タスマガジン|副業を頑張る人のお金の情報マガジン

エッセンシャルオイルとアロマオイルの違いは?成分と用途についても解説

エッセンシャルオイルとアロマオイルの違いは?成分と用途についても解説

アロマといえば、エッセンシャルオイルやアロマオイルを想像すると思います。どちらもアロマを楽しむ観点は同じですが、成分や用途は全くの別物なんです!

2種類のオイルの違いを知らずに使用すると、トラブルに見舞われることも。今回は、エッセンシャルオイルとアロマオイルの違いについて詳しく解説します。

アロマといえば、エッセンシャルオイルやアロマオイルを想像すると思います。どちらもアロマを楽しむ観点は同じですが、成分や用途は全くの別物なんです!

2種類のオイルの違いを知らずに使用すると、トラブルに見舞われることも。今回は、エッセンシャルオイルとアロマオイルの違いについて詳しく解説します。

エッセンシャルオイルとアロマオイルの違いは?

エッセンシャルオイルとアロマオイルは、一見見た目も似ていて同じに見えますよね。エッセンシャルオイルとアロマオイルは全くの別物で、それぞれを使用する前に違いを認識しておかないと、肌荒れやトラブルが起きる危険性があるんです。ここでは、エッセンシャルオイルとアロマオイルの基本的な違いを説明します。

エッセンシャルオイルは100%天然もの

お店でアロマコーナーを見ると、「精油」という文字を見かけたことはありませんか?この精油はエッセンシャルオイルのことを指していて、エッセンシャルオイルとは英語に置き換えられた言葉なので、精油とエッセンシャルオイルは同じものと覚えておきましょう。

エッセンシャルオイルは自然のなかで育つ植物の、根、茎、葉、花、実、種子、果皮、樹脂、樹皮などから抽出していて、化学物質は一切入っていないので100%天然由来です♡

アロマオイルは人工的な原料が加えられたもの

アロマオイルも、エッセンシャルオイルと同様にアロマコーナーに並べられていますよね。アロマオイルは実はベースはエッセンシャルオイルで、そこへ人工的な原料が人の手によって加えられているため純度100%の認識ではないんです。

アロマオイルは別名ポプリオイルやフレグランスオイルなどとも呼ばれていて、香料が加えてあるので香りが強く、エッセンシャルオイルに比べ自然ではなく人工的なのが特徴です。

エッセンシャルオイルは価格が高価

エッセンシャルオイルは、自然のなかで育つ植物の各部位からエキスを抽出しています。手間暇と時間はかかりますが、純度100%の植物エキスのため不純物のなさも安心です。抽出する植物によって価格は異なるものの、天然エキスのため高価な価格帯です。

どれだけ貴重な材料で、どのくらいの量の素材を使うかで価格は変動し異なります。なじみのあるラベンダーも、実際は150kgで1kgしか抽出できないため非常に貴重です。

アロマオイルは価格が比較的安価

アロマオイルはエッセンシャルオイルに比べると、比較的価格が安価な傾向があります。アロマオイルは天然100%のエキスではないため、香料も自然ではなく人工的で低価格。

化学合成されていて、エッセンシャルオイルのような自然の薬効成分は期待できません。エッセンシャルオイルがベースであるものの、ほか成分の液体量の方が多いのも理由です。

エッセンシャルオイルは遮光瓶に入っている

エッセンシャルオイルは、全て茶色をした遮光瓶に入れて販売されています。エッセンシャルオイルは外からの光を遮って、品質の変化から守る必要があります。なかのエキスに光が当たると劣化のスピードが早まるため、重要なポイントです!

遮光瓶にはほかにも色があって、茶色以外にも青や緑の遮光瓶もあります。どれも光を遮る遮光瓶ですが、光の透過率が異なり青や緑では遮光性が悪いです。さまざまな検査のもと、茶色の瓶が1番光を通さず紫外線をカットするのだそう。

アロマオイルは遮光瓶でない可能性も

エッセンシャルオイルの茶色の遮光瓶を踏まえると、茶色以外の青や緑の液体はアロマオイルということになります。まれに茶色に似たような茶褐色の瓶などに入っていることもありますが、ほぼアロマオイルですので迷った際は品名の表記を見るようにしましょう。

アロマオイルは天然100%ではなく、もともと人工的な原料を含んだエキスです。そのため完璧な遮光性がなくても品質を一定期間保てるため、茶色の遮光瓶ではないです。

エッセンシャルオイルとアロマオイルの成分の違いは?

エッセンシャルオイルとアロマオイルは、純度の違いから成分も異なります。このそれぞれの成分の違いを理解したうえで、選んで使うことが非常に大切です。アロマはからだに良いという認識から、どれも安全だと思い込むのは危険ですよ。ここでは、エッセンシャルオイルとアロマオイルの成分の違いを詳しく説明します。

エッセンシャルオイルは天然植物から抽出した液体

エッセンシャルオイルはそれぞれの違いの際にも、天然100%の植物エキスであるとお話ししたと思います♡私たちが暮らす自然のなかで育っている植物成分なので安心ですよね。

漢方もそうですが自然の植物は、いわば地球の恵みと同じで人間の肌にナチュラルです。化学合成や添加物は不使用で、自然の薬効などを含み自然治癒にも適した液体です。

アロマオイルは人工香料やアルコールが含まれている液体

アロマオイルは自然な香りではなく、香りづけするための人工香料を含ませています。そのほかにもアルコールやエタノールなど、エッセンシャルオイルに極力近づけて似せるための原料を、人の手で1つ1つ配合している液体でフレグランスオイルなんて表記も。

エッセンシャルオイルと見た目が似ているため間違って購入してしまう人もいますが、エッセンシャルオイルは天然100%の表記ができるのに対して、アロマオイルは「商品名」としてしか表記ができないので注意して見て選ぶようにしてくださいね。

エッセンシャルオイルの用途は?

