タスマガジン|副業を頑張る人のお金の情報マガジン

マスクに日焼けを防ぐ効果はある?マスク生活の正しい日焼け対策!

マスクに日焼けを防ぐ効果はある?マスク生活の正しい日焼け対策!

マスク生活が当たり前になりつつある昨今、夏場の紫外線対策は大丈夫ですか?マスクを着用しているからといって油断していると、とんでもないことになってしまいます。今回は、日焼けを防げないマスク、防げるマスク、そして効果的な着用方法についてご紹介していきます。

マスク生活が当たり前になりつつある昨今、夏場の紫外線対策は大丈夫ですか?マスクを着用しているからといって油断していると、とんでもないことになってしまいます。今回は、日焼けを防げないマスク、防げるマスク、そして効果的な着用方法についてご紹介していきます。

基本的にマスクで紫外線は防げない

一般的に販売されている不織布マスクにはUVカット機能がありません。一般的に販売されているUVカット機能がついているマスクは、確かに見た目は普通のマスクによく似ていますが、実は使われている素材が全く違います!UVマスクの要領で使用しないように注意しましょう。

不織布マスクは部分的に日焼けしてしまう…

一般的に販売されている不織布マスクは、花粉や風邪のウィルス、ホコリなどから守るために作られています。マスクは顔全体を覆っているので、日焼けも防いでくれそうに見えますが、紫外線はあらゆる角度から肌を攻撃してきます。

UVマスクは紫外線を反射させ、肌に届かないような繊維を使用していますが、普通のマスクはそういった機能はありませんので、紫外線が反射して肌に届いてしまうのです。

紫外線対策のために日焼け止めを正しく塗る

UVカット機能のついていない普通のマスクを着用するのなら、日焼け止めを正しく塗るのが大切です。マスクを着用しているからといって塗らないと、部分的な日焼け、将来的にはシミの原因になってしまうので気を付けましょう。

まず肌のバリア機能がしっかり整っている必要がありますので、洗顔後の保湿ケアはしっかりしておきます。日焼け止めは2度塗りをして、塗りムラがないように充分塗布しましょう。塗った日焼け止めはハンドプレスでしっかり密着させ、肌に定着させれば、マスクを着用していてもおちにくくなります。

夏はどうしても汗をかいてしまいますので、日焼け止めも小まめに塗りなおすようにしましょう。メーカーなどによっても異なってきますが、目安は2時間に1度程度です。

マスク着用時の日焼け止めを選ぶポイント

マスク着用時の日焼け止めは、できるだけウォータープルーフで低刺激なものがおすすめです。マスクのなかは汗をかくので高温多湿状態…こんな状態では直ぐに日焼け止めは流れ落ちてしまいます。

汗につよく、低刺激ならその後の肌荒れも防ぐことが可能ですので、日焼け止めを選ぶ時はマスクの内部環境にあわせることを意識して選ぶようにしましょう。

日焼け止め効果のあるマスクも存在している!

通常のマスクは確かに日焼け止め効果はありませんが、近年ではUVカットマスクと呼ばれる、しっかりと日焼け止め効果のあるマスクも販売されています。こうした効果のあるマスクは、通常のマスクと似ている見た目をしていても、しっかり日焼け止め効果があるのですっごく便利です。

UVカットマスクは素材もさまざま!

UVカットマスクは素材もさまざまで、普通の不織布マスクとほとんど見た目が変わらないもの、耳の後ろまでしっかりカバーできるもの、さまざまなカラーがあるものとが存在します。お仕事などで着用する場合は、普通のマスクと同じ見た目のものを使用すると良いですね。

ちょっとしたお出かけなら、カラーバリエーションが豊かなものを選んだり、普通の洋服とあわせてもカワイイものをチョイスできます。UVカットマスクはいろいろなタイプがあり、使われている素材も豊富ですので、自分が着用しやすいものを選ぶようにしましょう。速乾性、通気性といった機能面も注目です!

だからといって日焼け止めが要らないわけではないから注意

しかし、日焼け止め機能のあるUVカットマスクだって顔全体は覆えません…当たり前ですがそうした部分もしっかりカバーするために日焼け止めクリームは必須です。UVカット機能のあるマスクだから大丈夫!と油断していると、マスクで隠れていない部分が焼けてしまって大変な見た目になってしまいます。

また、日焼け止めはこまめにつけなおしをしないと充分な効果が得られませんんで、2時間おきに塗りなおすように心掛けます。UVカットだから大丈夫!と油断していると、将来的に痛い目に遭います。

帽子や日傘を追加してしっかりガード

年々夏場の日差しは強くなっています。日焼けどめやUVカットのされたマスクを着用したとしても、日差しが差し込んできてしまいます。そうしたときはUVカットの帽子や、UVカットの日傘を一緒に活用するとGOODです!

一番問題なのはUVカット機能がついているから大丈夫!と普段の日焼け対策が疎かになってしまうもの…せっかく日焼け対策ができるマスクを着用するのなら、それを活かしつつ日焼け対策をしましょう。

UVカット機能があるマスクでも、しっかり日焼け止めを塗ろう

普通のマスクもUVカット機能があるマスクも、日焼け止めクリームをしっかり塗る必要があります。マスクである程度防げたとしても、マスクでおおわれていない部分は紫外線が直撃していることをわすれてはいけません。

正しい日焼け対策をして、UVカットマスクも上手く活用するようにしましょう。

TOP