれることも…

カバー力があるファンデーションを愛用している人はちょっと待ってください。
マスクは肌に接触するため、厚塗りのメイクはよれやすくなります。

マスクの時はおでこが目立つようになるため、いつものファンデものっぺり見えてしまうかもしれません。
マスクの時は、コントロールカラーでトーンアップしたり、コンシーラーで気になる部分だけ隠してファンデは最小限にしましょう。

顔色が悪く見えるメイク

マスクの時は口元の表情やチークが隠れてしまいます。
そのため寒色系のアイシャドウや下がり眉は元気がない印象になってしまうかもしれません。
マスクで顔の色みが少なくなるので、ポイントにピンクやオレンジをプラスして血色を良くしましょう。

濃いアイラインとマスカラ

真っ黒な濃いアイラインとマスカラは目力は出るものの、肌なじみは良くありません。
厚化粧になって顔が重い印象になることもあります。

普段黒のアイライナーを使っている人も、マスクの時はブラウンやカーキを使ってナチュラルに仕上げましょう。
マスカラもボリュームよりも長さ重視にして、横顔美人を目指してみましょう。

これで完璧マスクメイクのコツ


マスクメイクは慣れてしまえば普段のメイクよりも薄付きで肌への負担も少なくなります。
マスクメイクのコツを紹介します。

スキンケアは丁寧に

厚塗りがNGのマスクメイクは事前のスキンケアが重要です。
厚塗りにしないためにも、化粧水をたっぷりと使って乳液で保湿しましょう。

べたつくとベースメイクが浮いてしまうので、少し時間をおいてからメイクをスタートしてください。
マスクメイクだからこそ、スキンケアを入念に行うことを意識しましょう。

ファンデーションは薄付きでもハイライトは必須

マスクの時はベースメイクはUVケアのほか、コンシーラーなどで整えるようにおこないます。
ファンデーションはあまり塗りすぎず、最小限にとどめましょう。

マスクメイクで肌を美しく見せるコツがハイライト。
眉間や目頭周辺、眉下にハイライトを入れると健康的なツヤ肌になります。

暖色系のアイシャドウで柔らかく

マスクメイクは顔の半分がマスクでおおわれるため、顔色が悪く見えてしまうことがあります。
マスクでも柔らかい雰囲気にするには暖色系のアイシャドウをふんわりのせます。

血色が悪いという人はピンク系、色素沈着でして暗くなっている人はオレンジ系をアイホールの使うと顔全体が明るく見せられます。
目元を立体的に見せるなら、目元にラメをプラスしてみましょう。

眉メイクはいつもより薄め

マスクメイクのときに、眉をくっきり濃く描いてしまうと厚化粧に見えてしまいます。
口元が隠れて目元の方しか見えないため、眉がとても目立ってしまうのです。

眉メイクは、いつもよりふんわり柔らかく仕上げましょう。
髪色より少し明るめの眉マスカラをつけると、垢ぬけた印象になります。

メイクのコツをつかんでマスク美人を目指そう!


マスクメイクは手をかけるポイントが限定されるため、コツをつかめば簡単です。
ポイントを押さえるだけでマスクメイクの印象は大きく変わります。
マスクをしていてもいつもと変わらないメイクをしているという人も、メイクを変えてマスク美人を目指しましょう。

TOP