マスクメイクの注意点や崩れにくいやり方について

マスクメイクの注意点や崩れにくいやり方について

マスクが当たり前になってメイク崩れなどに悩まされている女性も多いでしょう。 マスクをつけていると汗や皮脂などで、簡単にメイク崩れを起こしてしまいます。 今回はマスクメイクの注意点や崩れにくいやり方について紹介していきましょう。
マスクが当たり前になってメイク崩れなどに悩まされている女性も多いでしょう。
マスクをつけていると汗や皮脂などで、簡単にメイク崩れを起こしてしまいます。

今回はマスクメイクの注意点や崩れにくいやり方について紹介していきましょう。

マスクメイクの注意点について


マスクメイクの注意点と言ってもいくつもあります。
注意点の方向性が異なるので、それぞれで対策をしないといけません。

こちらでは、どんな注意点があるのかを見ていきましょう。

メイク落ちに注意する

マスクをつけていると体温が上昇することもあり、汗をかきやすくなります。
特にマスクに覆われている口の周りや鼻に汗をかいてしまう場合が多いでしょう。

そのため、マスクをつけていない時と比較するとメイク崩れを起こしやすいのです。
普段と同じ感覚で考えていると、予想以上のメイク崩れの速さに驚くことになるでしょう。

肌荒れに注意する

マスクをしていると湿気がこもりやすく、汗や皮脂が分泌されて雑菌が繁殖しやすくなります。
そのため、肌が弱い人じゃなくても肌荒れを起こしやすい状況となっています。

肌が弱い人はスキンケアやUVケアをしっかりしていないと、すぐにニキビなどが出来てしまうでしょう。

日焼けに注意する

マスクを着用する時に忘れてはいけないもの、それが日焼け止めです。
夏場だけではなく、秋、冬であっても日焼けはします。

油断したらマスクの形に日焼けをしてしまい、別の意味でマスクが手放せなくなるので注意しましょう。
普段、あまり日焼け止めを使用しない人は塗り忘れに注意してください。

塗り忘れをすると、その部分だけ日焼けしてしまいマスクの形以上に恥ずかしいことになってしまいます。

崩れにくいマスクメイクのやり方とは?


崩れにくいマスクメイクと言っても、どんなことに注意すればいいのか分からない人も多いです。

こちらでは、おすすめされているやり方について見ていきましょう。
しっかりとポイントを抑えて、後悔のないマスクメイクをしてください。

下地が重要

マスクメイクで欠かせないもの、それが化粧下地です。
化粧下地を使うことで、肌の凹凸をなめらかにしてくれるだけではなくメイク崩れの可能性を軽減してくれる効果も期待されています。

普段からメイクが崩れやすい人は、化粧下地にこだわってメイクをするようにしましょう。
化粧下地を使えば肌表面がさらさらになるので、その後のメイクのノリもよくなるのでおすすめです。

パウダーで崩れにくさをアップ

ベースメイクの仕上げとしてパウダーを使うと、更にメイク崩れを抑える効果が期待できます。

ただ、パウダーと言ってもどれでもいいわけではありません。
肌にしっかり浸透してくれるかどうかなどを見極めなければいけないのです。

仕上がりがつやっぽくなるのか、マットになるのか、どちらを求めているかでも選ぶパウダーは変わってくるでしょう。

明るめのメイクを心掛ける

マスクメイクでこだわりたいこと、それは明るいメイクを心掛けるということです。

マスクを着用していることで表情が分かりにくくなっています。
そのため、意図せず不愛想な人に見られてしまうこともあるのです。

メイクの雰囲気を明るめにすることで、暗そうな雰囲気を抑えることができるので、なるべく明るい雰囲気に仕上げるようにしてください。

マスクメイクだからこそやり方にこだわろう!


マスク前提のメイクで悩んでいる女性は多くいます。

マスクありきの生活を強いられることもこれまではなかったので、新しい方法を模索しているのでしょうがなかなか上手くいかないことも多いです。

そんな時は、今回紹介したポイントを参考にしてみてください。
紹介したポイントはどれもマスクメイクには欠かせないものばかりなので覚えておいて損はありません。

TOP