タスマガジン|副業を頑張る人のお金の情報マガジン

コロナ禍でもおしゃれを楽しめる日焼け防止マスクの作り方を紹介!

コロナ禍でもおしゃれを楽しめる日焼け防止マスクの作り方を紹介!

コロナ禍になってから生活必需品になったマスクですが、せっかく着用するなら日差しを避けられる機能が欲しい!と思ったことはありませんか?特に晴れた日は肌への負担を感じやすく、シミや日焼けなどの影響を受けやすいのが気になりますよね。そこで今回は、紫外線対策ができるマスクの自作方法を紹介します♪

コロナ禍になってから生活必需品になったマスクですが、せっかく着用するなら日差しを避けられる機能が欲しい!と思ったことはありませんか?特に晴れた日は肌への負担を感じやすく、シミや日焼けなどの影響を受けやすいのが気になりますよね。そこで今回は、紫外線対策ができるマスクの自作方法を紹介します♪

日焼け防止には生地選びが重要

マスクを作る際のポイントなのが、どんな生地を使うかです!生地によって性質が全く異なりますが、上手に選ぶことで紫外線防止効果を高めることができます。日焼け対策を効率的に行うためにも、どんな布を使えば良いのかをおさえておきましょう♪

紫外線カットしやすい素材や色を選ぶ

アウトドアでは、レジャー紫外線というUV-Bを浴びることで日焼けが起こってしまいます。これを防ぐためには、UV-Bをカットする働きがある布を選ぶことが大切です。特にポリエステルの場合は、なんとこのUV-Bを90%以上カットできるので、日焼け対策に適しています。

また、紫外線は物質の色が濃いほど通りにくくなるという性質を持っています。そのため、薄い色よりも濃い色の布を選べば、UVカット効果がアップできるのです♪中でも黒い色は紫外線が通りにくく、しかも肌を色白に見せてくれます。美意識が高い女性は、できる限りダークトーンの布を選びましょう!

UVカットができる布で日焼け効果アップ

最近はインターネットで、UVカット機能が付いている布が販売されています。布そのものに紫外線を通さない物質が使用されていると、何度洗濯をしても紫外線防止効果が下がることはありません。さらに、できる限り濃い色をチョイスすれば、日焼けを効率よく防ぐことができるのです!

肌の表面の温度が上がらないよう、ひんやりした生地を使うのも良いでしょう。夏用でも涼しいキルト素材なら、紫外線だけではなく熱中症対策にもおすすめです。暑苦しい見た目になってしまいがちなマスクだからこそ、着用感の良い布を使いませんか?

洗剤やスプレーでも紫外線対策が可能!

布に使える紫外線対策スプレーを活用するのもおすすめです。外出先で何度でもスプレーし直せるので、まるで日焼け止めのような感覚で使うことができます。最近ではフローラルなアロマが楽しめるスプレーがあり、薬効感のある香りが苦手な人も使いやすいでしょう。

さらに画期的なのが、洗濯をするだけでUVカット効果を付けることができる洗剤です。いつも使っている洗剤と置き換えるだけなので、面倒な作業が一切必要ありません!しかも洗濯を繰り返すほど、効果がアップしていきます。最近ではドラッグストアでも販売されており、どこの家庭でも簡単に取り入れられる方法です。

日焼け防止マスクの作り方

どの布を使うのかが決まったら、いよいよマスク作りに入ります!比較的シンプルな工程なので、不器用な人も楽しく作れるでしょう。この機会にハンドメイドを楽しんでみてください。

マスクの作り方

まずは、鼻から顎にかけてすっぽりと覆える布を、同じサイズで二枚用意しましょう。サイズが違いすぎると、縫い合わせた際に綺麗な仕上がりにならないので注意してください。

まず二枚の布を表が中になるように合わせて上と下を縫います。筒状になった布をひっくり返して形を整え、アイロンをかけましょう。この時に表布と裏布の見える比率を変えると切り替えしのあるマスクになります。

そのあとは端の部分を縫い合わせていきます。マスクのゴムが通る部分は、切りっぱなしの部分が表にこないよう2回折ってミシンをかけるのがポイントです。

ここまで出来上がったら、最後にゴムを通して完成です♪

自分好みにアレンジする方法は?

オリジナリティをアップさせたいなら、柄物の布を使いましょう。手芸屋さんの布は、花柄や水玉などのバリエーションが豊かなのでおすすめです。数枚作っておけば、コーディネートや気分に合わせて着用できちゃいます!

また、ネックカバーをマスクにつけるのもおすすめです。顎に当たる部分に、首がすっぽり覆えるサイズの布を縫うだけで、簡単に着けることができます!顔だけではなく、首元の紫外線対策も行いたいという場合にぴったりでしょう。

ミシンがお家にない場合は?

マスク作りをしてみたいけれど、お家にミシンが無いからと諦める必要はありません!ミシンが無い場合は、手縫いでも問題なく作れます。100均に売っている裁縫キットを使うだけで、手作りに挑戦できるでしょう♪

縫い物が苦手な場合や、ハンドメイドに挑戦する時間が無いときは、布用の糊を使ってみてください。接着剤のような感覚で使えるので、技術力は一切必要ありません。糊を使えば時短になり、たくさんの種類のマスクを作れちゃいます!自分の分だけではなく、家族や友達にプレゼントするのもおすすめです。

個性的なマスクで差を付けよう!

これまでのマスクはシンプルなデザインが一般的でしたが、最近はおしゃれアイテムとして欠かせないものになっています。せっかく紫外線対策をするなら、可愛いマスクを着けて気分をアップさせませんか。この機会にハンドメイドにチャレンジしてみてください♪

TOP