エッセンシャルオイルの用途は幅広く、天然100%であることから肌へも塗布できます。薄めたりそのまま使ったりと香りの強弱もつけられて、自分の好みでアレンジ可能です。敏感肌の人も使いやすく、それぞれの植物が持つ薬効を取り入れたケアもおすすめ♡ここでは、エッセンシャルオイルの用途についてお話ししていきます。

オイルトリートメント

エッセンシャルオイルで1番知られているのは、全身のオイルトリートメントです。顔、からだ、髪などの全身へ使えて、伸びが良く香りのリラックス効果も期待できます。

ベースのオイルは、オリーブ、ホホバ、アーモンド、アルガンなどの種類があって、1種類でもいいですが、それぞれをブレンドしたオリジナルを作ることもおすすめです。ベースオイル10mlに対して例えば鎮静作用のあるラベンダーを1滴などして、全身をマッサージしながらオイルトリートメントができます。

芳香浴

芳香浴はアロマを楽しむ方法として人気ですよね♡アロマディフューザーに数滴垂らして、ほのかに漂う香りを嗅いでリラックスすることがおすすめです。垂らす量を変えるだけで香りの強弱がつけられて、使うオイルの植物の種類を変えると効果も変わりますよ。

ハンカチやティッシュに含ませて置いても自然に香ってくれますし、ストーンやひのきボールやチップに垂らして玄関などの気になる場所で香らせることもできます☆

アロマバス

1日の疲れを癒してくれるお風呂場で、アロマバスができるのはエッセンシャルオイルだけです♪3~5滴ほどをお風呂の湯船に垂らすだけなので、簡単にできるのも嬉しいですね。

無香料のバスソルトと一緒に使えば発汗作用もあって、デトックス効果も期待できます。市販で塩を購入してオリジナルのアロマバスソルトをつくることもできますよ。

手作り化粧品

エッセンシャルオイルは天然100%エキスなので、お肌にも優しくて化粧品にも使えます♡市販や通販で茶色の遮光瓶なども揃えることができるので、オリジナル化粧品が作れます。

最近は低刺激性の化粧品が人気で、敏感肌やアトピー肌の人の手作り化粧品が人気です。化粧品、乳液、美容液、石けんなどさまざまな種類が作れるのでおすすめですよ。ただし、エッセンシャルオイルは保存料などを含んでいないため早く使いきりましょう。

アロマオイルの用途は?

アロマオイルは香りを楽しむための用途が多く、香りに持続性があります。さまざまな場所でアロマを楽しむことができて、疲労回復や集中力にもおすすめです。アロマオイルは人工的な原料を含んでいるため、肌への塗布は控えてください。ここでは、アロマオイルの用途についてお話ししていきます。

ポプリなどの香りづけ

アロマオイルは、ポプリやドライフラワーなどの香りづけにおすすめです♡ポプリを瓶に入れて数滴アロマオイルを垂らして、時々フタを開けるとふんわり優しく香ってくれます。ドライフラワーに垂らして部屋へ飾ると、全体に香って芳香剤にも。

お部屋や玄関やトイレなどさまざまな場所で使うことができて、気分で香りを変えることはもちろんポプリの種類も季節で変えると見た目も楽しくすることができますよ。

ハンカチやストーンに含ませた芳香剤

アロマオイルはエッセンシャルオイルと同様に、ハンカチに含ませて香りが楽しめます。花粉の季節などは、ミントの精油を垂らしてハンカチを持ち歩けば鼻づまり改善にも。元気のない日は柑橘系の香りにすると、香りを嗅ぐだけでリフレッシュもできます。

自宅の玄関やトイレやお部屋にストーンを置けば、常にほのかに香る芳香剤になります♪職場のデスクにもおすすめで疲れた気分を癒してくれて、休憩中の気分転換にもおすすめ。

アロマディフューザーによる芳香浴

アロマオイルはエッセンシャルオイルのように、アロマディフューザーで使えます☆ただアロマディフューザーのメーカーによっては、アロマオイル禁止なんて記載がある場合もあるのでエッセンシャルオイルのみなのか、アロマオイルOKなのか確認しましょう。

アロマディフューザーは各お部屋に置くことができて、職場のデスクで使えるのも良いですよね♪自分だけでなく周りの気分に合わせて、使うアロマオイルを変更するのも楽しい♡日によってお花、草花、柑橘、薬草といったように選んで使えるので飽きもきませんよ。

エッセンシャルオイルとアロマオイルの違いをしっかり認識して覚えましょう

エッセンシャルオイルとアロマオイルの違いについて解説しました。

エッセンシャルオイルは100%自然由来のエキスで、アロマオイルはエッセンシャルオイルがベースですが、そこへアルコールや人工香料などを含ませたものです。エッセンシャルオイルは不純物を含まないため、お肌へ塗布する使い方もできる一方、アロマオイルは人工原料を使用しているため、肌への塗布は避けた方がいい注意点があります。

香りを楽しむことに関してはどちらも同じなので、それぞれの注意点に気をつけながら選んで使うようにしましょう♪購入の際は専門知識のあるアロマ専門店がおすすめですよ。

TOP